山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(外科学1)

教授

市川 大輔

イチカワ ダイスケ
Ichikawa Daisuke

競争的資金等の研究課題

  1. 胃癌に対する効率的郭清範囲の縮小による機能温存手術の意義についての検討 奨学寄附金 2018/04/01-2019/03/31
  2. 新規治療とバイオマーカー確立に向けた胃癌周囲間質に特異的miRNAの網羅的解析 科学研究費補助金 2017/04/01-2020/03/31
  3. 血球細胞由来exosomeによる癌進展機序の解明と新たな診断・治療法の開発 科学研究費補助金 2017/04/01-2020/03/31
  4. 消化管浮遊癌細胞の存在と各種吻合法に与える影響ならびにその予防法に関する検討 奨学寄附金 ジョンソンアンドジョンソン株式会社 2017/04/01-2019/03/31
  5. 消化器癌手術の向上についての検討 奨学寄附金 コヴィディエンジャパン株式会社 2017/04/01-2018/03/31

著書

  1. 腹壁・腸間膜・大網腫瘍切除(後腹膜腫瘍は除く) 河口賀彦,赤池英憲,市川大輔 メジカルビュー社 2018/11/01
  2. 疾患別 診断と治療 癒着性イレウス 腹腔鏡下手術を中心に 河口賀彦,安留道也,赤池英憲,平山和義,中田祐紀,白石謙介,渡邉光章,細村直弘,雨宮秀武,川井田博充,須藤 誠,河野 寛,市川大輔 臨床外科 2018/07
  3. 術後の消化管蠕動能の温存を重視した腹腔鏡下噴門側切除後の食道残胃吻合 河口賀彦,赤池英憲,若菜弘幸,平山和義,中田祐紀,白石謙介,渡邉光章,細村直弘,雨宮秀武,川井田博充,須藤 誠,河野 寛,井上慎吾,市川大輔 臨床外科 2018/04
  4. 優しい外科治療 市川大輔 2018/03

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Prognostic Significance of Lymph Node Dissection Along the Upper-third-stomach in Patients With Lower-third Gastric Cancer. Saito R, Kawaguchi Y, Akaike H, Shiraishi K, Maruyama S, Shimizu H, Furuya S, Hosomura N, Amemiya H, Kawaida H, Sudo M, Inoue S, Kono H, Ichikawa D. Anticancer Research 39/ 3, 1485-1489 2019/03 0250-7005 10.21873/anticanres.13266.
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 High miR-3687 Expression Affects Migratory and Invasive Ability of Oesophageal Carcinoma. Hagio K, Furuya S, Nakamura J, Maruyama S, Shiraishi K, Shimizu H, Akaike H, Hosomura N, Kawaguchi Y, Amemiya H, Kawaida H, Sudo M, Inoue S, Kono H, Ichikawa D. Anticancer Res. 39/ 2, 557-565 2019/02 0250-7005 10.21873/anticanres.13148.
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Use of a Reinforced Triple-row Stapler Following Distal Pancreatectomy Reduces the Incidence of Postoperative Pancreatic Fistula in Patients With a High BMI. Kawaida H, Kono H, Amemiya H, Hosomura N, Saito R, Takahashi K, Yamamoto A, Watanabe M, Furuya S, Shimizu H, Akaike H, Kawaguchi Y, Sudo M, Matusda M, Itakura J, Fujii H, Ichikawa D. Anticancer Res. 39/ 2, 1013-1018 2019/02 0250-7005 10.21873/anticanres.13207.
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Inhibition of apoptosis by miR‑122‑5p in α‑fetoprotein‑producing gastric cancer. Maruyama S, Furuya S, Shiraishi K, Shimizu H, Saito R, Akaike H, Hosomura N, Kawaguchi Y, Amemiya H, Kawaida H, Sudo M, Inoue S, Kono H, Ichikawa D. Oncol Rep 2019/02/20 1021-335X 10.3892/or.2019.7023
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Low levels of tumour suppressor miR-655 in plasma contribute to lymphatic progression and poor outcomes in oesophageal squamous cell carcinoma. Kiuchi J, Komatsu S, Imamura T, Nishibeppu K, Shoda K, Arita T, Kosuga T, Konishi H, Shiozaki A, Okamoto K, Fujiwara H, Ichikawa D, Otsuji E. Mol Cancer. 18/ 1, 2 2019/01/04 1476-4598 10.1186/s12943-018-0929-3

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 乳癌術後の生存率の検討 第45回山梨総合医学会 2019/03/24
  2. 口頭発表(一般) 肝細胞癌における腹腔鏡下肝部分切除術の検討 第45回山梨総合医学会 2019/03/24
  3. 口頭発表(一般) 当科における進行下部直腸癌に対する術前化学放射線治療の治療成績 第45回山梨総合医学会 2019/03/24
  4. 口頭発表(一般) 当院におけるロボット支援下胃切除術の検討 第45回山梨総合医学会 2019/03/24
  5. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 消化管穿孔性腹膜炎における持続的血液濾過透析症例におけるトロンボモジュリンの有用性について 第55回日本腹部救急医学会総会 2019/03/07

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2017/04/01-2018/03/30 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 分担 がんの特性を制御するマイクロRNAの探索と核酸抗がん薬に最適なDDSの開発 研究全般の実施と総括

実技実績、臨床実績

  1. 臨床実績 消化器癌手術 2017/04/01-2018/03/30 消化器癌手術に関する実技教育と鏡視下手術・ロボット手術の実施

指導実績

  1. 研究生指導の実績(大学院) 2017 5 消化器癌に関する研究
  2. 附属病院研修医指導の実績 2017 2 消化器外科の実臨床 10

その他の学部学生指導

  1. 2017 200

修士・博士論文審査

  1. 2017 主査 1

社会貢献活動

  1. 人物紹介 2018/03/01
  2. 優しい外科治療 2018/03/01
  3. 優しい外科治療 2018/03/01
  4. 食道癌 2017/08/05

学外委員

  1. 日本消化器外科学会 消化器外科専門医テキスト制作委員会 2018/04/01
  2. 日本消化器外科学会 専門医制度委員会委員 2018/04/01
  3. 日本胃癌学会 非選挙代議員選出委員会委員 2018/04/01
  4. 日本癌治療学会 定款委員会委員 2017/10/01
  5. 日本消化器外科学会 雑誌編集委員 2017/10/01-2018/03/31

病院における診療活動・医療支援等

  1. 高度先進医療 縦隔鏡下食道切除術 2018/01/09-2018/01/09 代表 チーム
  2. 高度先進医療 ロボット手術 2017/10/17-2018/03/31 代表 チーム
  3. 県外医療施設での診療指導 ロボット手術指導 2017/08/25-2017/08/25 代表
  4. 手術 消化器外科手術 2017/04/01-2018/03/31 代表
  5. 外来 外科外来 2017/04/01-2018/03/31 代表