山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(泌尿器科学)

臨床助教

深澤 瑞也

フカサワ ミズヤ
Fukasawa Mizuya

経歴

  1. 山梨大学助手(泌尿器科学講座) 2002/10/01
  2. 山梨大学講師(医学部附属病院) 2005/09/01
  3. 山梨大学講師(泌尿器科学講座) 2005/10/01
  4. 山梨大学特任准教授(泌尿器科学講座) 2013/07/01

学歴

  1. 1988/03/28
  2. 山梨大学 2002/03/22

学位

  1. 博士(医学) 山梨大学 2002/03/22

研究分野

  1. 泌尿器科学 腎不全医療 内シャント血管内治療 腹膜透析 泌尿器腫瘍外科(腹腔鏡下小切開手術等)
  2. 泌尿器科学 血液透析患者における内シャント閉塞、狭窄の起序

研究キーワード

  1. 腎不全外科 透析療法 尿路悪性腫瘍手術

研究テーマ

  1. 内シャント閉塞の原因に関して血管内皮細胞障害あるいは血液凝固異常を引き 起こすような遺伝子の関与を遺伝子工学の技術を用いて検討する。  透析患者の血液からDNAを抽出し各種遺伝子点変異との関連を研究した。可能 性のある遺伝子点変異を検索したところ深部静脈閉塞症、血管内皮障害、脳梗塞、 心筋梗塞等に関連するホモシステインの血中濃度を規定するMethlentetrahydrofolate Reductase (MTHFR)の点変異C677Tがその閉塞に大きく関与していることがわかっ た。つまりTアレルが多いほど内シャント閉塞の経験症例数及び発生回数が多い ことが確認できた。MTHFR C677Tの変異があると血中ホモチステインが上昇し血管内皮 障害等を介して内シャントの閉塞を引き起こす可能性があることが示唆された。 またホモシステインはビタミンB、葉酸投与により低下することが証明されてお り、今後TT変異の症例に対するビタミン補充による閉塞予防のトライアルが企画 されている。

著書

  1. 腹膜透析アクセスの作製と管理 深澤瑞也 東京医学社 2018/07/15
  2. 第2章 オンラインHDFとは 1HDFの利点 2HDFの問題点 深澤瑞也 第2章  メディカ出版 2017/07/05 978-4-8404-6178-8
  3. 慢性腎臓病基礎知識 腎不全患者の病態と治療 バスキュラーアクセス(VA) 深澤 瑞也 - 医学書院 2016/06/01
  4. バスキュラーアクセス 再狭窄病変への挑戦~核酸医薬~ 深澤 瑞也 - 医薬ジャーナル社 2016/01/01
  5. Q127 腹膜透析カテーテル留置術について教えてください 深澤 瑞也 - 南江堂 2016/01/01

論文

  1. 単著 特集◆最新のバスキュラーアクセスの進歩とその合併症 【4.合併症とその対策】   仮性静脈瘤 深澤瑞也 腎と透析 東京医学社 84/ 1, 111-113 2018/01/25
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 PD+HD併用療法、病態と代謝異常 体液管理が不良である患者に対し導入期にPD+HD併用療法を行った2症例 山岸 敬、深澤瑞也、志村寛史、青木 正、大竹裕子、神家満学、三井貴彦、座光寺秀典、武田正之 腎と透析 Vol.83別冊 腹膜透析2017 東京医学社 83/ 別冊, 270-271 2017/11/10
  3. PD-HD併用療法 深澤 瑞也,山岸 敬,神家満 学 日本血液浄化技術学会雑誌 24/ 2, 215-217 2016/12/01
  4. Practice of peritoneal dialysis access education using the new hybrid simulator in Japan Mizuya Fukasawa The Journal of Vascular Access 16/ Suppl.10, 5-8 2015/11/01
  5. 一般社団法人日本透析医学会 専門研修トレーニング問題解説集 第二版 深澤 瑞也 問題作成者、編集者 2015/08/01

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) バスキュラーアクセス合併症の現状と対策 第56回日本人工臓器学会大会 2018/11/02
  2. 口頭発表(一般) NSTに活かそう各種疾患2:CKD 「CKD患者におけるサルコペニア・フレイルの現状と対策~特に透析患者について~」 第6回日本静脈経腸栄養学会関東甲信越支部学術集会 2018/10/28
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 「PDOPPSから見る光り輝く成果と課題」 PDカテーテル挿入術 第24回日本腹膜透析医学会学術集会・総会 2018/10/07
  4. 口頭発表(一般) (口演:透析液清浄化3) 東亜ディーケーケー社製ルミニッツ-ETの精度評価 日本透析医学会学術集会・総会 2018/07/01
  5. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) (学会・委員会企画11) 地方における腹膜透析の推進 日本透析医学会学術集会・総会 2018/07/01

受賞

  1. 平成15年度山梨医学会 若手研究者表彰奨学金 2004/02/27 The MTHFR C677T mutation would serve an important role in AV fistula obstruction in HD patients.

担当授業科目

  1. 慢性腎不全の治療(透析療法、腎移植)

その他の教育実績

  1. 2018 日本泌尿器科学会東部総会 卒後教育プログラム 腎不全・腎移植 バスキュラーアクセスの管理と手術
  2. 2018 CAPD認定指導看護師認定講習会 第三章  腹膜透析カテーテル挿入術
  3. 2018 第11回血液浄化関連指定講習会講師

教科書・教材

  1. 専門臨床工学技士テキスト血液浄化編<第8版>19.バスキュラーアクセスの管理とエコー下穿刺 2018/08/23 認定血液浄化臨床工学技士 取得のための講習会 峰島三千男、山下芳久ら計20名 公益社団法人 日本臨床工学技士会 血液浄化検定委員会 東京イデアフォース 東京 346 325 333

所属学協会

  1. SMAP研究会
  2. 腎不全外科研究会
  3. 日本透析医会
  4. 日本排尿機能学会
  5. 日本透析医学会

学外委員

  1. 日本透析医学会 学術委員会 ISO対策小委員会 副委員長 2018/08/24-2020/06/30
  2. 日本透析医学会 学術専門部小委員会 副委員長 2018/08/24-2020/06/30
  3. 日本透析医学会 保険委員会 副委員長 2018/08/24-2020/06/30
  4. 一般社団法人日本透析医学会 評議員、理事 2018/06/28-2020/06/30
  5. 一般社団法人 日本透析医学会 頻回・長時間HDにおける機能・効率・安全性の検討WG 2017/03/01-2020/06/30