山梨大学
役員
理事

顔写真
理事

武田 正之

タケダ マサユキ
Takeda Masayuki

経歴

  1. 新潟大学医学部附属病院 助手(泌尿器科) 1987/08/01-1987/10/31
  2. 新潟大学医学部附属病院  講師(泌尿器科) 1987/11/01-1991/03/31
  3. 新潟大学医学部  助教授(泌尿器科学講座) 1991/04/01-1999/05/31
  4. 山梨医科大学 教授(泌尿器科学) 1999/06/01-2002/09/30
  5. 山梨大学 医学部 教授(泌尿器科学講座) 2002/10/01-2003/03/31
  6. 山梨大学大学院医学工学総合研究部 教授 2003/04/01
  7. 山梨大学 医学科長、附属病院副病院長、山梨大学評議会 評議員 2009/04/01-2013/03/31
  8. 山梨大学 医学部長 2013/04/01-2017/03/31
  9. 山梨大学 理事(医療担当)、副学長、医学部附属病院長 2017/04/01

学歴

  1. 新潟大学

学位

  1. 医学博士 新潟大学 1987/03/31

教育・研究活動状況

腹腔鏡下副腎摘出術を世界で最初に成功した。腹腔鏡手術を中心とした低侵襲外科治療の進歩に貢献した。
前立腺組織における一酸化窒素の役割を解明し、排尿障害に対する新規治療法の開発に貢献した。
膀胱平滑筋における交感神経系β3受容体の分布と機能を解明し、蓄尿障害に対する新規治療法の開発に貢献した。

研究分野

  1. 泌尿器科学 泌尿器科学一般、下部尿路機能障害、性機能障害、内視鏡外科学、小児泌尿器科学
  2. 泌尿器科学 神経泌尿器科学、腹腔鏡下手術、小児泌尿器科学

研究キーワード

  1. 排尿障害、尿失禁、排尿機能、前立腺肥大症、前立腺癌、下部尿路、体腔鏡下手術
  2. 下部尿路機能障害、前立腺肥大症、過活動膀胱、泌尿器科体腔鏡下手術、尿路性器先天異常、男性性機能障害。

研究テーマ

  1. 下部尿路機能障害の診断と治療、下部尿路機能障害の発生メカニズム、 下部尿路の神経伝達機構の研究、尿路性器疾患に対する低侵襲治療法の開発

競争的資金等の研究課題

  1. 複雑系ネットワークと動的恒常性破綻による下部尿路機能障害発症機序の研究 科学研究費補助金 基盤研究B 2015/04/01-2018/03/31

著書

  1. 44 排尿障害治療薬 三井貴彦、武田正之 排尿障害治療薬 メディカルレビュー社 2018/01/20 978-4-7792-1978-8
  2. Committee 2 CELL BIOLOGY - Members: Masayuki Takeda Chair: C. Fry, Members: R.Chess-Williams, H. Hashitani, A. Kanai, K. McCloskey, Masayuki Takeda, B. Bahabi, Consultants: Lori Birder, Collaborators: Rita Jabr, Masahiko Mitsui Committee 2 ICS 2017/12/01 978-0-9569607-3-3
  3. 過活動膀胱ガイドライン・ナビ 武田正之、三井貴彦、吉良聡、澤田智史、中込宙史、井原達矢、宮本達也 メディカ出版 2017/11/05 978-4-80-6137-5
  4. ガイドライン作成委員 武田正之 作成委員(委員長)井川靖彦 (委員) 柿崎秀宏、木元康介、後藤百万、関戸哲利、武田正之、中井秀郎、浪間孝重、野口満、三井貴彦、百瀬均、山崎雄一郎、山西友典、横山修 リッチヒルメディカル 2017/10/01 978-4-903849-39-3
  5. 16-26 神経因性膀胱 三井貴彦、武田正之 日本医事新報社 2017/07/28 978-4-7849-4650-1

論文

  1. 共著 《高齢者における下部尿路機能障害のケア》⑥尿道留置カテーテル離脱への手順 三井貴彦、武田正之 内科系総合雑誌 Modern Physician 12 特集:スペシャリストに学ぶ高齢者排尿ケア 振興医学出版社 37/ 12, 1303-1305 2017/12/01
  2. 共著 下部尿路症状(LUTS)の病態の理解と治療方針は? 三井貴彦、武田正之 月刊 薬事 じほう 59/ 15, 69-75 2017/11/01 0016-5980
  3. 編集主幹:武田正之 武田 正之 LUTS PIAZZA メディカルレビュー社 4/ 2, 1-16 2017/09/12
  4. 共著 文献選定/日本語版監修:武田正之 武田 正之,小川 修,永井 敦 FramingHam on urology 1, 1-22 2017/09/01
  5. 共著 特集 前立腺肥大症に対する手術―古くて新しい泌尿器科の標準治療〈経尿道的前立腺切除術〉TURP 三井貴彦、井原達矢、武田正之 臨床泌尿器科 医学書院 71/ 8, 574-579 2017/07/20

研究発表

  1. 口頭発表(一般) ブラッドボリューム計とクリットラインモニタの相関性 第2回日本透析機能評価研究会 2018/02/04
  2. 口頭発表(一般) バイブリッド排尿障害モデル動物を用いた研究-完全脊損マウスにおける代謝型グルタミン酸受容体GroupⅠ経路遮断は排尿筋外尿道括約筋協調不全を増悪する 第9回排尿障害モデル動物研究会 2017/12/01
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) Impact of Botulium Toxin on Pediatric Neurogenic Bladder The 40th Annual Scientific Meeting of Indonesian Urological Association 2017 2017/11/10
  4. ポスター発表 性機能を温存できた持続勃起症の一例 日本性機能学会第28回学術総会 2017/09/22
  5. 口頭発表(一般) 前立腺全摘術後の性機能障害に関する実態調査 日本性機能学会第28回学術総会 2017/09/22

知的財産権

  1. 記録および出力機能付きデータ入力機 意願2006-24142 2006/09/08 第1301275

所属学協会

  1. International Continence Society
  2. International Society of Urology
  3. American Urological Association
  4. 泌尿器科紀要 編集委員会委員
  5. 日本Endourology & ESWL学会 評議員・教育委員

学外委員

  1. 厚生労働省 薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品第1部会委員 2015/04/01