山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
教育学系(身体文化教育講座)

顔写真
教授

中村 和彦

ナカムラ カズヒコ
Nakamura Kazuhiko

経歴

  1. 筑波大学準研究員(体育センター) 1986/05/01
  2. 山梨大学助手(教育学部) 1989/04/01
  3. 山梨大学講師(教育学部) 1991/04/01
  4. 山梨大学助教授(教育学部) 1993/04/01
  5. 山梨大学助教授(教育人間科学部) 1999/04/01
  6. 山梨大学准教授(教育人間科学部) 2007/04/01
  7. 山梨大学教授(教育人間科学部) 2011/04/01
  8. 教育人間科学部長・大学院教育学研究科長 2015/04/01
  9. 教育学部長・大学院教育学研究科長 2016/04/01

学歴

  1. 山梨大学 1982/03/31
  2. 山梨大学 1984/03/31
  3. 筑波大学 1986/03/31

学位

  1. 教育学士 山梨大学 1982/03/31
  2. 体育学修士 筑波大学 1986/03/31

研究分野

  1. 身体教育学 Growth & Development Health Education Motor Development
  2. 学校保健学 学校保健学
  3. 発達バイオメカニクス 発達バイオメカニクス
  4. 発育発達学 発育発達学 健康教育学 健康科学
  5. 老人保健学 老人保健学
  6. 保健科教育学 保健科教育学
  7. 小児保健学 小児保健学
  8. 健康教育学 健康教育学

研究キーワード

  1. 発育発達
  2. 健康教育学
  3. 動作発達
  4. 幼少年期
  5. 高齢者

研究テーマ

  1. 高齢者を対象とした健康運動プログラムの開発
  2. 子どものスポーツの諸問題とその改善に関する研究
  3. 幼少児のための運動プログラムの開発
  4. 思春期のメンタルヘルスに関する研究
  5. 生涯にわたる身体運動能力および運動動作の変容
  6. 子どもの心身の発育発達
  7. 子どものライフスタイルと遊びの変遷

競争的資金等の研究課題

  1. 「ただみ健やか発育・発達支援事業」効果検証 共同研究 2018/03/01-2018/03/31
  2. 平成29年度新体力テスト・健康実態調査研究 受託研究 山梨県教育委員会 2017/09/01-2018/03/31
  3. 幼少期における身体機能向上のための運動遊びプログラムの開発及び開発したプログラムの実践スキルの習得についての研究 共同研究 美津濃株式会社 2017/07/01-2018/03/31
  4. 「ただみ健やか発育・発達支援事業」における効果の検証に関する研究 共同研究 2017/02/01-2017/03/31
  5. 幼少児における身体機能向上のための運動遊びプログラムの開発及び開発したプログラムの実践スキルについての共同研究 共同研究 2016/10/01-2017/03/31

著書

  1. ふくしまっ子児童期運動指針 福島県教育委員会 2018/03/01
  2. 平成29年度スポーツ庁「全国体力・運動能力等調査報告書」 1-208 スポーツ庁 2018/02/01
  3. みんなの保健 5・6年 3-14 学研教育みらい 2018/01/15
  4. みんなのほけん 3・4年 17-32 学研教育みらい 2018/01/15
  5. みんなの体育 6年 2-13 学研教育みらい 2018/01/15

論文

  1. 乳幼児期の運動能力と運動遊び 保育の友 2018/02/01
  2. 共著 東日本大震災から3年後の福島県中通り地方における幼児の身体活動量 こども環境学研究 13/ 3, 47-52 2017/12/01
  3. 幼児期に習得させたい基本的な動きと運動遊びの重要性 月刊母子保健 2017/11/01
  4. 単著 幼少年期における運動遊びの重要性 -健やかな子どもをはぐくむために- 健康づくり 471, 12-15 2017/07/01
  5. 低線量放射線環境下にある幼少児の体力・運動能力向上のための取り組みに関する縦断的研究(4) 笹川スポーツ研究 第5, 234-244 2017/04/10

研究発表

  1. ポスター発表 幼児教育施設及び保育施設における体を動かす活動の実態 日本発育発達学会第16回大会 2018/03/10
  2. ポスター発表 福島県内の屋内遊び場における物理的・人的環境に関する実態調査 日本発育発達学会第16回大会 2018/03/10
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) トップアスリートを見抜くための発育発達の知見 日本発育発達学会第16回大会 2018/03/10
  4. 口頭発表(一般) 東日本大震災後に低体力であった児童の5年後 -体力が向上した児童の特徴- 日本学校保健学会第64回学術大会 2017/11/03
  5. 口頭発表(一般) 震災後の福島県郡山市における小中学生の体力・運動能力調査 日本小児科学会学術集会 2017/04/14

上記以外の発表の総数

  1. 2006 14 9 5
  2. 2005 16 7 9
  3. 2004 13 6 7
  4. 2003 12 7 5
  5. 2002 14 7 7

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2006/04/17 南アルプス市保育研究会 その他 保護者と子どもの「ふれあい」をkeywordとし、ふれあいあそびの監修、ふれあいの重要性について研究する
  2. 2005/04/01 うごけん 代表 子どもの体力低下を危惧している学生、教員、出版社、マスコミ、他大学の研究者で組織し、体の動き36を中心に、普及しやすい体の動きプログラムの開発や、教材開発に向けての試みを研究 研究会の開催及び参加 この会で考えられた内容の一部をNHK「からだであそぼ」の参考とした
  3. 2004/04/01 子どもの未来研究会 代表 子どもの体力向上に向けての理念や、動きのプログラム開発、社会展開の手段等を研究 参加メンバーは民間スポーツクラブ、他大学の研究者で構成されている 会の開催 研究会の進行を行っている
  4. 2003/10/01 Sports Angel 代表 子どもの動きに着目した、新しい運動プログラムの開発と動作分析、理念のコンサルティング 民間スポーツクラブ (株)ルネサンスにて新しい運動プログラムを展開し、マスコミ関係からの取材、研究結果の公表を行った。

教育実績

  1. 学部FD委員会との企画と内容の打合せ、学生・絵生との懇談会・情報交換会、FDでの発表・情報提供 2015/04/01
  2. 全学入試本部副本部長、学部・大学院・特別専攻科入試での本部長 2015/04/01
  3. 大学院入試説明会、他大学学生・県内教員への勧誘など 2015/04/01
  4. 入試説明会・教育フォーラムでの勧誘、県内・県外の高校での勧誘 2015/04/01
  5. 山梨大学教育人間科学部説明会 2007/08/11 分科会でのスポーツ健康科学コースの説明

その他の教育実績

  1. 2017 入試改革、入試の説明など
  2. 2017 研究室ゼミの開催
  3. 2017 教員採用試験に関する情報の提供、試験対策講座等の紹介
  4. 2017 担当する多くの講義・演習に、1枚ポートフォリオ(OPP)を導入
  5. 2016 担当する多くの講義・演習に、1枚ポートフォリオ(OPP)を導入

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2017 7
  2. 修士学位論文指導 2017 2
  3. 修士学位論文指導 2016 4
  4. 学部卒業論文指導 2016 9

その他の学部学生指導

  1. 2017 60 120 12 60
  2. 2016 60 120 12 60

外部発表指導の実績

  1. 2017 6 60 6 120
  2. 2016 4 40 4 80

社会貢献活動

  1. 健やかな子どもを育むプレイリーダーのあり方 2018/03/03-2018/03/04
  2. 幼少年期における望ましい運動・スポーツのあり方 2018/02/27-2018/02/27
  3. 幼年期の外遊びの重要性とその後の運動習慣について 2018/02/02-2018/02/02
  4. 健やかな子どもを育む 2018/01/26-2018/01/26
  5. 郡山市の子どもたちの体力の現状 2018/01/25-2018/01/25

国際交流・国際貢献

  1. 2017 国際貢献
  2. 2017 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流
  3. 2016 国際貢献
  4. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流

所属学協会

  1. 日本バイオメカニクス学会
  2. 日本体力医学会
  3. 日本発育発達学会
  4. 日本公衆衛生学会
  5. 日本学校保健学会

学外委員

  1. スポーツ庁 スポーツ審議会健康スポーツ部会 2017/09/01
  2. 山梨県教育委員会 山梨県教員育成協議会 2017/07/06
  3. 山梨県教育委員会 山梨大学教育学部 山梨県教育委員会と山梨大学教育学部との連携協議会 2017/06/01
  4. 日本教育大学協会 あり方に関するワ-キンググループ 2017/03/01
  5. 日本教育大学協会 理事 2017/03/01