山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
人間科学系(社会文化教育講座)

教授

大隅 清陽

オオスミ キヨハル
Ohsumi Kiyoharu

経歴

  1. 滋賀大学講師(経済学部) 1993/02/01
  2. 滋賀大学助教授(経済学部) 1995/04/01
  3. 山梨大学助教授(教育学部) 1997/09/01
  4. 山梨大学助教授(教育人間科学部) 1998/04/01
  5. 山梨大学准教授(教育人間科学部) 2007/04/01
  6. 山梨大学教授(教育人間科学部) 2011/10/01
  7. 山梨大学教授(大学院教育学研究科) 2012/04/01
  8. 山梨大学教授(大学院総合研究部教育人間科学域人間科学系) 2014/10/01
  9. 山梨大学大学院総合研究部教育人間科学域人間科学系長・評議員 2015/04/01
  10. 山梨大学教授(大学院総合研究部教育学域人間科学系) 2016/04/01
  11. 山梨大学大学院総合研究部教育学域人間科学系長・評議員 2016/04/01

学歴

  1. 東京大学文学部第2類(史学)国史学専修課程卒業 1986/03/31
  2. 東京大学大学院人文科学研究科博士課程(国史学専攻)単位取得満期退学 1993/01/31

学位

  1. 博士(文学) 東京大学 2011/07/14

研究分野

  1. 日本史
  2. 古代東アジア史
  3. 比較法制史

研究キーワード

  1. 地域史
  2. 古代東アジア
  3. 律令制
  4. 礼制
  5. 平安時代

研究テーマ

  1. 平安時代の文化と国制
  2. 日本における礼制継受の諸問題
  3. 古代甲斐国の諸問題
  4. 東アジア律令制の比較史的研究

競争的資金等の研究課題

  1. 大宝律令の画期性に着目した律令制形成過程の再検討 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2017/04/01-2022/03/31
  2. 東アジアにおける礼・儀式・支配構造の比較史的研究~唐宋変革期の中国・朝鮮と日本~(研究代表者:お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科教授・西澤奈津子) 科学研究費補助金 2014/04/01-2017/03/31
  3. 日本古代内陸地域における駅制運用に関する学際的研究 科学研究費補助金 2014/04/01-2017/03/31
  4. 日本古代の内陸交通と馬匹生産に関する学際的研究 科学研究費補助金 2011/04/01-2014/03/31
  5. 中国法典・文物伝来からみた律令制形成過程の再検討 科学研究費補助金 2008/04/01-2011/03/31

著書

  1. 『摂関期の国家と社会』 大津透編 「摂関期内裏における玉座とその淵源」 山川出版社 2016/11/01
  2. 中学校社会科教科書『中学社会 歴史 未来をひらく』第2章 原始・古代の日本と世界 大隅清陽,深谷克己,木村靖二,久留島典子,月脚達彦,西川杉子,堀新,安田常雄,山口輝臣,他15名 第2章 原始・古代の日本と世界 教育出版 2016/01/20 分担24~29、34~45、48~49頁
  3. 『古代の人物④ 平安の新京』 吉川真司編 - 清文堂出版 2015/10/01
  4. 書評「志村佳名子著「日本古代の朝参制度と政務形態」」 大隅清陽 - 2015/03/01
  5. 『歴史の「常識」をよむ』 歴史科学協議会 - 東京大学出版会 2015/03/01

論文

  1. 「律令官僚制と天皇」 大隅清陽 『岩波講座日本歴史』第3巻・古代3 75-108 2014/09/01
  2. 「延喜式内社穂見神社について」 大隅清陽 『苗敷山総合学術調査報告書 苗敷山の総合研究』 183-190 2011/03/01
  3. The Acceptance of Ritsuryō Codes and the Chinese System of Rites in Japan 大隅清陽 ACTA ASIATICA : Bulletin of the Institute of Eastern Culture 99, 59-79 2010/08/01
  4. 「これからの律令制研究-その課題と展望-」 大隅清陽 『九州史学』 154, 44-55 2010/02/01 2008年度九州史学研究会大会公開講演
  5. 「儀礼空間としての国庁・郡庁-儀制令18元日国司条の周辺-」 大隅清陽 『帝京大学山梨文化財研究所研究報告 第13集 特集「古代地域社会の諸相」』 13, 89-93 2009/05/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 「古代甲斐国における出土文字資料研究の現状と課題」 古代甲斐国研究会第132回研究例会 2017/02/22
  2. 口頭発表(招待・特別) 「平安前中期内裏における天皇の玉座について」 お茶の水女子大学比較日本学教育研究センター研究プロジェクト「東アジアにおける比較儀礼史の研究」第6回国際セミナー「東アジアにおける礼・儀式・支配構造の比較史的研究」 2016/08/07
  3. 口頭発表(招待・特別) 「古代官道と甲斐国府」 大野山福光園寺 第2回 歴史シンポジウム 古代甲斐と官道-東海道「甲斐路」をめぐって- 基調講演 2015/02/07
  4. 口頭発表(一般) 「古代の朝参制度に関する近年の研究動向をめぐって-志村佳名子氏の近業「日本古代の朝参制度と政務形態」に寄せて-」 平成25年度~平成27年度(2013~15)科学研究費補助金(基盤研究(B)「律令制的人民支配の総合的研究-日唐宋令の比較を中心に-」研究会 2014/12/20
  5. 口頭発表(一般) 「東国古代遺跡研究会 第5回研究大会『長野県神坂峠遺跡とその周辺 』参加記」 古代甲斐国官衙研究会・第112回研究例会 2014/11/26

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2011/04/01-2014/03/31 人間文化研究機構国文学研究資料館 分担 公募共同研究「藤原道長の総合的研究」共同研究員 参加役割:共同研究員 成果:研究会○回
  2. 2006/04/15-2008/03/31 山梨県立博物館 分担 共同調査研究(1)「古代の交易と道」共同研究員 参加役割:共同研究員 成果:研究会8回(うち現地踏査2回)
  3. 2003/05/28-2015 古代甲斐国官衙研究会 分担 古代官衙遺跡を中心とした甲斐古代史の学際的研究 大隅は研究会の呼びかけ人の一人で、文献史学の立場から参加し、帝京大学山梨文化財研究所の平野修(考古学)とともに、実質的な会の中心として、その運営や研究計画の立案に携わってきた。月1回のペースで定例研究会(第4水曜19~22時)を開催するほか、シンポジウム、現地踏査検討会、出土資料検討会などを行い、大月市大月遺跡が都留郡家である可能性を初めて指摘するなどの新知見も得た。その成果の一端は、2006年5月刊行の『山梨県考古学協会誌』第16号の特集「官衙からみた地域社会」においても公表している。

社会貢献活動

  1. ケカチ遺跡刻書土器検討会委員 2017/05/20-2018/03/31
  2. 甲斐の古道プロジェクト委員会 委員(学識経験者) 2017/04/01-2018/01/31 (開催回数) 1
  3. 山梨県立都留高等学校出前講義 2016/09/02
  4. 山梨県総合教育センター 中十社会科研修会講師 2016/07/28-2016/12/27
  5. グローバル人材育成郷土学習教材作成事業検討委員会 委員(学識経験者) 2015/07/15-2017/03/31 (活動の内容) 山梨県が作成する小中学校用の「郷土学習教材」の内容及び構成等の検討を行う。 (開催回数) 3

国際交流・国際貢献

  1. 2010 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 前年度に引き続き、ドレスデン工科大学からの交換留学生Susanne Erben(スザンネ エルベン)の指導教員をつとめた。また、卒論指導学生からチューターを推薦し、指導の下に勉学と留学生活のサポートにあたらせた。
  2. 2009 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 ドレスデン工科大学からの交換留学生Susanne Erben(スザンネ エルベン)の指導教員をつとめた。また、卒論指導学生からチューターを推薦し、指導の下に勉学と留学生活のサポートにあたらせた。

所属学協会

  1. 法制史学会 2003/12
  2. 木簡学会 1993/12
  3. 日本史研究会 1991/11
  4. 史学会 1986/04

学外委員

  1. 日本教育大学協会 評議員 2015/04/01-2017/03/31
  2. 史学会編集委員会 委員 2014/06-2018/05
  3. 第37回古代史サマーセミナー実行委員会 事務局長 2008/08-2009/08