UNIVERSITY OF YAMANASHI
Graduate Faculty of Interdisciplinary Research Faculty of Education
Human Science (Science of Educational Support)

Professor

Omi Yasuhiro


Career

  1. 東京都立大学人文学部心理・教育学科 助手 1994/04/01-1998/08/31
  2. 東京都立大学都市研究所 兼任研究員 1996/04-1998/08
  3. 山梨大学教育人間科学部講師 1998/09-2000/12
  4. 東京都立大学大学院理学研究科 客員研究員 2000/04-2001/03
  5. Visiting Fellow, Australian School of Environmental Studies, Griffith University 2002/04-2003/03
  6. 東京都立大学大学院理学研究科 客員研究員 2005/01/20-2009/03/31
  7. 白百合女子大学生涯発達研究教育センター研究員 2008/04
  8. Visiting Scholar, Frances L. Hiatt School of Psychology, Clark University 2009/03-2011/09
  9. 立命館大学人間科学研究所 客員研究員 2011/04-2012/03

Academic background

  1. Tokyo Metropolitan University 1989/03/01
  2. Tokyo Metropolitan University 1994/03/31

Academic degrees

  1. MA in Psychology Tokyo Metropolitan University 1992/03
  2. Ph.D. Graduate School of Humanities, Tokyo Metropolitan University 2009/11

Current state of research and teaching activities

My current interest is on extracurricular (sport) activities in Japan from the viewpoint of cultural psychology.

Research Areas

  1. Educational Psychology Extracurricular sports activities for teenagers from the perspective of cultural psychology Psychological Studies
  2. Social Psychology Social Support

Research keywords

  1. fieldworks
  2. qualitative approach
  3. cultural psychology
  4. extracurricular sport activity
  5. Interpersonal Networks
  6. Environmental Education
  7. Social Support
  8. Methodology
  9. ecotourism

Subject of research

  1. 部活動およびスポーツ指導の文化心理学的研究
  2. Ethnographic study on school system and activities in Japan in the age of globalization
  3. Study on Social Support in Everyday Life
  4. Study on Psychological Methodology
  5. Psychological study on Environmental Education and Ecotourism

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. いじめ撲滅及び社会活動等及び付帯する研究の実施 Joint research 2018/03-2019/03
  2. A cultural psychological approach to extracurricular sport activities in Japan which can have negative effects to youth development Science research expense 2017/04-2020/03
  3. 中学生のスポーツ指導に関する文化心理学的アプローチ Science research expense 2014/04-2017/03
  4. 健康サポート事業プログラム Joint research 2006/11-2007/05
  5. エコツーリズムの認証制度確立に向けた社会心理学的研究 Donation 2004/09/07-2005/03/31

Bibliography

  1. 日本の部活(BUKATSU):文化と心理・行動を読み解く 尾見康博 ちとせプレス 2019/03 978-4-908736-11-7
  2. Educational dilemmas: A cultural psychological perspective Corporal punishment in extracurricular sports activities (bukatsu) represents an aspect of Japanese culture Routledge 2019/02/04 978-1138125605
  3. 質的心理学辞典 能智正博(編集代表) 個性記述的方法,社会運動,準実験デザイン,操作的定義,ネットワーキング,フィールド心理学,法則定立的方法,リッケルト 新曜社 2018/11/30
  4. Educational contexts and borders through a cultural lens: Looking inside, viewing outside. G. Marsico,V. Dazzani,M. Ristum,A.C.S Bastos The potential of the globalization of education in Japan: The Japanese style of school sports activities (Bukatsu) Springer 2015/10/01
  5. インタビュー:パイオニアに聞く「数字に血を通わせ、物語に規律を与える」 佐藤郁哉,尾見康博,池田真理 新曜社 2015/09/01

Papers

  1. Research paper (bulletin of university, research institution) Only 日本の部活の特殊性 心と社会 日本精神衛生会 175, 115-119 2019/03/15
  2. Research paper (scientific journal) Joint 生徒の自主性や自発性を妨げる部活という仕組み−退部経験者の組織コミットメントの観点から− 尾見康博 廣瀬文哉 教育実践学研究 山梨大学教育学部附属教育実践総合センター 24, 1-10 2019/02/28
  3. Research paper (bulletin of university, research institution) Joint Structures and issues of PTA in Socio-culltural context in Japan, USA and UK: Research presented and future view discussed at 2016 ICP symposium. Kazuko Takeo, Kiyoshi Jinno, Sawako Suzuki, Charlie Lewis,& Yasuhiro Omi Studies in Liberal Arts and Sciences 49, 183-208 2017/03
  4. Joint Editorial: History of psychology in Japan and within the context of East Asia. Sato, T.,& Omi, Y. Japanese Psychological Research 58, 1-3 2016/06
  5. 集団はどこまで集団か:学童保育運営のフィールドワークを通じて 尾見康博 山梨大学教育人間科学部紀要 15, 19-32 2014/03/01

Research presentations

  1. Symposium workshop panel(nominated) ライフライン法とTEM図の間を考える The 1st Transnational Meeting on TEA 2019/03/03
  2. 課外活動の過去・現在・未来 日本学校メンタルヘルス学会第22回大会 2018/09
  3. Symposium workshop panel(nominated) 英語論文投稿への道2018 日本心理学会第82回大会 2018/09
  4. Symposium workshop panel(nominated) 『人か状況か論争』から50年 日本パーソナリティ心理学会第27回大会 2018/08
  5. Symposium workshop panel(nominated) 英語論文投稿への道2017 日本心理学会第81回大会 2017/09/22

The total number of announcement other than the above

  1. 2000 3 3
  2. 1999 4 4
  3. 1998 2 2
  4. 1997 1 1
  5. 1996 3 1 1

Prizes

  1. 大会発表賞 2007/10/27 「質問紙調査法の人間観-「個性ある機械」としての人間」

Joint research with off-campus or faculty, etc. outside of the organization

  1. 2018/03-2019/03 NPO法人オレンジハートリボン Representative いじめ撲滅に対する社会活動等及び付帯する研究の実施
  2. 2005/10 Field and Qualitative Research研究会 Sharing 心理学におけるフィールド研究及び質的研究に関する検討会 研究会の中心メンバーの一人である。最先端の文献購読,大学院生の修論中間発表会などを実施し,先端的かつ生産的な議論を展開しており,日本の心理学におけるフィールド研究,質的研究の質の向上,及び活性化に貢献している。
  3. 2004/04-2007 エコツーリズム認証規準検討会 Representative 日本におけるエコツーリズムの認証規準作り 諸外国の認証規準の紹介や翻訳したり,日本におけるエコツーリズム推進地でのフィールドワークをしたりしている。他分野の専門家との連携,地域のNPOなどとの連携が進んでいる。
  4. 2003/10-2008/03 日本学術振興会 人文・社会科学振興のためのプロジェクト研究  Sharing ボトムアップ人間関係論の構築 環境教育,及びソーシャルサポート研究を基盤にして,ボトムアップな観点から,新しい人間関係論を構築する。

Other educational achievements

  1. 2008 山梨大学附属病院プリセプターシップ研修会講師
  2. 2007 山梨大学附属病院プリセプターシップ研修会講師

Textbooks and teaching materials

  1. 質的心理学辞典 2018/11/30 「個性記述的方法」「社会運動」「準実験デザイン」「操作的定義」「ネットワーキング」「フィールド心理学」「法則定立的方法」「リッケルト」を担当 能智 正博(編集代表) 新曜社 432
  2. 発達科学ハンドブック2:研究法と尺度 2011/11/01 日本発達心理学会 新曜社 東京 330 162 173
  3. 社会心理学事典 2009/06/01 大坊郁夫 丸善 東京
  4. 心理学検定 公式問題集 2009/04/01 日本心理学会諸学会連合 実務教育出版 東京 436 106 119
  5. ヒューマン・サイエンス-心理学的アプローチ-(共著) 2004/04/01 杉山憲司・青柳肇 ナカニシヤ出版 京都 180 192

Other undergraduate student guidance

  1. 2018 10 研究指導 10 60 1
  2. 2016 2012-2016 自主学習室,データ分析室の利用の仕方についての指導,卒論執筆のスケジュール管理に関する指導等。 5 研究室の利用の仕方や生活の仕方 3 3

Review of master's and doctoral thesis

  1. 2018 Chief examiner 2 1
  2. 2017 Chief examiner 1
  3. 2016 Second reader 1
  4. 2016 Chief examiner 1

Social Contribution

  1. 教育職員免許法認定講習 2018/07/30-2018/08/02
  2. 山梨県実践的防災教育推進事業推進委員長 2017/06/08-2019/03/31
  3. 現代若者の孤独感について 2017/04-2017/04
  4. 被体罰調査結果の内容が論説に取り上げられた 2015/02/11-2015/02/11
  5. 被体罰経験調査結果 2015/01/30-2015/01/30

International Exchange and International Contribution

  1. 2018 International, regional exchange, exchange of students and Japanese students コンケン大学との学術交流
  2. 2016 International, regional exchange, exchange of students and Japanese students 学部国際交流委員会委員長として,学部の国際交流の運営,及び,ルートビヒスブルク教育大学からの派遣教員の講演会企画,運営,接待など。
  3. 2004 International, regional exchange, exchange of students and Japanese students ドイツのルートビヒスブルク教育大学に赴き,両国の教育問題に関する議論をするなど交流を図った。

Memberships of academic societies

  1. 日本社会心理学会
  2. 日本心理学会
  3. 日本教育心理学会
  4. 日本発達心理学会
  5. 日本環境教育学会

Committee outside the campus

  1. 日本教育心理学会 『教育心理学年報』編集委員長 2018/04-2019/03
  2. Human Arena: Interdisciplinary Journal of Psychology, Meaning, and Culture Editorial board 2017/11
  3. 日本心理学会「Japanese Psychological Research」編集委員会 編集委員長 2017/11
  4. 日本教育心理学会 『教育心理学年報』副編集委員長 2017/04-2018/03
  5. 日本パーソナリティ心理学会 常任編集委員 2016/09