山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
人間科学系(身体文化教育講座)

顔写真
教授

小山 勝弘

コヤマ カツヒロ
Koyama Katsuhiro

経歴

  1. 山梨大学 講師 1999/04/01
  2. 山梨大学 助教授 2001/11/01
  3. 山梨大学 准教授 2007/04/01
  4. 山梨大学 准教授 大学院教育学研究科 2012/04/01
  5. 山梨大学 教授 大学院教育学研究科 2012/11/01
  6. 山梨大学 教授 大学院総合研究部  2014/10/01

学歴

  1. 筑波大学 1991/03/31
  2. 筑波大学 1993/03/31
  3. 兵庫医科大学 1997/03/31

学位

  1. 体育学修士 筑波大学 1993/03/31
  2. 医学博士 兵庫医科大学 1997/03/31

研究分野

  1. スポーツ科学 運動処方
  2. 環境生理学(含体力医学・栄養生理学) 運動生理学
  3. 公衆衛生学・健康科学 健康科学

研究キーワード

  1. 健康
  2. 運動
  3. 栄養

研究テーマ

  1. 運動とカロリー制限
  2. 健康科学
  3. 運動と低酸素
  4. 運動と酸化ストレス
  5. 運動と骨強度

共同・受託研究希望テーマ

  1. 低酸素応答と健康 大学等の研究機関との共同研究を希望
  2. 水素と健康 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究
  3. 柔道の指導法 共同研究

競争的資金等の研究課題

  1. 運動とカロリー制限の相互作用を活かした健康増進戦略 科学研究費補助金 2017/04/01-2020/03/31
  2. 全身性の疲労困憊運動パフォーマンスに対するアルカリイオン水摂取の影響 奨学寄附金 2017/04/01-2018/03/31
  3. 柔道の投げ技に起因する重症頭頸部外傷発生要因の明確化 科学研究費補助金 2016/04/01-2019/03/31
  4. pH9.5アルカリイオン水中の溶存水素分子量の相違は運動に伴う疲労や酸化ストレスの程度に影響を及ぼすか? 奨学寄附金 2016/04/01-2017/03/31
  5. アルカリイオン水の運動パフォーマンス,集中・判断力に及ぼす効果検証 共同研究 2016/01/05-2018/03/31

著書

  1. 公認柔道指導者養成テキスト A指導員  尾形敬史,中村勇,田中裕之,小山勝弘,井汲彰,その他27名 - 公益財団法人全日本柔道連盟 2016/08/01
  2. 公認柔道指導者養成テキスト C指導員 小野沢弘史,射手矢岬,尾形敬史,金淵一雄,小山勝弘,その他12名 - 公益財団法人全日本柔道連盟 2015/10/01
  3. 公認柔道指導者養成テキスト B指導員 尾形敬史,中村勇,永廣信治,宮崎誠司,小山勝弘,その他13名 - 公益財団法人全日本柔道連盟 2015/10/01
  4. 柔道の安全指導 射手矢岬,浅野哲男,大作晃弘,紙谷武,小山勝弘,その他8名 - 公益財団法人全日本柔道連盟 2015/10/01
  5. 寝たきりになりたくないなら5秒でいいから筋トレしなさい 小山勝弘 - 株式会社KADOKAWA 2015/02/01

論文

  1. (MISC)総説・解説(商業誌) 共著 低酸素環境での運動と酸化ストレス 土橋祥平,小山勝弘 体育の科学 66/ 12, 881-885 2016/12/01
  2. 研究論文(学術雑誌) Cognitive function and cerebral oxygenation during prolonged exercise under hypoxia in healthy young males. Dobashi S, Horiuchi M, Endo J, Kiuchi M, Koyama K High Alt Med Biol 17/ 3, 214-221 2016/09/01 IF 1.98
  3. 研究論文(学術雑誌) Reference range of blood biomarker for oxidative stress in Thoroughbreds. Kusano K, Yamazaki M, Kiuchi M, Kaneko K, and Koyama K J Equine Sci 27/ 3, 125-129 2016/09/01
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Effect of progressive normobaric hypoxia on dynamic cerebral autoregulation. Horiuchi M, Endo J, Dobashi S, Kiuchi M, Koyama K, Subudhi AW Exp Physiol 20 2016/07/01 IF 2.06
  5. 研究論文(学術雑誌) Reduction in cerebral oxygenation after prolonged exercise in hypoxia is related to changes in blood pressure. Horiuchi M, Dobashi S, Kiuchi M, Endo J, Koyama K, Subudhi AW. Adv Exp Med Biol 876, 95-100 2016/02/01 IF 1.953

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 作業姿勢の相違がコンピューター計算課題時の作業成績に及ぼす影響 –スタンディングデスクを用いた検証- 第170回日本体力医学会関東地方会 2017/07/22
  2. ポスター発表 Hydrogen-rich water attenuates the reduction in redox status during repeated three consecutive days of strenuous exercise. Annual meeting of American College of Sports Medicine 2017 2017/06/02
  3. ポスター発表 Rotational Head Acceleration of Thrown Person with Break-fall skills by Judo Throwing Techniques Annual meeting of American College of Sports Medicine 2017 2017/06/01
  4. 口頭発表(一般) レジスタンス運動時における短時間の低酸素曝露が成長ホルモン分泌動態におよぼす影響 第71回日本体力医学会大会 2016/09/25
  5. 口頭発表(一般) 4日間の硝酸塩摂取が常圧低酸素環境下における運動パフォーマンスにおよぼす影響 第71回日本体力医学会大会 2016/09/25

受賞

  1. 第26回 日本体力医学会賞 2013/09/22 高強度運動時における抗酸化物質投与が海馬脳由来神経栄養因子(BDNF)発現に及ぼす影響
  2. 日本痛風・核酸代謝学会 平成11年度研究奨励賞(学会誌優秀論文賞) 1999/04/01

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2012/04/01-2017/03/31 山梨県環境科学研究所 分担 急性高山病症状と脳血流自動調節機能の関連 研究計画の立案から研究実施,測定等の全て
  2. 2012/04/01-2015/03/31 防衛大学校 その他 酸化ストレスに着目した膝前十字靱帯再建術後にみられる骨格筋萎縮の予防戦略の開発 研究計画の立案,生化学的測定の実施
  3. 2011/04/01-2016/03/31 獨協医科大学 分担 頭部外傷発生機序基づく安全な柔道指導法の開発 研究の全てに総括的に関与
  4. 2009/04/01-2012/03/31 山梨大学医学工学総合研究部工学学域  分担 視線検出に基づく肢体不自由者のコミュニケーション実現システムの研究開発 生理学的データ,特に近赤外分光法による血流量の検討
  5. 2009/04/01-2011/03/31 山梨県立大学看護学部 分担 ベイズ型コホート分析による児童・生徒の体力、運動能力への世代影響の評価 体力,運動能力解析

スポーツにおける競技実績

  1. 全日本学生柔道優勝大会(女子26回) 日本武道館 2017/06/24 女子柔道 団体(3人制) 全国ベスト16
  2. 全日本学生柔道優勝大会(女子25回) 日本武道館 2016/06/25 女子柔道 団体(3人制) 全国ベスト32
  3. 全日本学生柔道優勝大会(女子24回) 日本武道館 2015/06/27 女子柔道 団体(3人制) 全国ベスト16
  4. 全日本学生柔道優勝大会(女子23回) 日本武道館 2014/06/28 女子柔道 団体(3人制) 女子3人制 全国ベスト16
  5. 関東学生女子柔道優勝大会 2014/05/25 女子柔道 団体(3人制) 女子3人制 準優勝

社会貢献活動

  1. 平成27年度山梨県学校保健総合支援事業 委員 2015/04/01-2016/03/31 (開催回数) 3
  2. 「キッズアスリートケア」にて子どもに関するスポーツ科学を紹介(全4回) 2014/06/01-2015/03/31
  3. 家の中でのエクササイズを紹介 2014/01/07-2015/03/31
  4. YBSラジオ「ラララ・モーニング」にゲスト出演し,ウォーキングの重要性について,科学的に紹介 2013/05/22-2013/05/22
  5. 学部の特長や,教育組織についての解説 2013/04/01-2014/03/31

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 マレーシア大学学生との柔道交流 中国からの短期留学生との柔道交流

所属学協会

  1. 日本生理学会
  2. 日本骨粗鬆症学会 2006/04
  3. 日本抗加齢医学会 2006/04
  4. 日本学校保健学会 2004/04
  5. 日本公衆衛生学会 2004/04

学外委員

  1. 日本武道学会 理事(編集委員会・委員長) 2017/04/01-2020/03/31
  2. 日本体力医学会 編集委員会編集委員 2015/09/19
  3. 日本武道学会柔道分科会役員 理事 2015/04/01-2019/03/31
  4. 公益財団法人全日本柔道連盟指導者養成委員会 副委員長 2012/04/01
  5. 日本武道学会 理事(会計委員会・委員長) 2011/04/01-2017/03/31