山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
教育学系(科学文化教育講座)

顔写真
教授

松森 靖夫

マツモリ ヤスオ
Matsumori Yasuo

その他の所属・職名

  1. 大学院 総合研究部 教育学域 教育学系(附属教育実践総合センター) 山梨大学教育学部附属教育実践総合センター長

経歴

  1. 岡山大学助教授(教育学部) 1993/10/01
  2. 山梨大学助教授(教育人間科学部) 1998/04/01
  3. 山梨大学准教授(教育人間科学部) 2007/04/01
  4. 山梨大学教授(教育人間科学部) 2008/01/01
  5. 山梨大学大学院教授(教育学研究科) 2012/04/01
  6. 山梨大学教授大学院総合研究部教育人間科学域 2014/10/01
  7. 山梨大学教育人間科学部附属教育実践総合センター長 2015/04/01-2017/03/31
  8. 山梨大学教授大学院総合研究部教育学域 2016/04/01

教育・研究活動状況

子どもの理科嫌いの実態を把握するとともにその克服を目指して,理科学習指導法,理科評価論,及び理科授業実践に精通した教員養成等を中心として,研究を遂行している。

研究分野

  1. 科学教育 理科教員養成論
  2. 科学教育 理科学習指導方法論
  3. 科学教育 理科評価論

研究キーワード

  1. 理科教員養成
  2. 理科教育
  3. 自然認識
  4. 理科評価

研究テーマ

  1. 理科教員志望学生養成のためのプログラム研究
  2. 学習者の自然認識過程に関する研究
  3. 理科における効果的な教授学習過程の実証的研究
  4. 理科評価方策の開発と試行

競争的資金等の研究課題

  1. 小学校教員志望学生の誤概念の変容を促す理科学力診断用データベースの開発 科学研究費補助金 基盤研究(C) 科学技術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 2017/04/01-2021/03/31
  2. 基盤研究(C):科学技術教育における教科「見通し・再編」の日仏比較-数学・理科・技術科- 科学研究費補助金 基盤研究(C) 科学技術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 2014/04/01-2018/03/31
  3. 基盤研究(C):非理科系の小学校教員志望学生を対象とした科学的資質の向上を図る実証的研究 科学研究費補助金 基盤研究(C) 科学技術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 2013/04/01-2016/03/31
  4. 基盤研究(C):理科を苦手とする小学校教員のための再教育プログラムの開発とその試行 科学研究費補助金 基盤研究(C) 科学技術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 2008/04/01-2012/03/31

著書

  1. 英語対訳で読む科学の疑問 中村英良・森井美紀 実業之日本社 2016/12/23 978-4-408-45682-9 本書は,自然事象に関わる基本的な科学概念について解説するとともに,その英語対訳を併記したものである。一般市民の科学的リテラシーの向上に寄与するものであり,科学教育全般においても活用可能である。さらに,スーパー・サイエンス・ハイスクールにおける高校生の英語力向上にも大いに役立つものである。
  2. 英語対訳で読む「理科」入門 松森靖夫,J.Miller - 実業之日本社 2015/02/01 本書は,小中学校理科に内包される科学概念(生命・物質・エネルギー・地球・環境等)の科学的説明を行うと共に,英語対訳を施したものである。本書で取り上げられている計93の科学概念に対する科学的説明の監修を行った。また,本書は,一般市民の科学的リテラシーの向上に寄与するものであり,科学教育全般において活用可能である。
  3. 授業の悩みを解消! 小学校教員志望学生のための理科教育入門書 松森靖夫,森本信也 - 東洋館出版社 2013/12/15 978-4-491-02981-8 本書は,理科内容や理科授業に苦手意識を抱いている小学校教員志望学生を対象に編まれた理科教育入門書である。具体的には,計54にも及ぶ小学校理科に対する小学校教員志望学生の悩みや疑問を取り上げて平易に解説した書である。また,本書は理科授業好きの小学校教員志望学生や現職教員の増加,さらには日本の子どもの理科学力の向上に寄与するものと期待される。
  4. 今こそ理科の学力を問う-新しい学力を育成する視点- 森本信也,稲垣成哲,遠西昭寿,中山迅,松森靖夫,その他43名 - 東洋館出版社 2012/08/01
  5. 小学生の素朴な疑問に答えるやさしいサイエンスQ&A 松森靖夫 - 東洋館出版社 2012/07/01

論文

  1. (MISC)総説・解説(商業誌) 単著 まつもり先生のめっちゃおもしろサイエンス(連載第415回-第450回) 松森靖夫 毎日小学生新聞 毎日新聞社 28159-28370, 5 2017/04/01 自然の事物・現象に対する子どものプリコンセプションに分析と加えるとともに,より科学的なものへと変容・再構成するための学習指導過程を考案し平易に表現した。
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 山梨大学教育人間科学部学校教育課程所属学生の進路志望の推移 平井政幸,澤登義洋,角田修,松森靖夫 山梨大学教育人間科学部附属教育実践総合センター研究紀要「教育実践学研究」 山梨大学教育学部附属教育実践総合センター 22, 217-222 2017/03/31 得られた主な知見は,以下の通りである。①年次進行に伴い,教 職希望の学生の割合は減少し,教職外希望者が増加する傾向があ ること,②過去4年間の1年次学生のうち,2016年度の1年次学 生の教職希望の割合は最低であったこと,及び③入学試験方法を 再考して,入学当初より強い教職希望を抱いている学生を確保す ること。
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 思考実験を活用し,仮説づくりを中心とした中学校理科授業実践-質量の異なる物体の自由落下運動を事例にして- 宮澤和孝,松森靖夫,佐藤寛之,佐々木智謙 山梨大学教育人間科学部附属教育実践総合センター研究紀要「教育実践学研究」 山梨大学教育学部附属教育実践総合センター 22, 169-178 2017/03/31 本実践研究では,中学校第3学年を対象にして,課題「質量が違 う2つの物体の自由落下」に対する仮説を立てながら,学習に取 り組ませた。その結果,約90%の生徒が,「質量の大きい鉄球と小 さい木球をひもでつけたものと,鉄球がどのように落下すれば自 分たちの仮説が正しいと説明できるか」に対する論理的説明がで きた。
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 心臓の血流経路に関する小学校教員志望学生の認識状態について 佐々木智謙,佐藤寛之,松森靖夫 日本理科教育学会誌『理科教育学研究』 日本理科教育学会 57/ 3, 213-222 2017/03/18 10.11639/sjst.16067 得られた知見は以下の通りである。(1)心臓内の各部分の名称について全て正しい回答を選択できた学生は約半数であったこと,(2)心臓に繋がる6つの血管の名称について全て正しい回答を選択できた学生は5%に満たないこと,及び(3)心臓及び心臓に繋がる血管内の血流経路に対する回答類型は計21種類に及んだこと。 
  5. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 病気に関する小学校教員志望学生の認識状態の分析 佐々木智謙,佐藤寛之,松森靖夫,上嶋崇嗣,切金南 山梨大学教育人間科学部「紀要」 山梨大学教育人間科学部 17/ 24, 167-174 2017/03/04 Alla et al.(2015)による,アメリカ合衆国で広く信じられてい説明群の中から,病気に関する2種類の説明を取り上げて,小学校教員志望学生の科学的真偽の判断を調査した。ウィルスに関する説明に対する正しい真理値を回答できた学生は約20%,風邪とインフルエンザの説明に対する正しい真理値を回答できた学生は40%未満であった。  

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 小学校教員志望学生の振り子の運動の理解に関する認識調査   日本理科教育学会第55回関東支部大会 2016/12/10 得られた主な知見は,次の通りである。①「振り子の長さ」が振り子の周期を変化させる要因であることを多くの学生が理解している一方,「おもりの重さ」と「振れ幅」が振り子の周期には関係 しないことを理解できている学生は少数であったこと,②振り子の重さを変化させた場合,重力が大小の変化を根拠にし,振り子の運動する速さが変化すると回答した学生が多く存在したこと。   
  2. 口頭発表(一般) 小・中学校教員志望学生の酸とアルカリの理解に関する認識調査 日本理科教育学会第55回関東支部大会 2016/12/10 教員志望学生を対象にして,酸とアルカリ(塩基)に関する認識 調査を行った。その結果,①多くの学生が水溶液の溶質だけでも液性があると判断していたこと,②ほとんどの学生がアレーニウスの定義かpH の値を根拠にして説明していたこと,及び③ほとんどの学生が液性を同定するために用いるものとしてリトマス紙を挙げていたこと,などが明らかになった。   
  3. 口頭発表(一般) 季節変化の原因に対する高校生の認識状態の分析 日本理科教育学会第55回関東支部大会 2016/12/10 高校生に対して,季節変化の原因を表現する計6種類の描画と説明を提示して,各説明の科学的真偽の判断とその理由について回答を求めた。その結果,季節変化の原因について科学的に認識できている高校生は皆無であったことを報告した。また,その主な原因は,中学校理科における季節変化の原因の取り扱い方にあることも指摘した。   
  4. 口頭発表(一般) 心臓の血流経路に関する小学校教員志望学生の認識状態について   日本理科教育学会第55回関東支部大会 2016/12/10 小学校教員志望学生を対象にして,心臓内の各部の名称,心臓に繋がる血管の名称,及び心臓及び心臓につながる血管内の血流経路の認識状態を調査した。その結果を分析して,小学校教員志望学生の科学的認識の達成を志向した学習指導方策について言及した。  
  5. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 子どもの“なぜ”から始める理科授業づくり-理科好きの子どもをはぐくむために- 平成28年度山梨大学教育学部附属教育実践総合センターと山梨県総合教育センターとの第3回連携・教育研究会 2016/11/28 自然事象に対する子どもの知的好奇心の衰退について指摘するともに,中1ギャップと理科嫌いの増加の問題について論じた。次に,自然事象に対する子どもの疑問の本質について解説し,その事例について科学的に説明を加えた。さらに,子どもの疑問を起点にした理科授業を構成するための8つの視点(知識の社会的構成の推進,メタ認知能力の育成,解決構築の適用,既有知識の有用性の感得,等)を挙げて概説した。

受賞

  1. 日本理科教育学会賞 1998/08/03 KOMETT法(“子どもの明大論理学”に適合した“多値真偽法”)を開発し、その汎用性などに関する一連の研究論文などが評価され、受賞に至った。
  2. 日本理科教育学会研究奨励賞 1996/08/04 理科教育認識論、及び理科教育実践論に関わる継続的に作成した研究論文が評価され、研究奨励賞を授与された。

担当授業科目

  1. 学部入門ゼミ
  2. 初等理科教育学
  3. 理科教育教材研究I
  4. 理科教育学原論
  5. 理科教育学実験

教育実績

  1. CST養成事業による入学勧誘 2017/03/10 ホームページ上でCSTの概要と活動について紹介し,入学勧誘を促した。
  2. CST養成事業による入学勧誘 2016/03/10 ホームページ上でCSTの概要と活動について紹介し,入学勧誘を促した。
  3. CST養成事業による入学勧誘 2015/03/10 ホームページ上でCSTの概要と活動について紹介し,入学勧誘を促した。
  4. CST養成事業による入学勧誘 2011/04 広報誌上にCSTの概要と活動について紹介し、入学勧誘を促した。
  5. 高校生向け大学説明会 2004/08/09 大学主催の説明会であり、教育人間科学部理科教育専修の詳細について説明するとともに、入学勧誘を行った。

教科書・教材

  1. 英語対訳で読む科学の疑問 2016/12/23 本書は,自然事象に関わる基本的な科学概念について解説するとともに,その英語対訳を併記したものである。一般市民の科学的リテラシーの向上に寄与するものであり,科学教育全般においても活用可能である。さらに,スーパー・サイエンス・ハイスクールにおける高校生の英語力向上にも大いに役立つものである。 松森靖夫,S.Mills 松森靖夫 実業之日本社 東京 207 1 207
  2. 英語対訳で読む「理科」入門 2015/02/01 松森靖夫,J.Miller 松森靖夫 実業之日本社 東京 205 1 205
  3. 授業の悩みを解消! 小学校教員志望学生のための理科教育入門書 2013/12/01 森本信也,松森靖夫,和田一郎,加藤圭司,黒田篤志,佐藤寛之,小野瀬倫也,渡辺理文 松森靖夫・森本信也 東洋館出版社 東京 161
  4. 小学生の素朴な疑問に答えるやさしいサイエンスQ&A 2012/07/01 松森靖夫 東洋館出版社 東京 112
  5. 傑作!物理パズル50 2011/03/01 松森靖夫(編訳) Paul G.Hewitt 講談社 東京 232

社会貢献活動

  1. まつもり先生のめっちゃおもしろサイエンス』を1年間にわたり毎週連載した。 2016/04/01-2017/03/31 毎日小学生新聞(毎日新聞社刊)に、子ども向けの自然科学関連の連載『まつもり先生のめっちゃおもしろサイエンス』を1年間にわたり毎週連載した。なお、詳細については、研究活動(論文)に詳しいので参照されたい。
  2. まつもり先生のめっちゃおもしろサイエンス』を1年間にわたり毎週連載した。 2015/04/01-2016/03/31 毎日小学生新聞(毎日新聞社刊)に、子ども向けの自然科学関連の連載『まつもり先生のめっちゃおもしろサイエンス』を1年間にわたり毎週連載した。なお、詳細については、研究活動(論文)に詳しいので参照されたい。
  3. まつもり先生のめっちゃおもしろサイエンス』を1年間にわたり毎週連載した。 2014/04/01-2015/03/31 毎日小学生新聞(毎日新聞社刊)に、子ども向けの自然科学関連の連載『まつもり先生のめっちゃおもしろサイエンス』を1年間にわたり毎週連載した。なお、詳細については、研究活動(論文)に詳しいので参照されたい。
  4. まつもり先生のめっちゃおもしろサイエンス』を1年間にわたり毎週連載した。 2013/04/01-2014/03/31 毎日小学生新聞(毎日新聞社刊)に、子ども向けの自然科学関連の連載『まつもり先生のめっちゃおもしろサイエンス』を1年間にわたり毎週連載した。なお、詳細については、研究活動(論文)に詳しいので参照されたい。
  5. まつもり先生のめっちゃおもしろサイエンス』を1年間にわたり毎週連載した。 2012/04/01-2013/03/31 毎日小学生新聞(毎日新聞社刊)に、子ども向けの自然科学関連の連載『まつもり先生のめっちゃおもしろサイエンス』を1年間にわたり毎週連載した。なお、詳細については、研究活動(論文)に詳しいので参照されたい。

学外委員

  1. 日本理科教育学会 日本理科教育学会誌『理科教育学研究』編集委員会委員 2014/07/01-2017/03/31
  2. 日本地学教育学会 副会長 2014/04/01-2016/06/30
  3. 日本地学教育学会 役員選挙管理員会委員長 2012/04-2013/03
  4. 日本地学教育学会 「常務委員会」委員長 2011/04
  5. 日本理科教育学会 理事 2011/04-2013/03