山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
人間科学系(言語文化教育講座)

准教授

松岡 幹就

マツオカ ミキナリ
Matsuoka Mikinari

経歴

  1. 山梨医科大学講師(医学部) 2002/04/01
  2. 山梨大学講師(教育人間科学部) 2002/10/01
  3. 山梨大学助教授(教育人間科学部) 2004/04/01
  4. 山梨大学准教授(教育人間科学部) 2007/04/01
  5. 山梨大学准教授(大学院教育学研究科) 2012/04/01

学歴

  1. 2002/06

学位

  1. 修士(言語学) 1993/03/31
  2. Ph.D.(言語学) 2002/02/06

研究分野

  1. 言語学 統語論

研究キーワード

  1. (1)統語論、(2)項構造、(3)叙述、(4)軽動詞、(5)小節

研究テーマ

  1. 語彙部門と統語部門の接点

競争的資金等の研究課題

  1. 形容詞および副詞二次述語に関する日英語比較統語論研究 科学研究費補助金 2014/04/01-2017/03/31
  2. 機能範疇によって導入される項の主語性と意味に関する研究 科学研究費補助金 2011/04/01-2014/03/31
  3. 主語指向性副詞と動詞句の構造 科学研究費補助金 2008/04/01-2011/03/31

著書

  1. Linking Arguments to Phrase Atructure: A Study of Passives, Psych Verbs, and Ditransitive Verbs in Japanese Mikinari Matsuoka - 2002/05/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 動作主認識の副詞的成分についての一考察:統語的分布と意味解釈について 松岡幹就 日本語文法 くろしお出版 17/ 1, 105-119 2017/03/31
  2. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 単著 Doubly-oriented secondary predicates in Japanese. Mikinari Matsuoka Japanese/Korean Linguistics, Vol. 23 CSLI 1-10 2014
  3. 研究論文(学術雑誌) 単著 On the notion of subject for subject-oriented adverbs Mikinari Matsuoka Language 89/ 3, 586-618 2013/09/01 ジャーナルインパクトファクター: 1.897 (2012 Journal Citation Report)
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 The minimal link condition and long distance A-dependencies Mikinari Matsuoka English Linguistics 25/ 1, 205-239 2008/06/01
  5. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 単著 VP-shell structure and adverb scope ambiguity Mikinari Matsuoka Proceedings of the 2007 Canadian Linguistics Association Annual Conference 2007/12/01 URL

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 価値判断の二次述語とモダリティに関する日英語比較統語論 日本語統語論研究の広がり 2017/03/27
  2. その他 Doubly-oriented secondary predicates in Japanese 2013/10/11
  3. 口頭発表(招待・特別) On “subjects” for subject-oriented adverbs 2011/06/12
  4. 口頭発表(招待・特別) Subject-oriented adverbs and volitionality of arguments 2010/10/23
  5. 口頭発表(一般) VP-shell structure and adverb scope ambiguity 2007 Canadian Linguistics Association Annual Conference 2007/05/28

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)英語研修の事前授業での指導、事後評価

所属学協会

  1. 日本言語学会
  2. 日本英語学会
  3. アメリカ言語学会
  4. 筑波英語学会
  5. 日本語文法学会 2016/08

学外委員

  1. 日本英語学会 大会運営委員 2016/12/01-2019/11/30