山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
人間科学系(芸術文化教育講座)

顔写真
教授

片野 耕喜

カタノ コウキ
Katano Koki

プロフィール

  1. おもにオラトリオのテノールソリストとしてキャリアをスタート。古楽唱法と理論を日本とドイツ(ブレーメン)で学ぶ。バッハコレギウムジャパンのソリストとしてコンサートに参加。初期のカンタータや受難曲の録音に携わった。ドイツ各地を初め,オーストリア,スイス,イタリア,イギリス,フランスで演奏。録音多数。
    就職後は合唱団を組織し,バッハの作品やルネサンス・バロック期からロマン派の合唱曲などを多く指揮している。

経歴

  1. 和歌山大学講師 1999/04/01
  2. 山梨大学助教授 2002/04/01
  3. 山梨大学教育人間科学部准教授 2007/04/01
  4. 山梨大学大学院教育学研究科芸術文化教育講座 准教授 2012/04/01-2014/11
  5. 山梨大学総合研究部人間科学域教授 2014/12/01

学歴

  1. 東京学芸大学 教育学部 特別教科教員養成課程音楽科 1990/03 卒業 日本
  2. 東京芸術大学 音楽研究科 修士課程 声楽(独唱科) 1993/03 修了 日本
  3. ハンブルク音楽院 音楽学部 声楽科 1996/12/01 卒業 ドイツ
  4. ブレーメン芸術大学 音楽学部 古楽科 声楽専攻卒業 1998/12/01 卒業 ドイツ

学位

  1. 教育学士 東京学芸大学 1990/03
  2. 芸術学修士(東京藝術大学) 東京芸術大学 1993
  3. 芸術家資格(ドイツ・ハンブルク) ハンブルク音楽院 1996
  4. ディプロム(古楽) ブレーメン芸術大学 1998

教育・研究活動状況


バロック期の音楽,特にドイツの教会音楽を中心とした分野の研究と実践。19世紀ドイツ歌曲の演奏研究。

研究分野

  1. 声楽,合唱 声楽、リート・オラトリオ、教会音楽、古楽

研究キーワード

  1. J.S.バッハ
  2. ドイツ歌曲
  3. 古楽
  4. オラトリオ

研究テーマ

  1. バッハの声楽曲
  2. ドイツリート
  3. 教会音楽

共同・受託研究希望テーマ

  1. 合唱 対位法的作品の合唱,外国語の合唱 大学等の研究機関との共同研究を希望

競争的資金等の研究課題

  1. J.S.バッハ「マタイ受難曲演奏会」 他の外部資金 2016/03/21-2016/03/21
  2. J.S.バッハ「マタイ受難曲演奏会」 他の外部資金 2016/03/21-2016/03/21
  3. J.S.バッハ「マタイ受難曲演奏会」 他の外部資金 2016/03/21-2016/03/21
  4. <エチュード(練習曲)>を用いた声楽教育モデルの開発 科学研究費補助金 2011/04/01-2014/03/30
  5. <エチュード(練習曲)>を用いた声楽教育モデルの開発 科学研究費補助金 2010/04-2012/03

著書

  1. ハインリッヒ・シュッツの声楽作品 久保田慶一 監修 - ユニバース 2008/05/01

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 J.S.バッハの作品における「黄金分割」に関する一考察 ---整った演奏への試み--- 片野耕喜 山梨大学教育人間科学部紀要 4/ 1 2002/10/01
  2. J.S.バッハの『マタイ受難曲』における「福音書記者」パートについての研究 和歌山大学教育学部紀要-人文科学 51, 51-132 2000/10/01

研究発表

  1. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 Mozartian Verein第241回例会 レクチャーコンサート「モーツァルトの『カノン』を中心に」 Mozartian Verein第241回例会 2005/06 W.A.Mozart / Bona nox! Bist a rechta Ox K.561, Lacrimoso son'io K.555, Ach! Zu kurz K.228, Alleluja K553, Ave Maria K554, Terzett <Grazie agli'inganni tuoi> K.532, Terzett <Das Bandeln> K.441
  2. 口頭発表(招待・特別) 講演:モーツァルトの歌曲、コンサートアリアについて モーツァルティアン・フェアアイン例会 2004/06/13

芸術活動、建築作品等

  1. 芸術活動 共同 ブクステフーデ「我らがイエスの御体」 2018/03/25-2018/03/25 指揮
  2. 芸術活動 共同 CD録音 ブクステフーデ「我らがイエスの御体」 2018/03/24-2018/03/24 指揮
  3. 芸術活動 共同 クリスマスコンサート2016 Vol.13 2017/12/23-2017/12/23 指揮
  4. 芸術活動 共同 ブクステフーデ「我らがイエスの御体」 2017/11/20-2017/11/20 指揮
  5. 芸術活動 共同 ブクステフーデ「我らがイエスの御体」,「鹿が泉を慕いあえぐがごとく」BuxWV92 2017/03/26-2017/03/26 指揮,テノール独唱

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2011/05/07-2011/05/07 日本声楽発声学会長野支部例会(長野県発声研究会例会) その他 バッハの声楽曲について(講師) 講師として、作品の解説・指導を行った。

担当授業科目

  1. 声楽研究Ⅰ
  2. 声楽研究Ⅱ
  3. 声楽実習Ⅰ
  4. 声楽実習Ⅱ
  5. 歌唱芸術研究

その他の教育実績

  1. 2014 山梨大学アカデミークワイヤ指導

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2016 2 2 1 「フィガロの結婚」「バッハのコラール」
  2. 学部卒業論文指導 2015 3 3 1 ヘンデル<メサイア>の作品分析―ソプラノアリアを中心に―、歌唱におけるイタリア語・ドイツ語の発音・発生の特性
  3. 学部卒業論文指導 2014 1 1 1 日本語と外国語歌曲の鑑賞についての一考察
  4. 学部卒業論文指導 2008 1 1 1 パレストリーナ
  5. 学部卒業論文指導 2007 1 1 2 イタリアに影響を受けた作曲家たち

その他の学部学生指導

  1. 2017 10 20 120 授業枠以外での個人レッスン 10
  2. 2016 2016-2026 15 歌曲伴奏指導 20 60 授業枠以外での個人レッスン 10
  3. 2014 1 20 補講,卒業演奏会指導 10 入学式での合唱等
  4. 2008 1 -4 専修代表 40 チューターとの協力 2 ガイダンス時 3 附属小学校、中学校
  5. 2007 2007 4年生担当 数十時間 約1時間 約3時間 数十時間

修士・博士論文審査

  1. 2016 主査 1
  2. 2011 副査 2
  3. 2010 副査 1
  4. 2006 副査 1
  5. 2005 副査 3

外部発表指導の実績

  1. 2016 1 20

社会貢献活動

  1. 合唱団『甲府コレギウム・アウレウム』指導 2013/06-2023/05 合唱指導
  2. 日本教育大学協会全国音楽部門 事務局長 2008/05/25-2010/05/25
  3. 高校生への公開授業 2016/08/03-2016/08/03 合唱指導
  4. 演奏会評 2016/03/22-2016/03/22
  5. 学内投票所について。 2015/04/23-2015/04/23

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 ハンブルク音楽院教授の学長表敬訪問を設定
  2. 2014 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 イギリス・バース男声合唱団との共演。11月8日キングズウェルホール
  3. 2013 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 ドイツ バーデン・ヴュルテンベルク州立ルートヴィヒスブルク教育大学との研究交流 教員招聘及びコンサート
  4. 2011 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 ドイツ バーデン・ヴルテンベルク州立ルートヴィヒスブルク教育大学との研究交流
  5. 2011 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 Ludwigsburg教育大学との研究交流(訪問)

所属学協会

  1. 日本声楽発声学会 2011/01-2021

学外委員

  1. 日本教育大学協会全国音楽部門大学部会 事務局長 2008/04-2010/03