山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
人間科学系(言語文化教育講座)

顔写真
教授

長谷川 千秋

ハセガワ チアキ
Hasegawa Chiaki

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員(1998~2001) 1998/04
  2. 山梨大学講師(教育人間科学部) 2003/02/01
  3. 山梨大学講師(留学生センター) 2003/04/01
  4. 山梨大学助教授(留学生センター) 2006/01/01
  5. 山梨大学准教授(教育人間科学部) 2008/04/01
  6. 山梨大学教授(教育学域) 2017/04/01

学歴

  1. 奈良女子大学 文学部 国語国文学科 1993/03/31 卒業 日本
  2. 奈良女子大学大学院 文学研究科 国文学専攻 修士 1995/03/31 修了 日本
  3. 奈良女子大学大学院 人間文化研究科 比較文化学専攻 博士 1999/03/31 修了 日本

学位

  1. 修士(文学) 奈良女子大学大学院 1995/03/31
  2. 博士(文学) 奈良女子大学大学院 1999/03/31

教育・研究活動状況

日本語学のうち日本語史・表記史・日本語学史を専門としています。近年は、平安時代における仮名の成立、および12世紀から13世紀にかけて仮名遣い・仮名文字遣へと展開する過程の解明や、また近世国学の祖とされる契沖の言語観および仮名遣観について研究しています。大学の講義では、国語学全般および日本語教員養成プログラムの社会言語学を担当しています。学外では、甲州の地誌『裏見寒話』の伝説を読み解く活動も行っています

研究分野

  1. 日本語学 日本語における文字表記史、国学、日本語史に関する研究

研究キーワード

  1. 表記史、仮名遣、仮名文字遣、音韻史、契沖、国学、日本語史、日本語学史

研究テーマ

  1. 中古から近世にかけての表記史研究、国学の研究

競争的資金等の研究課題

  1. 仮名の成立と展開―日本語表記の融合的研究 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2016/04/01-2019/03/31
  2. 国学における「仮名遣」の形成 科学研究費補助金 2012/04/01-2016/03/31
  3. 仮名表記の史的研究-書記行為の展相 科学研究費補助金 2009-2011
  4. 仮名遣書からみた中世・近世音韻史の研究 科学研究費補助金 2004/10-2007/03

著書

  1. 失われたことばに声を与えること―『中世口語の復元実演』を聴いて 長谷川千秋 - 2007/05/01
  2. 萬葉拾穂抄 影印・翻刻Ⅳ(巻十五~二十) 坂本信幸,長谷川千秋,鈴木榮一 - 塙書房 2006/01/01 拾穂抄巻十五から二十の翻刻、本文校訂の全てを担当。
  3. 萬葉拾穂抄 影印・翻刻Ⅲ(巻十~十四) 坂本信幸,長谷川千秋,鈴木榮一 - 塙書房 2004/10/01 拾穂抄巻十から十四の翻刻、本文校訂の全てを担当。
  4. 萬葉拾穂抄 影印・翻刻Ⅱ(巻五~九) 坂本信幸,長谷川千秋,鈴木榮一 - 塙書房 2003/10/01 拾穂抄巻五から九の翻刻、本文校訂の全てを担当。
  5. 萬葉拾穂抄 影印・翻刻 Ⅰ(巻一~四) 坂本信幸,長谷川千秋,鈴木榮一 - 塙書房 2002/10/01 拾穂抄巻一から四の翻刻、本文校訂の全てを担当。

論文

  1. (MISC)書評,文献紹介等 単著 2014・2015年度における日本語学界の展望 文字・表記(史的研究) 長谷川千秋 日本語の研究 12/ 3, 65-72 2016/07/01
  2. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 単著 契沖 長谷川千秋 日本語学 明治書院 35/ 4, 32-35 2016/04/01 特集 人物でたどる日本語学史
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 甲州文庫『大泉寺縁起』信玄誕生奇譚考 長谷川千秋 山梨大学国語・国文と国語教育 21, 56-68 2016/03/01
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 『和字正濫鈔』は仮名遣書か 長谷川千秋 国語文字史の研究 15, 107-124 2016/03/01
  5. 使用頻度からみた陽明文庫蔵二十巻本『類聚歌合』の用字法 長谷川千秋 山梨大学国語・国文と国語教育 20, 7-22 2015/03/01

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 平安期の仮名資料からみた仮名の成立 第37回表記研究会・シンポジウム「仮名の成立」 2017/01/21
  2. 口頭発表(一般) 契沖の仮名遣観 2013/01/26
  3. 口頭発表(一般) ワークショップ 仮名の成立と展開 報告2:かなの展開における「かなづかい」の成立の問題 日本語学会2012年度春季大会予稿集 2012/05/19
  4. 口頭発表(一般) 契沖の仮名遣の周辺―三手文庫蔵『万葉類聚』を中心に― 2010/01/23
  5. 口頭発表(一般) 仮名遣の多様性―定家以前の仮名遣―, 日本語学会2007年度春季大会予稿集 2007/05

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2000/10/01-2002/03/31 科学研究費 分担 万葉集校本データーベース 『萬葉拾穂抄』の翻刻担当

担当授業科目

  1. 学部入門ゼミ
  2. 国語学概論(音声言語及び文章表現を含む。)
  3. 国語学演習I
  4. 国語学研究法I
  5. 社会言語学

その他の教育実績

  1. 2016 新入生合宿研修

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2008 1 1 1 卒業論文のテーマ探しから、研究の進め方、基本文献の紹介、先行論文の検索方法、考察、論文の執筆まで、毎週1時間から2時間程度、課外で指導を行った。

修士・博士論文審査

  1. 2016 副査 1 1

社会貢献活動

  1. 山梨県立文学館・連続文学講座 2016/04-2017/12 江戸時代中期に編纂された、甲州の地誌『裏見寒話』の伝説を、他の地域に伝わる伝説や様々な文学作品(説話、浄瑠璃など)からの影響をたどりながら、文学作品として読む。

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 ユニタス日本語学校(甲府市)において弁論大会の審査委員を務める。

所属学協会

  1. 日本語教育学会 2009/11
  2. 日本語学会 1994/05

学外委員

  1. 日本語学会 大会企画運営委員 2015/06-2018/05