山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
教育学系(科学文化教育講座)

助教

佐々木 智謙

ササキ トモノリ
Sasaki Tomonori

経歴

  1. 山梨県立巨摩高等学校 2010/04/01-2016/03/31
  2. 山梨大学 教育学部 助教 2016/04/01

学歴

  1. 山梨大学 教育学研究科 修士 2009/03/31 修了 日本
  2. 山梨大学 教育学研究科 研究生 2010/03/31 修了 日本

学位

  1. 修士(教育学) 山梨大学 大学院 教育学研究科 山梨大学 教育学研究科 2009/03/23

教育・研究活動状況

自然科学に対する一人ひとりの子どもの認識を大切にした理科学習指導の在り方について,研究を行っています。
具体的には,小学生,中学生,高校生,及び大学生(教員志望学生)が保持する非科学的認識を,科学的認識へと変容・再構成するための理科学習・指導方法,及び評価方法等について,研究しています。

研究分野

  1. 教科教育学 理科教育学
  2. 教科教育学 科学教育

研究キーワード

  1. 理科教育学
  2. 生物教育
  3. 理科教員養成
  4. 自然認識

研究テーマ

  1. 理科教員志望学生養成のためのプログラム研究
  2. 学習者の自然認識課程に関する研究
  3. 理科における効果的な教授学習過程の実証的研究

競争的資金等の研究課題

  1. 理科授業におけるICT機器の活用力を育む教員養成・研修プログラムの開発 科学研究費補助金 若手研究(B) 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 2017/04/01-2020/03/31

著書

  1. 新訂 平成29年版学習指導要領対応 理科教育入門書 松森靖夫,森本信也,和田一郎,加藤圭司,黒田篤志,佐藤寛之,佐々木智謙,小野瀬倫也,渡辺理文 東洋館出版社 2018/03 9784491034881 理科を教えることに対して不安を抱く学生や若い先生に向けた易しい理科教育入門書である。平成29年版小学校学習指導要領対応しており,理科の授業づくりに関する52の悩みや疑問に対して答えている。

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 小学校教員志望学生を対象とした酸とアルカリに関する認識調査 佐藤寛之,佐々木智謙,松森靖夫,望月健人,萩原修 教育実践学研究 : 山梨大学教育学部附属教育実践研究指導センター研究紀要 山梨大学教育学部附属教育実践研究指導センター 23, 103-114 2018/03/31 小・中学校の理科学習において,水溶液に関する学習は身の回りの物質への理解を深化・拡大させていくためにも重要な意味や意  義をもつものといえる.そのため,水溶液に関する学習を指導・支援する教師には,適切な科学的概念の構築が授業をデザインしていくうえでも必要となってくる.そこで,本研究では,酸と塩基における代替的な概念や誤概念に関するHanqing & Lauraの指摘をもとに,小学校教員志望学生を対象とした酸とアルカリに関する認識状態を把握することを目的として,質問紙調査を実施した.その結果,水溶液の「液性」「中和と塩」「液性の強さ」において,学生は低い認識状態にあることが明らかとなった.
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 天球概念の認識達成を志向した学習指導方策の提案 佐々木智謙,松森靖夫 教育実践学研究 : 山梨大学教育学部附属教育実践研究指導センター研究紀要 山梨大学教育学部附属教育実践研究指導センター 23, 137-145 2018/03/31 本稿では,天球概念の認識達成を志向した学習指導方策を提案した.得られた知見は,次の通りである.(1)計2種類の学習指導方法(学習指導資料を使用した指導,及び解決構築を活用した面接指導)を選定したこと,(2)天球概念の認識達成に要求される計7の知識・思考等(A-1~C-3)を抽出したこと,及び(3)計9の学習指導資料(学習指導資料1~9)を作成したこと
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 心臓の構造に関する小学校教員志望学生の認識状態の分析 佐々木智謙,佐藤寛之,松森靖夫 理科教育学研究 日本理科教育学会 58/ 3, 239-249 2018/03/01 本研究の主な目的は,心臓の構造に関する小学校教員志望学生の認識状態を明らかにすることにある。具体的には,心臓の内部構造及び心臓に繋がる血管の様子を,質問紙法によって調査した。得られた主な知見は以下の通りである。(1)心臓の構造について科学的に正しい認識を有する学生は皆無であり,学生の回答は計44の模式図に分類できたこと。(2)心臓内部に閉鎖的空間をもつ構造,及び心臓内部の左右の心室間に血流経路を示した学生は各10%以上存在したこと。(3)心臓内部の構造に弁を示した回答は43.3%であり,計4の弁(僧帽弁,大動脈弁,三尖弁,及び肺動脈弁)を科学的に正しい位置と向きに示すことができた学生は1人のみであったこと。(4)心臓内部の各部屋に連結する計6の血管の位置を正しく回答できた学生は1人のみであったこと。上記(1)~(4)の学生の実態に基づきながら,更に学習指導を要する心臓の構造についての知識・思考等を抽出した。
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 ICT機器を活用した高等学校理科授業の設計-ミクロメーターの指導を事例にして- 佐々木智謙 教育実践学研究:山梨大学教育人間科学部附属教育実践総合センター研究紀要 山梨大学教育学部附属教育実践総合センター 22, 95-102 2017/03/31 1881-6169 本稿では,高校生を対象にしたICT 機器を活用したミクロメーターの指導に関する理科授業を設計した.本授業の特徴は以下の3点である.(1)ICT 機器を活用した教材提示により顕微鏡内の様子を再現できるため,口頭よりも状況説明が容易であり授業時間の短縮も期待できること,(2)2種類のミクロメーターを使用する理由や微視的な試料を計測する原理を認識した上で,計算問題等の実践演習へと移行できること,及び(3)パワーポイントを使用した教材化を行うことで,反復指導等の効率化が図られること.
  5. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 思考実験を活用し,仮説づくりを中心とした中学校理科授業実践:質量の異なる物体の自由落下運動を事例にして 宮澤和孝,松森靖夫,佐藤寛之,佐々木智謙 教育実践学研究:山梨大学教育人間科学部附属教育実践総合センター研究紀要 山梨大学教育学部附属教育実践総合センター 22, 169-178 2017/03/31 本実践研究では,中学校第3学年を対象にして,課題「質量が違う2つの物体の自由落下」に対する仮説を立てながら,学習に取り組ませた。その結果,約90%の生徒が,「質量の大きい鉄球と小さい木球をひもでつけたものと,鉄球がどのように落下すれば自分たちの仮説が正しいと説明できるか」に対する論理的説明ができた。

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 心臓に関する小学校教員志望学生の認識状態の分析ー内部構造と連結する血管に着目してー 日本生物教育学会第101回全国大会 2018/01/07
  2. 口頭発表(一般) 液性の強さについての認識を高める理科授業デザインに関する考察 日本理科教育学会第56回関東支部 2017/12/09
  3. 口頭発表(一般) 心臓に関する展示物が及ぼす子どもの認識への影響ー山梨県立科学館を事例にしてー 日本理科教育学会第56回関東支部大会 2017/12/09
  4. 口頭発表(一般) 昆虫の体のつくりに関する認識状態の分析-小学校教員志望学生・現職の小学校教員を対象にして- 日本理科教育学会第56回関東支部大会 2017/12/09
  5. 口頭発表(一般) ICT 機器を活用した理科学習指導方策の提案ー ミクロメーターの指導を事例にして ー 日本理科教育学会第56回関東支部大会 2017/12/09

担当授業科目

  1. 学部入門ゼミ
  2. 初等理科教育学
  3. 中等理科教育法
  4. 中等理科教育法Ⅰ
  5. 理科教育学原論

教育実績

  1. 平成29年度第3回教育学部FD研修会 2018/01/17-2018/01/17
  2. 新しい3ポリシーに対応したカリキュラムを考えるFDワークショップ 2017/09/11-2017/09/11
  3. 平成29年度第2回教育学部FD研修会 2017/06/28-2017/06/28
  4. 第15回全学教育FD研修会(アクティブラーニング講習会) 2017/03/30-2017/03/30
  5. 山梨大学のブランド力向上のための課題について 2017/03/29-2017/03/29

その他の教育実績

  1. 2017 CST(コア・サイエンス・ティーチャー)養成事業のプログラムにおける外部講演・実習等の引率
  2. 2016 CST(コア・サイエンス・ティーチャー)養成事業のプログラムにおける外部講演・実習等の引率

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2017 1 1 1 1 3 修士論文作成に不可欠な研究方法を磨き、オリジナリティーを有する理科教育学研究を支援する。 12 300
  2. 学部卒業論文指導 2017 4 4 4 4 3 卒業論文作成に不可欠な研究方法を磨き、オリジナリティーを有する理科教育学研究を支援する。 12 300
  3. 修士学位論文指導 2016 1 1 1 1 3 修士論文作成に不可欠な研究方法を磨き、オリジナリティーを有する理科教育学研究を支援する。 12 300
  4. 学部卒業論文指導 2016 2 3 2 2 3 卒業論文作成に不可欠な研究方法を磨き、オリジナリティーを有する理科教育学研究を支援する。 12 300

その他の学部学生指導

  1. 2017 30
  2. 2016 30

外部発表指導の実績

  1. 2017 3 30 3 30
  2. 2016 3 30 3 30

社会貢献活動

  1. 平成29年度中等教育公開研究会/第3回事前研究会 2018/01/29-2018/01/29
  2. 平成29年度中等教育研究会 2017/10/21-2017/10/21
  3. 平成29年度中等教育公開研究会/第2回事前研究会 2017/08/22-2017/08/22
  4. 山梨県下高校生への公開授業 2017/08/01-2017/08/01
  5. 平成29年度中等教育公開研究会/第1回事前研究会 2017/07/07-2017/07/07

所属学協会

  1. 日本科学教育学会 2008/04
  2. 日本生物教育学会 2008/04
  3. 日本地学教育学会 2007/04
  4. 日本理科教育学会 2006/07

学外委員

  1. 日本理科教育学会 「理科教育学研究」特集号編集委員会 編集委員 2017/08
  2. 日本理科教育学会 「理科教育学研究」編集委員会 事務局員 2017/04/01