山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
人間科学系(社会文化教育講座)

顔写真
教授

皆川 卓

ミナガワ タク
Minagawa Taku

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員(PD)(~2002年3月) 1999/04
  2. 早稲田大学非常勤講師(~2008年3月) 2001/04
  3. 山梨大学教育人間科学部准教授 2007/04
  4. 山梨大学教育学部教授 2016/04/01

学歴

  1. 早稲田大学 1991/03
  2. 早稲田大学 1993/03
  3. 1996/09
  4. 早稲田大学 1999/03

学位

  1. 博士(文学) 早稲田大学 2003/30

教育・研究活動状況

Lecture and Seminar pf the Early Modern European History, especially the political culture of Central Europe, relationship between law, philosophy, culture and political order. Constitution and structure of Holy Romane Empire, including Italian feuds(Reichsitalien)

研究分野

  1. 西洋史 近世ドイツ国制史・近世ドイツ政治理論史

研究キーワード

  1. 等族制・比較国制史・契約的秩序・主権・暴力の管理・司法・皇帝裁判権

研究テーマ

  1. 等族同盟・神聖ローマ帝国国制・西南ドイツ領邦国制・近世北イタリア制度史

競争的資金等の研究課題

  1. 中近世ヨーロッパにおける「正しい認識力」観念の変遷 科学研究費補助金 基盤研究(B) 2017/04/01-2020/03/31 ヨーロッパ知識人および政治的アクターのコミュニケーション空間における他者の「正しい認識力」の観念を、中近世ヨーロッパの各地から収集することによって、ヨーロッパ的秩序形成の歴史的特徴を把握するためのデータベースを得る。

著書

  1. ヨーロッパの政治文化史ー統合・分裂・戦争 シュヴァーベン・クライスの「常備軍」 成文堂 2018/03/25 4792371082
  2. 記憶と忘却のドイツ宗教改革 踊共二(編著者)、森田安一、渡辺伸、高津秀之、皆川卓他 神聖ローマ帝国の多宗派化と三十年戦争――「神の帝国」と共存の政治学  ミネルヴァ書房 2017/10/31
  3. 神聖ローマ帝国は連邦国家か 皆川卓 - 創文社 2009/04/01
  4. 近世ヨーロッパの国家間における仲裁 皆川卓 - 創文社 2007/11/01
  5. 井内敏夫,豊田和二,千脇修,五十嵐修,丹下栄,青野公彦,田中史高,踊共二,皆川卓,蝶野立彦,白木太一,小原淳,今村労,草野佳矢子,渡辺雅哉,小森宏美 - 太陽出版 2007/03/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 Der Kapuziner Marco d'Aviano, und die Reichspolitik des Kaisers Leopold I Taku Minagawa Annali dell'Istituto storico italo-germanico in Trento 42, 2016/2 Mulino/Duncker&Humboldt 42, 73-90 2017/02/01
  2. Border conflict between Bohemia and Bavaria-comparative history Taku Minagawa Alpine communities and conflicts from late Middle Ages to early Modernity 2015/11/01
  3. トレント公会議以降の神聖ローマ帝国におけるイエズス会の政治思想―暴君放伐論から「理性」へのディスクール― 西洋史論叢 36, 61-71 2014/12/01
  4. 良心の問題か現実の必要か-改暦紛争の神聖ローマ帝国 皆川卓 甚野尚志・益田朋幸編『ヨーロッパ中世の時間意識』 93-118 2012/05/01
  5. ドイツ近世史の目 皆川卓 蔵持重裕・服部良久編『紛争史の現在』 2010/10/01

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 15世紀末の西南ドイツにおける人文主義者、政治と地域的アイデンティティ Internationales Symposium Texte, Gelehrte und Politik im Zeitalter der Renaissance 2017/02/20
  2. 口頭発表(招待・特別) 「殉教の「発見」-イエズス会士カルロ・スピノラの時代における「非暴力的な」自己規律の社会的背景」 ブルーノ=ケスラー財団ドイツ・イタリア研究所「中近世の宗教の歴史:ヨーロッパと日本からの視角 第3回ワークショップ『宗教と暴力』」 2016/11/26 URL
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 17世紀絶対主義領邦における「理性」 日本西洋史学会第62回大会小シンポジウム 2012/05
  4. 口頭発表(招待・特別) Comment on Barbara Stollberg-Rilinger, "Rituals of Decision Making?" Assemblies of Estates in Early Modern Europe 国際研究集会「中近世ヨーロッパにおける政治秩序とコミュニケーションの諸形態」 2012/03
  5. 口頭発表(一般) From the historical viwe of the Holy Roman Empire 「近世ヨーロッパ周縁世界における国家編成の比較研究」ワークショップ 2012/02/13

上記以外の発表の総数

  1. 2014 1 3
  2. 2013 1 1

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2018/04/01 科学研究費補助金/基盤研究(B) 分担 中近世ヨーロッパにおける宗教と暴力 三十年戦争時代ドイツの宗派対立
  2. 2017/04/01 科学研究費補助金/基盤研究(B) 代表 中近世ヨーロッパにおける「正しい認識力」観念の変遷 近世神聖ローマ帝国の外交を担当し、かつ全体を統括。 成果:「神聖ローマ帝国の多宗派化と三十年戦争」踊共二編著『記憶と忘却のドイツ宗教改革』ミネルヴァ書房 2017年10月
  3. 2009/04/01-2014/03/31 科学研究費補助金/基盤研究(A) 分担 中・近世ヨーロッパにおけるコミュニケーションと紛争・秩序 担当:グループB「帝国・王国における諸地域の分立・統合とコミュニケーション」
  4. 2008/04/01-2011/03/31 科学研究費補助金/基盤研究(C) 代表 近世ヨーロッパにおける国際的仲裁の比較研究

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2017 5 1
  2. 学部卒業論文指導 2016 3 3 1 卒論指導(中世ドイツ軍制、近世ドイツ軍制、フランス革命) 12 60

その他の学部学生指導

  1. 2017 2016-2018 コース主任

社会貢献活動

  1. 神聖ローマ帝国-歴史を見る目を養う 2017/11/14-2017/11/14 神聖ローマ帝国の国制とその改造を通して、近現代の歴史における価値判断を再考する。
  2. 山梨大学FUTURE SEED 教育学部紹介 10月5日・10月12日 2017/10/05-2017/10/12 教育学部の教員養成機能を中心としたカリキュラム、キャンパスライフ紹介。
  3. 神聖ローマ帝国とハプスブルク 2009/04/01-2017/12/31

所属学協会

  1. 史学会 2000
  2. 比較都市史研究会 1996/06
  3. 法制史学会 1992
  4. 歴史学研究会 1991/05

学外委員

  1. 歴史学研究会 委員 2001/05-2003/05