山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
教育学系(教育支援科学講座)

顔写真
教授

平井 貴美代

ヒライ キミヨ
Hirai Kimiyo

経歴

  1. 高知大学教育学部助教授 1999/10/01
  2. 山梨大学教育人間科学部教授 2008/10/01

学歴

  1. 東京外国語大学 1986/03/25
  2. 筑波大学 1994/03/25
  3. 筑波大学 1999/03/31

学位

  1. 教育学修士 筑波大学大学院 2004/03/25

研究分野

  1. 教育学
  2. 経営学

研究キーワード

  1. 学校経営学
  2. 教育経営学

研究テーマ

  1. 学校管理経営論におけるコミュニティの位置づけに関する比較史的研究
  2. 地方自治システムとしての教育委員会の制度化過程
  3. 教師の「働き方」改革
  4. 学校管理職の養成システムとプログラム開発に関する総合的研究
  5. 教師の学校経営参加
  6. 学校経営の歴史的研究

競争的資金等の研究課題

  1. 地方自治システムとしての教育委員会の制度化過程に関する研究――占領期に焦点づけて 科学研究費補助金 2014/04/01-2017/03/31
  2. 学校管理経営論におけるコミュニティの位置づけに関する比較史的研究 科学研究費補助金 2011/04/01-2014/03/31

著書

  1. 学校づくりと学校経営 小島弘道、勝野正章、平井貴美代 学校経営はどのように語られ論じられてきたか(第4章)、戦後教育論争史からみる学校経営(第5章) 学文社 2016/09/20
  2. 学校教育の戦後70年史 浜田博文、加藤崇英、平井貴美代、ほか17名 1945年~1954年、教育基本法 小学館 2016/07/02
  3. 最新教育基本用語 水本徳明,浜田博文,平井貴美代,加藤崇英,岩永定,その他24名 66-3 小学館 2011/04/01

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 教育を掌る「日本型」教職の起源に関する考察 平井貴美代 山梨大学教育学部紀要 山梨大学教育学部 27, 1-20 2018/03/31
  2. 研究論文(その他学術会議資料等) 単著 日本における学校「適正」規模政策の歴史 平井貴美代 人口減少社会における地域共生に資する学校の適正規模・学校適正配置に関する研究 平成26~29年度科学研究費補助金(基盤研究(B)26285173研究成果報告書) 45-65 2018/02
  3. (MISC)機関テクニカルレポート,プレプリント等 単著 小・中・高等学校の連携 平井貴美代 小・中・高等学校の再編整備と地域創生を視野に入れた教育施策 平成26~29年度科学研究費補助金(基盤研究(B)26285173研究成果報告書) 14-19 2017/12/01
  4. (MISC)その他記事 単著 47都道府県 注目の教育課題 山梨県 平井貴美代 教職研修 542, 127-127 2017/10/01
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 戦後日本の教育行政組織における「学区」構想の意義について 平井貴美代 山梨大学教育学部紀要 山梨大学教育学部 1/ 25, 9-18 2017/03/07

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 日本型「教職」システムの形成過程:「官」と民間の雇用システムとの比較分析から 日本教育経営学会第57回大会 2017/06/11
  2. 口頭発表(一般) 小・中・高等学校の再編整備と地域創生を視野に入れた教育施策:過疎市町村の比較分析 日本教育行政学会第51回大会 2016/10/09
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 日本型教育経営システムの有効性に関する研究:新たな学校像における教育の専門性(1)――担い手(スタッフ)に注目して―― 日本教育経営学会第56回大会 2016/06/12
  4. 口頭発表(一般) 「ストップ人口減少」政策と教育経営 日本教育経営学会第55回大会プログラム・要旨集 2015/06/20
  5. 口頭発表(一般) 教育委員会再編過程における「学区」(school district)論再考――2つの占領の比較分析から―― 日本教育経営学会第55回大会プログラム・要旨集 2015/06/20

担当授業科目

  1. 授業実践論

その他の教育実績

  1. 2017 大学院授業の講義内容を大きく変えて、組織マネジメントやリーダーシップの理論を身近に感じながら学び、そこから教育への適応可能性を議論するような内容構成に変えたところ、受講生の数が大幅に増えた。次年度は内容面でのさらなる充実を目指したい。
  2. 2016 引き続きプレゼン中心の演習形式の授業の改善に取り組んだ。とくに大学院の授業では、プレゼンの振り返りや評価の活動について効果的な方法を工夫することができた。

社会貢献活動

  1. 良い学校とは何か 2017/09/27-2017/09/27
  2. 良い学校とは何か 2017/09/22-2017/09/22

所属学協会

  1. 日本学習社会学会 2004/04
  2. 日本高校教育学会 2001/09
  3. 日本教育行政学会 1999/10
  4. 日本教育学会 1996/06
  5. 日本教育経営学会 1993/04

学外委員

  1. 山梨県小中連携研究協議会 副委員長 2017/05/30-2018/03/31
  2. 日本学習社会学会 理事 2016/09/05-2019/09
  3. 日本高校教育学会・年報編集委員会 委員 2013/01-2020/12
  4. 日本教育経営学会・研究推進委員会 委員 2012/06-2018/05
  5. 山梨県私立学校審議会 委員 2011/11/25-2019/11/24