山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
人間科学系(身体文化教育講座)

顔写真
教授

木島 章文

キジマ アキフミ
Kijima Akifumi

経歴

  1. 学校法人福山大学 福山平成大学福祉健康学部 准教授 2011/03/31
  2. 山梨大学 教育人間科学部 准教授 2011/04/01
  3. 山梨大学 教育学部 教授 2016/04/01

学歴

  1. 筑波大学 2000/03/31

学位

  1. 博士(体育科学) 筑波大学 2002/12/31

研究分野

  1. 身体運動学 知覚運動制御と学習

研究キーワード

  1. ゲーム,個人間協応,知覚運動制御と学習

研究テーマ

  1. 対人協応における環境の幾何学的拘束
  2. 移動方向の予測手がかり
  3. 対人ゲームにおける競合動作パタンの解析
  4. 集団ボールゲームにおける協調・競合動作パタンの解析

競争的資金等の研究課題

  1. 環境の幾何学条件に応じた役割切替え能力の発達 科学研究費補助金 基盤B 2017/04/01-2020/03/31
  2. 集団技の原理解明によるヒトの社会性と協応ロボット群の育成 他の外部資金 分野横断的融合研究プロジェク ト 2016/04/01-2019/03/31
  3. 対人競技における有効なフェイント動作の解明 科学研究費補助金 基盤C 2016/04/01-2019/03/31
  4. 分岐現象としてのサッカーシュートシーンの予測 科学研究費補助金 挑戦的萌芽 2016/04/01-2019/03/31
  5. 3次元視線‐動作計測による視覚‐運動協調機序の解明とスキルトレーニングへの応用 科学研究費補助金 基盤A 2013/04/01-2017/03/31

著書

  1. Interpersonal coordination in competitive sports contexts: martial ars Yuji Yamamoto,Motoki Okumura,Keiko Yokoyama,Akifumi Kijima - Routledge 2016/07/01
  2. 運動における予測の役割,運動における速さと精度 中込四郎,山本裕二(監) - ミネルバ書房 2012/03/01
  3. 身体運動学:行動選択の規準と運動の経済性(翻訳本) 松尾知之・木島章文,他(訳);W.A.Sparrow(Ed.) - 大修館書店 2006/06/01

論文

  1. Perception of Affordances for Striking Regulates Interpersonal Distance Maneuvers of Intermediate and Expert Players in Kendo Matches Okumura, Motoki,Akifumi Kijima,Yuji Yamamoto Ecological Psychology 29/ 1, 1-22 2017/01/01
  2. Effects of agent-environment symmetry on the coordination dynamics of triadic jumping. Kijima, A.,Shima, H.,Okumura, M.,Yamamoto, Y.,Richardson, M. J. Frontiers in Psychology 8 2017/01/01
  3. Synchronization in flickering of three-coupled candle flames. Okamoto, K.,Kijima, A.,Umeno, Y.,Shima, H. Scientific Reports 6 2016/10/01
  4. Emergence of self-similarity in football dynamics Akifumi Kijima,Keiko Yokoyama,Hiroyuki Shima,Yuji Yamamoto Eur. Phys. J. B 87/ 41 2014/03/01
  5. Joint action syntax in Japanese martial arts Yuji Yamamoto,Keiko Yokoyama,Motoki Okumura,Akifumi Kijima,Koji Kadota,Kazutoshi Gohara PLoS ONE e72436 2013/08/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) リーダーの参加が児童の共同行為に与える効果 日本体育学会第67回大会 2016/08/26
  2. 口頭発表(一般) Support for Motor Learning by Visualizing the Similarity of Sports Form - Examining Effective Image Features in Back Hip Circle Videos of Children icSports2014 2014/10/25
  3. 口頭発表(一般) 一致タイミング標的の接近速度に応じた視線動作と反応動作のパタン分類 日本体育学会第65回大会 2014/08/27
  4. 口頭発表(一般) 対人ゲームにおける敗けない距離勘の生成 日本心理学会第77回大会公募シンポジウム:動きに潜む同期現象を探る 2013/09/21
  5. その他 Interpersonal distance emerges as an "not-to-lose" strategy in a play-tag sport game. IXth internationnal symposium Progress in Motor Control. 2013/07/15

受賞

  1. 第2回非線形問題研究会・発表奨励賞 2015/06 ロウソク炎の同期振動におけるフラストレーション効果
  2. 2014 international congress excellent poster award 2014/08 ynamics and expertise in interpersonal distance maneuvers in kendo
  3. NICOGRAPH論文コンテスト最優秀ポスター賞 2010/09/24 サッカーの試合における前線推移の時系列

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2016/04/01-2019/03/31 分野横断的融合研究プロジェクト 代表 集団技の原理解明によるヒトの社会性と協応ロボット群の育成

スポーツにおける競技実績

  1. 関東大学男子バレーボールリーグ2部ー3部入替え 亜細亜大学 2017/05/27 バレーボール 3部リーグ降格
  2. 関東大学男子バレーボールリーグ2部ー3部入替え 亜細亜大学 2014/05/31 バレーボール 2部昇格
  3. 関東大学男子バレーボール3部リーグ 平成国際大学(埼玉),山梨大学(山梨) 2014/04/17 バレーボール 優勝

担当授業科目

  1. 体育心理学
  2. 体育心理学演習
  3. 運動学
  4. 運動学演習
  5. 生活と健康 I

修士・博士論文審査

  1. 2016 副査 2
  2. 2016 主査 1

所属学協会

  1. 日本スポーツ心理学会 1998/04
  2. 日本体育学会 1995/04