山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
人間科学系(芸術文化教育講座)

顔写真
准教授

大内 邦靖

オオウチ クニヤス
Ouchi Kuniyasu

プロフィール

  1. 東京学芸大学卒業(1989年)。同大学院修了(1991年)
    桐朋学園大学オーケストラ研究生(1988年から1991年)
    1992年東京文化会館新進演奏家デビューコンサート出演
    1994年Euro-Japan Music Academyにおいて「奨励賞」受賞
    1995年AOI音楽館主催、第一回「静岡の名手」コンサートに出演
    1996年Euro-Japan Music Academyにおいて大賞受賞
    1997年第1回大阪トロンボーンコンペティション ソロ部門入選。
    1997年と2000年イタリア・ポルチア国際音楽コンクール2大会でセミファイナリスト
    1997年(東京)、2006年(岡山)、2008年(東京)、2017年(東京、サクバット)にソロリサイタルを開催

    2008年、ハイパートロンボーンズ(Trb. Trio)によるCD「Hyper Trombones Vol.1」リリース
    1996年吹奏楽雑誌「バンドピープル」トロンボーンセミナー執筆
    トロンボーンやブラスアンサンブルのための作・編曲作品が「KOOWS Edition」「Hyper Collection」から多数出版
    2003年に重度の顔面神経麻痺を発症するも、そこからの復帰経験を活かし、奏法の基礎研究および顔面神経麻痺、顔面痙攣、アンブシュアジストニアなどの顔面の病気による奏法上の障害とリカバリーについて研究

    2012年よりピリオド楽器(サクバット)による古楽の演奏活動を始動。これまでに甲府バッハアカデミーサクバットセミナー(2013)、アントネッロのオペラフレスカ(2013、2016、2017)、ヘンデルフェスティバル・ジャパン(2015)、コントラポントのVespro(2015 CDおよびハイレゾ音源配信、2017)、対峙する弦と管(2015、2016)、オルフェオ・ジャパン(2016 日伊修好150年記念)等に参加。
    山梨大学大学院芸術文化教育講座准教授(2012~)。玉川大学芸術学部非常勤講師(1995~2017)。日本トロンボーン協会会員、日本管打・吹奏楽学会会員(2010~)、日本顔面神経学会会員(2010~)、日本顔学会会員(2010~2013)。日本音楽表現学会会員(2013~)。日本吹奏楽指導者協会(2014~)
    TBSこども音楽コンクール審査員(2011~)。

経歴

  1. 玉川大学 芸術学部 芸術教育学科 非常勤講師 1995/04/01-2017/03/31
  2. 山梨大学 大学院 教育学研究科 芸術文化教育講座 准教授 2012/04/01

学歴

  1. 東京学芸大学 1989/03/31
  2. 東京学芸大学 1991/03/31

学位

  1. 教育学士 東京学芸大学 1989/03/31
  2. 教育学修士 東京学芸大学 大学院 1991/03/31

教育・研究活動状況

主に、ルネサンス・初期バロックなどの金管古楽に関する演奏研究
演奏家の障害からのリカバリー
生涯学習におけるトロンボーンアンサンブル活動の振興と質の向上

研究分野

  1. 芸術一般 金管古楽
  2. 教育学 金管楽器(トロンボーン) 合奏法
  3. 教育学 演奏家の障害からのリカバリー

研究キーワード

  1. トロンボーン
  2. 顔面神経麻痺 アンブシュアジストニア 顔面痙攣
  3. 生涯学習

研究テーマ

  1. トロンボーン奏法についての基礎研究
  2. トロンボーンアンサンブルによる生涯学習および文化振興
  3. 管楽器奏者のQOLに影響を及ぼす顔面の疾病について (顔面神経麻痺、アンブシュアジストニア、顔面痙攣)
  4. トロンボーンの為の音楽の振興と開発
  5. ピリオド楽器(サクバット)による古楽表現の研究

共同・受託研究希望テーマ

  1. 演奏家のフォーカルジストニア 特に金管楽器におけるアンブシュアジストニアの機序解明とリカバリー 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究
  2. 奏法互換性を高めた古楽器および付属品の開発(サクバット) 金管古楽においては、モダン楽器との奏法互換性が低いために人材育成に壁を生じている。古楽的美学を堅持しながらも、扱いやすい楽器やマウスピースの開発の必要がある。 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究

著書

  1. 求められる管楽器指導力 玉川大学芸術学部芸術教育学科 2016/09/09 器楽I、IIについての授業成果報告
  2. 誰も寝てはならぬ(トロンボーン4重奏版) No.705- クーズエディション 2015/03/01
  3. 「重度の顔面神経麻痺からこうして復帰した」 -399 杉原書店 2014/10/01 インタビュー形式
  4. マイケル・ラス社製トロンボーン 試奏評 -201307 音楽之友社 2013/06/01
  5. 2本のバストロンボーンと5本のトロンボーンのための TKB 25 大内邦靖 No.703- クーズエディション 2012/09/01 自作品 楽譜

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 地域連携における管弦打楽器教員の果たすべき役割と可能性について -山梨大学芸術文化推進事業と関連する活動の実践報告から- 2015/05/16
  2. 口頭発表(招待・特別) 顔面神経麻痺の管楽器奏者に及ぼすQOL低下と治療の方針選択について 2014/05/28

芸術活動、建築作品等

  1. 芸術活動 単独 歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」、ロンドンデリーエアー 2017/07/17-2017/07/17 独奏者として大編成トロンボーンアンサンブルと共演
  2. 芸術活動 共同 <ミサ曲 古楽演奏> 聖母マリアの夕べの祈り(C.モンテヴェルディ) 2017/05/24 古楽合奏団コントラポントによる第24回定期公演。モンテヴェルディ生誕450年を記念しての大規模作品のピリオド演奏。
  3. 芸術活動 単独 <リサイタル(古楽)> G.M.チェザーレ「カンツォン・ヒエロニマ」、D.カステロ「カンツォン第4番」、G.ピッキ「カンツォン第3番」「カンツォン第6番」 2017/05/06 初期バロック期のトロンボーンのためのオリジナル作品を発掘、演奏。A=466Hzでの当時のスライドポジションにより演奏。
  4. 芸術活動 単独 <リサイタル(古楽)アウトリーチ公演> P.A.マリアーニ「技巧的カンツォン」、G.M.チェザーレ「カンツォン・ヒエロニマ」「カンツォン・アウグスターナ」他 2017/04/23-2017/05/04 17世紀初頭のトロンボーンのための作品を中心に、ヴァイオリンや声楽との共演作品を演奏。
  5. 芸術活動 単独 <現代音楽・独奏曲演奏> 西風の記憶〜トロンボーンとピアノのための〜(藤原嘉文) 2017/03/04 現代作曲家の作品展におけるトロンボーン独奏曲の演奏

上記以外の発表の総数

  1. 2016 2 0 2

受賞

  1. 第14回佐川吉男音楽賞 オペラ「エウリディーチェ」 2016/09/26
  2. 「現代の音楽展 トロンボーン・フェスタ」入選 2000/03 「3本のトロンボーンの為のシステム7」(大内邦靖) System 7 for 3 Trombones (Kuniyasu Ouchi)
  3. 第1回大阪トロンボーン・コンペティション 独奏部門 入選 1997/08
  4. 大賞(ビュッフェ・クランポン賞) 1996/07
  5. 奨励賞(ブージー・アンド・ホークス賞) 1994/07

その他の学部学生指導

  1. 2016 180 管楽器専攻学生への日常的指導 卒業演奏会、水曜イブニングコンサートなどの指導 10 教育実習研究会、観察実習等への引率、指導 10 オーケストラなどへの指導、援助

社会貢献活動

  1. 21世紀の音楽創造 山梨ゆかりの作曲家による作品コンサート 2017/03/04
  2. 作曲セミナーPart 2「作曲の現場から」 2017/02/22 一般向け現代音楽啓蒙セミナー
  3. 作曲セミナーPart 1「ゴジラのテーマも現代音楽?!」 2017/02/08 一般向け現代音楽啓蒙セミナー
  4. 山梨県管打楽器ソロコンテスト 2017/02/04-2017/02/05 コンクール運営
  5. 全日本吹奏楽連盟アンサンブルコンテスト静岡県大会審査員 2017/01/21 室内楽コンクールの審査

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 やまなし留学生スピーチコンテスト実行委員長
  2. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 ジャパン・オルフェオ(日伊修好150年記念オペラ)友好の架け橋国際音楽親善協会主催

所属学協会

  1. 日本吹奏楽指導者協会 2014/06
  2. 日本音楽表現学会 2012/07
  3. 日本トロンボーン協会 2009/04
  4. 日本管打・吹奏楽学会 2009/04
  5. 日本顔面神経学会 2009/04