山梨大学
大学院 総合研究部 教育学域
教育学系(社会文化教育講座)

准教授

後藤 賢次郎

ゴトウ ケンジロウ
Goto Kenjiro

経歴

  1. 広島市立高校 非常勤講師 2008/04
  2. 広島大学大学院教育学研究科 特任助教 2012/04
  3. 山梨大学 講師 2013/09/01
  4. 山梨大学 准教授 2015/12/01

学歴

  1. 鳴門教育大学 学校教育学部 中学校教育専修社会科教育コース 2007/03 卒業
  2. 広島大学 教育学研究科 科学文化教育学専攻 博士前期 2009/03/23 修了
  3. 広島大学 教育学研究科 文化教育開発専攻 博士後期 2012/03/23 修了

学位

  1. 博士(教育学) 広島大学 2012/03/23

研究分野

  1. 教科教育学 社会科教育

研究キーワード

  1. 社会科教育思想研究,ゲートキーピング,実践知,市民育成に関わる人材育成

研究テーマ

  1. 社会科教育思想,特に社会科教育に携わる研究者と教師が持つ形式知・実践知・暗黙知とその獲得過程,要因の解明と,社会科教育における「人材」育成への還元

共同・受託研究希望テーマ

  1. 社会改善,社会づくりを担う市民の育成や支援の実践的研究 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究 多様な専門性や関心を持った,教育・研究機関,民間の方々とのコラボレーションができたらと思っています。

競争的資金等の研究課題

  1. 主権者教育の担い手のコラボレーションを促す実践研究 科学研究費補助金 平成29年度 若手研究(B) 2017-2019
  2. 教科教育学のパラダイムと社会的責任の国際比較-社会科教育研究者が果たす役割とは- 科学研究費補助金 基盤B 2015-2017
  3. 社会科教育研究・実践の改善に資する「研究法ハンドブック」の日米共同開発 科学研究費補助金 2010-2012

著書

  1. 世界の研究動向から考える 社会科授業の理解に役立つ12キー概念 リレー連載1 Progressivism 進歩主義 多様なアプローチを包み込み,社会科を問い直してきた原動力 明治図書出版 2018/03/12
  2. 子どもが「学び合う」とはどういうこと?どうすればできる? 後藤賢次郎,那須栄樹 - 明治図書出版 2015/10/01
  3. 規範的・原理的研究とその新展開 海外研究誌に学ぶ「斬新な研究」 後藤賢次郎 - 明治図書出版 2015/10/01
  4. 公民学習 抽象度の高い語句の見える化ヒント  後藤賢次郎 52-1 明治図書出版 2014/12/01
  5. 中等社会系教科の本質-社会科学的分析力の習得を中核に位置づける教科論- 棚橋健治,竹中伸夫,釜本健司,田中伸,後藤賢次郎,その他12名 13- 協同出版 2014/10/01

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 1990年代の日本の教科教育研究が東アジアの留学生に与えた方法論的インパクト-日本留学経験を持つ中国・韓国の社会系教科教育研究者のライフコースから- 渡部竜也,南浦涼介,後藤賢次郎,斉藤仁一朗 東京学芸大学紀要 人文社会科学系Ⅱ 70集 1-12 2019/01/31
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 山梨大学教育人間科学部生の社会科教育観の変容と進路選択 -イメージマップとライフストーリーチャートを用いて- 後藤賢次郎 山梨大学教育学部紀要 26, 99-118 2018/03
  3. 研究論文(学術雑誌) 単著 日米の社会科教育研究は「思想」をどのように捉えてきたか-方法論的考察を通して- 後藤賢次郎 社会科教育論叢 50, 111-120 2017/03/31
  4. 社会科教育観の可視化と共有の実践-レーダーチャートとイメージマップの活用- 後藤賢次郎 山梨大学教育学部紀要 第25号, 117-126 2017/03/01
  5. 人文・社会諸科学者の社会科教育観 山梨大学教育人間科学部所属の研究者に対するインタビュー調査から 後藤賢次郎 平成27年(2015)年度 山梨大学教育人間科学部紀要 17, 109-120 2016/03/01

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 学びを社会に開く社会科の学習デザインとは 福岡社会科教育実践学会 第10回研究発表大会 2019/02/23 指定討論者として,シンポジストの発表の論点整理を行った。
  2. 口頭発表(一般) 私たちはどのように市民育成者になっていくのか -分野・学校種・環境の異なる人々のフォーマル/インフォーマルな学びに注目して- 日本社会科教育学会第68回大会 2018/11/03
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 社会に開かれた高校社会系教科教育実践はどうありうるか 全国社会科教育学会第67回全国研究大会 大会企画型フォーラム 2018/10/21 学会シンポジウムのテーマ「社会に開かれた社会科教育」を受けて,高校での実践の可能性と課題について,発表者による基調提案ののち,発表と参加者を交えたラウンドテーブルを行った。その企画,コーディネーター,ファシリテーターを務めた。
  4. 口頭発表(一般) 教科教育学研究者のキャリアパスとアイデンティティ (1)アジアの研究者の比較研究 教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 「教育の専門家」研究ユニット 研究拠点創成フォーラムNo.4 教育学研究者と教師教育者の アイデンティティ 2018/03/04
  5. 口頭発表(一般) 若手教師教育者の教育実践とその背景-大学院生はいかにして教師教育者になるのか- 教育ヴィジョン研究センター(EVRI) 「教育の専門家」研究ユニット 研究拠点創成フォーラムNo.4 教育学研究者と教師教育者の アイデンティティ 2018/03/04

教育実績

  1. FD研修会にて「新学習指導要領を踏まえた小・中・高の社会科授業実践 教科教育科目はどのように関わっていくか」というタイトルで発表した。 2018/01/17

その他の教育実績

  1. 2018 ・講義の中で学習が完結しないように,講義内容をもとに現実社会に働きかけるプロジェクトの計画,実施,報告を行わせた。また,その経験をもとに,社会科の学習を現実社会につなげる指導をする際の注意点を考えさせた。
  2. 2018 ・模擬授業を実施し具体的な授業実践を行い,それを改善するためのリフレクションの時間を多く取った。
  3. 2018 ・133名の受講者を4つのグループに分け,その中で授業構想のプレゼンを行った。
  4. 2017 ・模擬授業を実施し具体的な授業実践を行い,それを改善するためのリフレクションの時間を多く取った。
  5. 2017 ・講義の中で学習が完結しないように,講義内容をもとに現実社会に働きかけるプロジェクトの計画,実施,報告を行わせた。また,その経験をもとに,社会科の学習を現実社会につなげる指導をする際の注意点を考えさせた。

指導実績

  1. 研究生指導の実績(大学院) 2018 1 1 10 90
  2. 修士学位論文指導 2018 1 12 260
  3. 学部卒業論文指導 2018 3 12 150
  4. 研究生指導の実績(大学院) 2017 2 各自の研究経過報告における助言や研究課題に関する文献・資料と研究方法の紹介 12 70
  5. 学部卒業論文指導 2017 3 各自の研究経過報告における助言や研究課題に関する文献・資料と研究方法の紹介 12

その他の学部学生指導

  1. 2018 70 研究指導と日本語レジュメの書き方指導 6 教育法の授業で教材作りため工場見学を実施した
  2. 2017 70 研究指導と日本語レジュメの書き方指導 6 教育法の授業で教材作りため工場見学を実施した
  3. 2016 70 研究指導と日本語レジュメの書き方指導 6 教育法の授業で教材作りため工場見学を実施した

修士・博士論文審査

  1. 2018 副査 1
  2. 2016 副査 1

社会貢献活動

  1. 中堅教諭等資質向上研修 2018/12/27-2018/12/27
  2. 高校地歴・公民科授業力アップ研修会 応用編 2018/08/02-2018/08/02
  3. 高校地歴・公民科授業力アップ研修会 基礎編 2018/08/02-2018/08/02
  4. 社会科教育入門 社会を分かり,関わり,動かす力を育む教育 2018/07/13-2018/07/13
  5. 社会を広く,深く捉える力を養う社会科教育の魅力 -「社会を分かる」ってどういうこと!?- 2017/08/30-2017/08/30 高校生への出前講義を行った。

所属学協会

  1. National Council for the Social Studies
  2. 日本教師教育学会
  3. 鳴門社会科教育学会
  4. 日本教科教育学会
  5. 日本教育方法学会

学外委員

  1. 言語文化教育研究学会 研究集会委員会 2018/04/01
  2. 全国社会科教育学会 国際委員 2017/10/28