山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
基礎医学系(解剖学構造生物学)

助教

久保 智広

クボ トモヒロ
Kubo Tomohiro

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員(DC2) 2011/04/01
  2. 日本学術振興会特別研究員(PD) 2012/04/01
  3. Postdoctoral Research Associate  (マサチューセッツ大学医学部) 2013/04/01
  4. 山梨大学 助教 2016/04/01

学歴

  1. 2007/03
  2. 2009/03
  3. 2012/03

学位

  1. 理学博士 東京大学 2012/03/22

研究分野

  1. 細胞生物学

研究キーワード

  1. 鞭毛・繊毛、軸糸ダイニン、クラミドモナス、翻訳後修飾、チューブリンポリグルタミン酸化、鞭毛内輸送系

研究テーマ

  1. チューブリンポリグルタミン酸化修飾による鞭毛・繊毛運動制御機構の研究

競争的資金等の研究課題

  1. チューブリンポリグルタミン酸化修飾による鞭毛構築機構の解明 他の外部資金 公益財団法人 武田科学振興財団 2017/11
  2. チューブリンポリグルタミン酸化修飾による鞭毛繊毛構築メカニズムの解明 科学研究費補助金 若手研究B 2017/04/01-2019/03/31
  3. チューブリンポリグルタミン酸化修飾による鞭毛・繊毛運動機構の追究 他の外部資金 基礎医学医療研究 公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団 基礎医学医療研究助成金報告書 2016/10/01-2017/10/01

論文

  1. Electrostatic interaction between polyglutamylated tubulin and the nexin-dynein regulatory complex regulates flagellar motility. Tomohiro Kubo and Toshiyuki Oda Molecular Biology of the Cell The American Society for Cell Biology 2017/06/21
  2. RABL2 interacts with the intraflagellar transport-B complex and CEP19 and participates in ciliary assembly. Yuya Nishijima, Yohei Hagiya, Tomohiro Kubo, Ryota Takei, Yohei Katoh, and Kazuhisa Nakayama Molecular Biology of the Cell The American Society for Cell Biology 28/ 12, 1652-1666 2017/06/15
  3. Together, the IFT81 and IFT74 N-termini form the main module for intraflagellar transport of tubulin. Tomohiro Kubo,Jason M. Brown,Karl Bellve,Branch Craige,Julie M. Craft,Kevin Fogarty,Karl F. Lechtreck,George B. Witman. JOURNAL OF CELL SCIENCE 129/ 10, 2106-2119 2016/05/15 0021-9533
  4. Reduced tubulin polyglutamylation suppresses flagellar shortness in Chlamydomonas. (Molecular Biology of the Cell) Tomohiro Kubo,Masafumi Hirono,Takumi Aikawa,Ritsu Kamiya,George B. Witman. Molecular Biology of the Cell 26/ 15, 2810-2822 2015/08/01
  5. Assembly of IFT Trains at the Ciliary Base Depends on IFT74. (Current Biology) Jason M. Brown,Deborah A. Cochran,Branch Craige,Tomohiro Kubo,George B. Witman Current Biology 25, 1583-1593 2015/06/01

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) IFT81とIFT74 のN末端領域はチューブリン鞭毛内輸送のメインモジュールを形成する 第69回日本細胞生物学会大会 2017/06/13
  2. 口頭発表(招待・特別) Structural biology of Chlamydomonas flagella 日本顕微鏡学会第73回学術講演会 2017/05/31
  3. 口頭発表(招待・特別) IFT81およびIFT74のN末端領域によるチューブリンの鞭毛内輸送 第54回生物物理年会 2016/11/25
  4. 口頭発表(一般) 軸糸チューブリン・ポリグルタミン酸化修飾異常変異による短鞭毛変異の抑制 日本動物学会 第86回大会 2015新潟 2015/09/19
  5. 口頭発表(一般) The IFT81 tubulin-binding domain and the IFT74 N-terminus individually are dispensable but together are crucial for flagellar assembly FASEB (Biology of Cilia and Flagella) 2015/06/20

受賞

  1. 16th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas. Poster award (1st place) 2014/06/13 Axonemal tubulin polyglutamylation modulates flagellar length by enhancing tubulin turnover at the flagellar tip.
  2. 15th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas. Poster Award (3rd place)  2012/06/09 Tubulin polyglutamylation regulates axonemal motility by modulating the function of a particular inner-arm dynein species (dynein e).

担当授業科目

  1. 分子組織学
  2. 解剖学A