山梨大学
大学院 総合研究部 医学域
臨床医学系(外科学1)

顔写真
准教授

河野 寛

コウノ ヒロシ
Kono Hiroshi

経歴

  1. 山梨医科大学助手(外科学第1) 2001/04/10
  2. 山梨大学助手(外科学講座第1教室) 2002/10/01
  3. 山梨大学助教(外科学講座第1教室) 2007/04/01
  4. 山梨大学講師(外科学講座第1教室) 2015/05/01
  5. 山梨大学准教授(外科学講座第1教室) 2017/07/01

学位

  1. 博士(医学) 1993/03/23

研究分野

  1. 消化器外科学 免疫栄養学の消化器外科における有用性の検討
  2. 消化器外科学 肝類洞免疫機構の解析
  3. 消化器外科学,肝腫瘍免疫,肝炎症免疫,肝再生,肝臓の外科

研究キーワード

  1. 肝炎症免疫機構の解析
  2. 肝再生と肝類洞壁細胞
  3. 栄養免疫の有用性に関する検討

研究テーマ

  1. 肝細胞癌発生機序における肝免疫機構の解明
  2. 免疫栄養における脂肪酸の役割
  3. ・Kupffer細胞とオキシダントストレスが肝腫瘍免疫と肝細胞癌発癌に与える影響 ・炎症性免疫における活性化Kupffer細胞の役割とその抑制 ・肝再生における肝類洞壁細胞の役割 ・安全な肝切除

競争的資金等の研究課題

  1. 下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチドによる細菌性腹膜炎の制御と、臨床応用 科学研究費補助金 2017/04-2019/03
  2. 下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチドによる細菌性腹膜炎の制御と、臨床応用 科学研究費補助金 2017/04-2019/03
  3. 脾腫に伴う脾臓機能異常と肝繊維化・肝発癌における肝脾臓器相関の解明 科学研究費補助金 2017/04-2019/03
  4. 下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチドによる細菌性腹膜炎の制御と、臨床応用 他の外部資金 2017/04-2018/03
  5. New strategy for sever septic infection by control of Kupffer cells 他の外部資金 2016/09/01-2017/08/31

著書

  1. 消化器外科 河野 寛 - 2012/04/01
  2. 特集 免疫と機能性食品 “手術侵襲と脂肪“ 河野 寛 - 2010/04/01
  3. 医学のあゆみ 河野 寛 - 医歯薬出版 2006/04/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 形態学的変化の強い陳旧性日本住血吸虫症併存肝細胞癌症例の肝臓3D画像解析と肝切除への応用 松田政徳,雨宮秀武,細村直弘,渡邉光章,川井田博充,河野 寛,藤井秀樹 山梨医学 44, 21-24 2017
  2. 研究論文(学術雑誌) Expression of podoplanin in stromal fibroblasts plays a pivotal role in the prognosis of patients with pancreatic cancer. Hirayama K, Kono H, Nakata Y, Akazawa Y, Wakana H, Fukushima H, Fujii H. SURGERY TODAY 48/ 1, 110-118 2017/07 0941-1291
  3. 研究論文(学術雑誌) Risk factors of postoperative pancreatic fistula after distal pancreatectomy using a triple-row stapler. Kawaida H, Kono H, Watanabe M, Hosomura N, Amemiya H, Fujii H. SURGERY TODAY 48/ 1, 95-100 2017/06 0941-1291
  4. 研究論文(学術雑誌) The platelet-activating receptor C-type lectin receptor-2 plays an essential role in liver regeneration after partial hepatectomy in mice. Kono H, Fujii H, Suzuki-Inoue K, Inoue O, Furuya S, Hirayama K, Akazawa Y, Nakata Y, Sun C, Tsukiji N, Shirai T, Ozaki Y. JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS 15/ 5, 998-1008 2017/05 1538-7933
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 The new platelet-activating receptor C-type Lectin Receptor-2 plays an essential role in liver regeneration after partial hepatectomy in mice H. Kono , H. Fujii , K. Suzuki‐Inoue , O. Inoue , S. Furuya , K. Hirayama , Y. Akazawa , Y. Nakata , C. Sun , N. Tsukiji , T. Shirai , Y. Ozaki JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS 15998/ 5, 998-1008 2017/05 1538-7933

研究発表

  1. 口頭発表(基調) 下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチドによる穿孔性腹膜炎病態の制御 第54回日本腹部救急医学会総会 2018/03/08
  2. 口頭発表(一般) 大腸穿孔症例における予後因子の検討 第54回日本腹部救急医学会総会 2018/03/08
  3. ポスター発表 胃癌取扱い規約第15版に基づいたS-1による胃癌術後補助化学療法の治療成績の検討 第90回日本胃癌学会総会 2018/03/07
  4. 口頭発表(一般) 術後の消化管蠕動能の温存を重視した腹腔鏡下噴門側切除後の食道胃再建 第90回日本胃癌学会総会 2018/03/07
  5. 口頭発表(一般) 当院におけるCY胃癌の予後因子の検討 第90回日本胃癌学会総会 2018/03/07

知的財産権

  1. エンドトキシン血症に起因する肝障害の予防及び/又は治療のための医薬 2002-113354 2002/04/16

受賞

  1. 第52回日本癌治療学会学術集会 優秀演題賞 2014/10
  2. 第35回日本炎症・再生医学会 優秀演題賞 2014/07
  3. 第11回日本消化外科学会大会 優秀演題賞受賞 2013/11/19 肝切除後の肝細胞癌再発と背景肝M-CSF発現との関連に関する検討 
  4. 第49回日本腹部救急医学会理事長賞受賞 2013/03/19 肝障害におけるIL-17Aの関与について
  5. 炎症性肝発癌におけるM-CSFの関与について 2012/07/07 優秀演題賞

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2005/04/01-2006/03/31 University of North Carolina 分担 肝細胞癌と酸化ストレスに関する検討 肝内酸化ストレスの増加に伴い肝細胞癌再発の頻度が上昇した(Ann, Surg. Oncol In press)

担当授業科目

  1. 消化器外科の診断・治療
  2. 膵臓の外科
  3. 外科手技
  4. OSCE  腹部診察

教育実績

  1. FDへの参加 2017/04/01
  2. 入試委員等 2017/03/12-2017/03/12 後期試験
  3. FDへの参加 2016/04/01-2017/03/31
  4. 入試委員等 2016/01/12-2016/01/12 後期試験

その他の教育実績

  1. 2017 OSCE 試験担当
  2. 2016 OCSE試験委員

指導実績

  1. 附属病院研修医指導の実績 2017 10
  2. 附属病院研修医指導の実績 2017 10
  3. 研究生指導の実績(大学院) 2017 4
  4. 研究生指導の実績(学部) 2017 4
  5. 学部卒業論文指導 2017 4

修士・博士論文審査

  1. 2017 副査 1

社会貢献活動

  1. 臨床教育センター 2017
  2. 研修医教育講義 2017/07

国際交流・国際貢献

  1. 2017 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流
  2. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流

所属学協会

  1. 日本肝胆膵外科学会 2017/05
  2. 日本肝胆膵外科学会 2009/05
  3. 日本炎症・再生医学会 2008/05
  4. 日本外科学会 2008/05
  5. 肝類洞壁細胞研究会 2008/05

学外委員

  1. 日本臨床外科学会 評議員 2017/04/01-2018/03/31
  2. 日本臨床外科学会 評議員 2016/04/01-2017/03/31

病院における診療活動・医療支援等

  1. 高度先進医療 肝胆膵領域の高度先進医療 2017
  2. 外来 消化器外科肝臓専門外来 2017/04/01-2018/03/31 200 200 代表
  3. 入院 消化器外科肝臓専門外来 2017/04/01-2018/03/31 800 代表
  4. 手術 消化器外科肝臓専門外来 2017/04/01-2018/03/31 400 代表
  5. 自己臨床研究 消化器外科肝臓専門外来 2017/04/01-2018/03/31 400 代表