山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
土木環境工学系(土木環境工学)

顔写真
准教授

森 一博

モリ カズヒロ
Mori Kazuhiro

プロフィール

  1. 工学部土木環境工学科担当

経歴

  1. 大阪大学助手(工学部) 1997/04/01
  2. 山梨大学講師(工学部) 1999/04/01
  3. 山梨大学助教授(大学院医学工学総合研究部) 2006/04/01
  4. 山梨大学准教授(大学院医学工学総合研究部) 2007/04/01

学歴

  1. 大阪大学 1992/03/31
  2. 大阪大学 1994/03/25
  3. 大阪大学 1997/03/01

学位

  1. 博士(工学) 大阪大学

研究分野

  1. 環境技術・環境材料 生物環境工学
  2. 環境技術・環境材料 水環境工学

研究キーワード

  1. 水生植物
  2. 微生物
  3. 水質浄化
  4. 資源生産
  5. 遺伝子工学

研究テーマ

  1. 水生植物を用いた水質浄化と資源生産
  2. 植物-微生物共生系を利用した環境保全技術の開発
  3. 環境浄化植物の育種

著書

  1. 植物による水質浄化 森一博,藤田正憲 - シーエムシー出版 2004/12/01
  2. 富栄養化の防止 藤田正憲,森一博 - エヌ・ティー・エス 2002/06/01

論文

  1. Removal of Tetracycline and Tetracycline Resistance Genes from Municipal Wastewater in Microcosm Fill-and-Drain Constructed Wetlands Pham Thanh Hien,Toyama Tadashi,Mori Kazuhiro Japanese Journal of Water Treatment Biology 53/ 1, 11-21 2017/03/01
  2. Effects of planting Phragmites australis on nitrogen removal, microbial nitrogen cycling, and abundance of ammonia-oxidizing and denitrifying microorganisms in sediments Tadashi Toyama,Yoshiko Nishimura,Yuka Ogata,Kazunari Sei,Kazuhiro Mori,Michihiko Ike Environmental Technology 37/ 4, 478-485 2015/10/01
  3. Effects of various duckweeds species on phenol degradation in environmental waters Li Y.,Toyama T.,Tanaka Y.,Tang YQ.,Wu XL.,Mori K. Japanese Journal of Water Treatment Biology 50/ (3), 95-103 2014/09/01
  4. Sustainable Removal of Nitrophenols by Rhizoremediation Using Four Strains of Bacteria and Giant Duckweed (Spirodela polyrhiza) Risky Ayu Kristanti,Tadashi Toyama,Tony Hadibarata,Yasuhiro Tanaka,Kazuhiro Mori Water, Air, & Soil Pollution 1-10 2014/03/01
  5. Sustainable biodegradation of bisphenol A by Spirodela polyrhiza in association with Novosphingobium sp.FID3 Li Y.,Toyama T.,Furuya T.,Iwanaga K.,Tanaka Y.,Mori K. Journa of Water and Environment Technology 12/ 1, 43-54 2014/02/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) ウキクサを用いた化学物質の分解とデンプン資源生産 平静26年度やまなし産学官連携研究交流事業研究成果発表会要旨集 2014/09/05
  2. 口頭発表(招待・特別) Enhanced biodegradation of endocrine-disrupting chemicals by cooperative relationship between common reed and rhizosphere bacteria Water and Environment Technology Conference 2014 (WET2014) 2014/06/29
  3. 口頭発表(招待・特別) 水生植物の根圏強化による省エネ型水質浄化 環境バイオテクノロジー学会シンポジウム,北九州市,2013年6月1日 2013/06/01

上記以外の発表の総数

  1. 2014 11 1 10
  2. 2009 5 5
  3. 2008 5 2 3

受賞

  1. 日本水処理生物学会第18回論文賞 2015/11/12 Effects of Various Duckweed Species on Phenol Degradation in Environmental Waters
  2. 第14回日本水処理生物学会論文賞 2011/11/17 Formulation of a Simple Mathematical Biomass Model for Selected Floating and Emergent Macrophytes
  3. 水処理生物学会論文賞 2001/11 Development of simple methods of DNA extraction from environmental samples for monitoring microbial community based on PCR

担当授業科目

  1. 水処理工学
  2. エンジニアリングデザインII
  3. 環境工学実験
  4. 環境浄化技術特論(修士)
  5. 環境浄化技術特論(博士)

所属学協会

  1. 植物細胞分子生物学会
  2. 日本水処理生物学会
  3. 日本水環境学会
  4. 日本生物工学会
  5. 日本下水道協会