山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
電気電子情報工学系(コンピュータ理工学)

顔写真
教授

郷 健太郎

ゴウ ケンタロウ
Go Kentaro

経歴

  1. 東北大学 電気通信研究所 助手 1996/04/01
  2. バージニア工科大学 ヒューマン・コンピュータ・インタラクション研究所 研究員 1998/01/03
  3. 山梨大学 工学部 助手 1999/04/01
  4. 山梨大学 工学部 助教授 2003/03/01
  5. 山梨大学 総合情報処理センター 助教授 2003/04/01
  6. 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 助教授 2006/04/01
  7. 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 准教授 2007/04/01
  8. 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 教授 2011/10/01
  9. 山梨大学 大学院総合研究部 教授 2016/04/01

学歴

  1. 山梨大学 1991/03/31
  2. 東北大学 1993/03/31
  3. 東北大学 1996/03/31

学位

  1. 博士(情報科学) 東北大学 1996/03/26

研究分野

  1. 知能情報学 ソフトウェア工学
  2. 知能情報学 ユーザインタフェース
  3. 知能情報学 ヒューマン・コンピュータ・インタラクション

研究キーワード

  1. 文字入力手法
  2. ヒューマンコンピュータインタラクション
  3. 遠隔医療システム
  4. ユーザインタフェース
  5. シナリオベースドデザイン
  6. ユーザビリティ

研究テーマ

  1. 文字入力手法
  2. ユーザインタフェース評価法
  3. シナリオベースドデザイン
  4. ユーザインタフェース設計法

競争的資金等の研究課題

  1. コンピュテーショナル・オプサルモロジー:ARを用いた視覚障害者の視力の適応的増強 科学研究費補助金 2017/04/01-2022/03/31
  2. 状況によって誘発される機能障害時に有効な文字入力手法 科学研究費補助金 2016/10/21-2019/03/31
  3. 地域情報クリアリングハウス 共同研究 2016/10/01
  4. 集団技の原理解明によるヒトの社会性と協応ロボット群の育成 共同研究 2016/10/01
  5. 折り紙技法を活用したフレキシブルディスプレイにおけるインタラクションの実現 科学研究費補助金 2015/04/01-2018/03/31

著書

  1. ソフトウェア品質知識体系ガイド -SQuBOK Guide-(第2版) SQuBOK策定部会 - オーム社 2014/11/01
  2. Special Issue on Human Computer Interaction in the Asia-Pacific Region Kentaro Go,Xiangshi Ren 30-8 Taylor & Francis 2014/08/01
  3. Proceedings of the 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction Kentaro Go,Mitsuhiko Karashima,Shin'ichi Fukuzumi,Xiangshi Ren - ACM Press 2012/08/01
  4. エクスペリエンス・ビジョン 山崎 和彦, 上田 義弘, 郷 健太郎, 高橋 克実, 早川 誠二, 柳田 宏治 - 丸善出版 2012/07/01
  5. A Touchscreen Software Keyboard for Finger Typing Kentaro Go, Yuki Endo - IN-TECH 2008/10/01 Chapter 15

論文

  1. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 音楽表現向け形状変化インタフェースにおける「楽しさ」の分析 木下 雄一朗, 西尾 昌人, 白神 翔太, 郷 健太郎 第13回日本感性工学会春季大会講演論文集 5 pages 2018/03/27
  2. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Construction of Impression Estimation Models for the Design of Smartphone Vibration Feedback Shiraga, S., Kinoshita, Y., Totsuka, T., Go, K. Proceedings of the 7th International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research, Advances in Intelligent Systems and Computing 739, 350-359 2018/03/19
  3. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Investigation of Pleasantness in the Manipulation of Deformable Interfaces for Musical Expression Kinoshita, Y., Nishio, M., Shiraga, S., Go, K. Proceedings of the 7th International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 315-324 2018/03/19 Deformable user interfaces currently are popular topic in the HCI community. These interfaces enable intuitive manipulation for users. Deformable interfaces are also reported in the field of musical expression, such as sound controllers. However, the user experience of the manipulation of these interfaces is not well studied so far. This paper therefore focuses on the clarification of pleasantness in the manipulation of deformable interfaces for musical expression. First, evaluation experiments were conducted to investigate the pleasantness and user impressions of deformable interface manipulation using 36 dissimilar interface mockups. The evaluation results explained that the impressions related to the activity factor particularly correlate with pleasantness. Also, Hayashi’s quantification theory type I revealed the relationship between the physical features of the interfaces and pleasantness. Based on the findings, the ideal deformable interface design for pleasant musical expression was finally proposed. The design was with medium deformation and squashing manipulation.
  4. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 共著 形状が変化するデジタルサイネージにおける誘目性の検討 坂本 凌, 木下 雄一朗, 郷 健太郎 情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告 2018-HCI-177/ 28, 8 pages 2018/03/16
  5. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 共著 全景映像の適応的半透明ブレンディングによる視野狭窄の緩和 登野 拓志, 茅 暁陽, 豊浦 正広, 郷 健太郎, 柏木 賢治, 藤代 一成 情報処理学会第80回全国大会講演論文集 2 pages 2018/03/13

研究発表

  1. メディア報道等 スマート時計 入力簡易化 山梨大大学院生らが技術開発 The 29th Annual Symposium on User Interface Software and Technology 2016/11/09
  2. メディア報道等 縁なぞり文字入力 山梨大学 スマートウオッチ向け The 29th Annual Symposium on User Interface Software and Technology 2016/11/09
  3. 口頭発表(一般) SCDの事例分析1 日本人間工学会アーゴデザイン部会2015年度コンセプト事例発表会 2015/09/14
  4. 口頭発表(一般) シーズから始める人間中心設計の可能性 ヒューマンインタフェースシンポジウム2004 2004/10/07

知的財産権

  1. 特許 フィン型水中インタラクション装置およびそれを用いた水中インタラクションシステム 特願2016-032362 2016/02/23
  2. 特許 日本語入力方法および装置,ならびに日本語入力装置用プログラムおよび同プログラムを記録した媒体 特願2007-214712 2007/08/21
  3. 特許 タッチ画面キーパッドを用いた文字等の入力方法および装置 特願2006-234718 2006/08/31
  4. 特許 眼科遠隔診断システム 特願2007-134036 2007/05/21 特開2008-284273 2008/11/27 5083758 2012/09/14

受賞

  1. Best Paper Award, The 7th International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research Construction of Impression Estimation Models for the Design of Smartphone Vibration Feedback 2018/03/22
  2. 人間中心設計推進機構 黒須正明賞 2015/05/30 平山順一, 郷健太郎: 紙メディア変換によるWebデザインプロトタイプ作業支援システム, 人間中心設計, Vol. 4, No. 1.
  3. ACM Recognition of Service Award 2012/09/25 Chair APCHI'12: Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction, August 28-31, 2012
  4. 情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム優秀論文賞 2010/08/25 中込訓之, 郷 健太郎: 移動速度に応じた擬似3Dスクロールによる情報空間ナビゲーション. 情報処理学会 マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム論文集, pp. 1405-1410, 2010.
  5. 平成22年度産学官連携功労者表彰(総務大臣賞) 2010/06/05 眼科遠隔診療システムの開発

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2017/06/30-2018/09/30 山梨中央銀行 代表 スマートフォン向けアプリケーションの開発 研究総括
  2. 2017/06/16-2018/09/30 株式会社ジインズ 代表 情報通信システムの開発手法に関する研究 研究総括
  3. 2016/04/01-2019/03/31 教育学域,生命環境学域 分担 地域の発達:地域情報クリアリングハウス 地域情報の可視化のプロジェクトを推進する.
  4. 2016/04/01-2019/03/31 教育学域,医学域,生命環境学域, University of Cincinnati, 名古屋大学, 高知工科大 分担 学びの発達:集団技の原理解明によるヒトの社会性と協応ロボット群の育成 Sheepdogタスクに関する実験環境の構築と評価
  5. 2012/04/01-2016/03/31 神奈川大学経営学部 代表 公共空間でのインタラクティブなディスプレイに関する研究 実験用ソフトウェアの開発と評価を実施する.

担当授業科目

  1. PBLものづくり実践ゼミ

教科書・教材

  1. ソフトウェア工学の基礎 2012/09/01 神長 裕明, 郷 健太郎, 杉浦 茂樹, 高橋 正和, 藤田 茂, 渡辺 喜道 共立出版 東京

社会貢献活動

  1. COC事業およびエリア放送の説明 2016/09/02-2016/09/02

国際交流・国際貢献

  1. 2017 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 四川大学インターナショナルサマーキャンプの引率および現地学生を含めたワークショップの実施
  2. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 Eastern Kentucky University 夏季語学研修および海外インターンシップの引率(10日間)

所属学協会

  1. ヒューマンインタフェース学会
  2. 電子情報通信学会
  3. IEEE Computer Society
  4. ACM
  5. 情報処理学会

学外委員

  1. 山梨県産業技術センター 外部評価委員会 2017/04/01
  2. 甲府市 産業振興検討委員会 2015/10/01-2016/12/31
  3. 山梨県工業技術センター 外部評価委員会 2012/05/01-2017/03/31
  4. The 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction (APCHI2012) 大会長 2010/09-2012/09
  5. ACM Conference on Designing Interactive Systems (DIS2006) Program Committee 2005/06-2006/06