山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
物質科学系(先端材料理工学)

教授

堀 裕和

ホリ ヒロカズ
Hori Hirokazu

その他の所属・職名

  1. 役員 学長補佐(企画・研究担当)

経歴

  1. 山梨大学講師(工学部) 1983/04/01-1986/07/31
  2. 山梨大学助教授(工学部) 1986/08/01-2003/01/31
  3. University of Washington客員准教授 1988/08/25-1989/09/03
  4. 山梨大学教授(工学部) 2003/02/01

学歴

  1. 京都大学 1978/03/23
  2. 京都大学 1980/03/23
  3. 京都大学 1983/03/23

学位

  1. 工学博士 京都大学 1984/01/23

研究分野

  1. 医用システム 医工融合診断支援装置開発
  2. ナノ構造科学 自然知能
  3. 数理物理・物性基礎 機能の数理モデル
  4. 原子・分子・量子エレクトロニクス・プラズマ 量子エレクトロニクス,ナノオプティクス,近接場光学
  5. 電子デバイス・電子機器 表面物理,ナノテクノロジー

研究キーワード

  1. 医工融合分析機器開発
  2. 現象科学の数理モデル
  3. 粘菌コンピューターのナノデバイス化
  4. 揺律場の科学
  5. 自然知能
  6. 圏論に基づく機能の数理物理モデル
  7. ナノ光電子機能デバイス
  8. スピン偏極
  9. ナノ領域信号情報伝送素過程
  10. 脳波のトラジェクトリー解析
  11. 光ポンピング
  12. レーザー分光
  13. 近接場光学・ナノ光学
  14. 質量分析における脱離イオン化

研究テーマ

  1. バイオシステムにおける励起輸送と緩和現象
  2. がん診断支援装置の開発
  3. 生物機能を利用した情報処理システム理論
  4. 機能発現にかかわる数理モデルの構築
  5. 生命機能の発現に関わる数理モデルの探索
  6. 揺律場の科学:電子フォトン融合と局所環境制御による新機能場の創成
  7. 量子エレクトロニクス,近接場量子光学
  8. ナノオプティクスの基礎
  9. バイオ分子の質量分析における脱離イオン化
  10. 脳波のトラジェクトリー解析
  11. 表面スピン科学とその応用
  12. ナノ光電子機能デバイス
  13. ナノ領域における信号情報伝達に関する物理過程

著書

  1. 電子・通信・情報のための量子力学 堀 裕和 - コロナ社 2008/03/01 コロナ社創立80年記念出版
  2. ナノスケールの光学 堀裕和,井上哲也 - オーム社 2006/07/01
  3. K.Cho,H.Hori,K. Kitahara - Springer-Verlag 2002/03/01
  4. - M.Ohtsu ed., Optical and Electronic Process of Nano-Matters, KTK SScientific Publishers/Tokyo, Kluwer Academic Publishers/Dordrecht 2001
  5. ナノ光工学ハンドブック 大津元一,河田聡,堀裕和 - 朝倉書店 2001

論文

  1. 共著 Category Theory Approach to Solution Searching Based on Photoexcitation Transfer Dynamics M. Naruse, M. Aono, S.-J. Kim, H. Saigo, I. Ojima, K. Okamura, and H. Hori Philosophies 2/ 3, 1-15 2017/07/11 10.3390/philosophies2030016 光励起輸送ダイナミックスを利用した解探索機能の圏論による構造解析を行い新しい自然知能を利用した計算機構の基盤理論を構築した。
  2. 共著 A New Kind of Aesthetics —The Mathematical Structure of the Aesthetic Akihiro KubotaHirokazu HoriMakoto NaruseFuminori Akiba Philosophies 2/ 3, 1-10 2017/06/30 10.3390/philosophies2030014 圏論に基づいた美学の新しい数理的定義付けを行った。
  3. 共著 Percolation of optical excitation mediated by near-field interactions Makoto Naruse, Song-Ju Kim, Taiki Takahashi,Masashi Aono, Kouichi Akahane, Mario D’Acunto, Hirokazu Hori, Lars Thylén, Makoto Katori, Motoichi Ohtsu Physica A 471, 162-168 2017/04/01 0378-4371 10.1016/j.physa.2016.12.019 近接場光相互作用に基づく励起輸送のパーコレーション減少について詳細なモデル構築とシミュレーションを行った。
  4. 単著 圏論による光機能の理解 堀 裕和 応用物理学会フォトニクス分科会「フォトニクスニュース」 2/ 3, 631-642 2016/12 光機能を圏論に基づいて総合的に取り扱う理論的手法の解説を行った。
  5. Single Photon in Hierarchical Architecture for Physical Decision Making: Photon Intelligence Makoto Naruse, Martin Berthel, Aureien Drezet, Serge Huant, Hirokazu Hori, and Song-Ju Kim ACS Photonics 3/ 12, 2505-2514 2016/12/16 2330-4022 10.1021/acsphotonics.6b00742 階層構造を有する単一光子意思決定装置を構築しその特性評価を行った。

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) Near-field multi-probe diagnosis of subwavelength-scale optoelectronics functionalities JSAP-OSA Joint Symposia 2015/09/14
  2. 口頭発表(一般) Unidirectional Light Propagation Through Two-Layer Nanostructures by Momentum Transfer via Optical Near-Fields Proceedings of META 2015 2015/08/07
  3. 口頭発表(一般) Near-Field Optical and Electronic Processes in Nano-Optoelectronic Functional Layered System The 10th Asia-Pacific Conference on Near-field Optics 2015/07/10
  4. 口頭発表(一般) Development of Multi-Probe SNOM for Investigation of Carrier Dynamics in Semiconductor Quantum Wells The 10th Asia-Pacific Conference on Near-field Optics 2015/07/09
  5. 口頭発表(一般) Theory of Spatiotemporal Carrier Dynamics in a Semiconductor Quantum Well The 10th Asia-Pacific Conference on Near-field Optics 2015/07/09

芸術活動、建築作品等

  1. 芸術活動 共同 棒知能(Bar Intelligence 01) 2017/02/10-2017/02/19 インスタレーション:スロットマシンを見抜く自然知能機械のオブジェを制作し展示

知的財産権

  1. イオン化法ならびにイオン化法を利用した質量分析方法および装置 2009-543904 2008/11/27 4929498
  2. 合成エバネッセント波暗視野励起による局所偏光顕微鏡分析・分光方法および装置とこれを応用した物質操作方法および装置 特願2003-011759 2003/01/22

受賞

  1. 山梨科学アカデミー賞 2010/05/24 ナノオプティクスの科学基盤開拓と応用展開

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2012/10/01-2015/03/31 科学技術振興機構 分担 迅速がん診断支援装置の実用化開発 学習機械アルゴリズム、データ入力システムの最適化とデータ秘匿化

所属学協会

  1. 日本光学会
  2. 応用物理学会
  3. 日本物理学会