山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
土木環境工学系(土木環境工学)

助教

宮沢 直季

ミヤザワ ナオキ
Miyazawa Naoki

経歴

  1. 山梨大学助教(工学部) 2007/04/01

学歴

  1. 山梨大学 1981/03/31
  2. 東京工業大学 1983/03/31

学位

  1. 工学修士 東京工業大学

研究分野

  1. 水工水理学

研究キーワード

  1. メコン河流域、流域土砂管理、河道管理
  2. アジアの水問題,熱帯性気候帯,河川地形学
  3. 次世代地球観測衛星,バングラデシュ,長期的河道変化評価・予測手法,土石流シミュレータ,河川内植生管理

研究テーマ

  1. 流域スケールの土砂管理と河道管理に関する研究
  2. 熱帯性気候地域を流れる大規模砂床河川の長期的な河道平面形状の変化の評価
  3. 水辺林が網状河川の河道形状に及ぼす影響について
  4. 熱帯モンスーン気候帯を流れる沖積河川の河岸侵食・堆積過程の解明
  5. リモートセンシング(ハイパースペクトルデータ,マルチスペクトルデータ)による濁った砂床河川の水深図作成の可能性の評価
  6. 気候変動・人工構造物がメコン河流域の土砂動態に及ぼす影響評価
  7. 水害被害軽減のための災害発生メカニズムの解明と対策施設の効果検証
  8. メコン河の蛇行湾曲部の河岸侵食の軽減に対する捨石水制工の効果
  9. 大河川の氾濫原河道の形態学的特徴について
  10. アジアにおける流域水問題とその背景に関する研究
  11. 衛星リモートセンシングによる河川の水文・水理情報抽出の可能性の検討
  12. バングラデシュの洪水氾濫
  13. 頑健な長期的河道変化評価・予測手法の開発と多様環境への適用性検討
  14. 土砂害軽減のための汎用土石流シミュレータの開発と施設効果検証
  15. 適正な河川内植生管理のための施策検討

共同・受託研究希望テーマ

  1. UAVを用いた高精度な河川測量技術 メソハビタットスケールの河川地形(露出部分と水中部分)を測定するための技術として無人機(UAV)プラットフォームとSfM(Structure from Motion)写真測量の可能性を検討する 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究
  2. 土砂災害軽減のための汎用土石流シミュレータの開発と施設効果検証 山梨県を対象に,実装を目指して土砂災害軽減のための汎用土石流シミュレータ(流木シミュレータを含む)を開発し,砂防ダム等の施設効果を検証する. 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 共同研究

著書

  1. Field survey in the Mekong River Naoki Miyazawa - 2012/06/01
  2. Long-term channel changes in the Mekong River: Towards a sustainable river channel management Naoki Miyazawa - 2012/06/01
  3. Channel changes in the Mekong River using remote sensing and a channel-evolution model Naoki Miyazawa - Starship corporation Co., Ltd 2011/05/01
  4. Study on assessment of channel change in the Mekong River Naoki Miyazawa,Kengo Sunada,Naotaka Mizutani - Starship.corporation Co., Ltd 2010/05/01
  5. Installation of bank erosion monitoring systems in the Mekong River Naoki Miyazawa - Starship.corporation Co., Ltd 2009/08/01

論文

  1. Long-term channel changes in the Mekong River: Towards a sustainable river channel management Naoki Miyazawa Floods: From Risk to Oppotunity, IAHS Publ. 357, 98-106 2013/02/01
  2. Assessment of long-term channel changes in the Mekong River using remote sensing and a channel-evolution model Naoki Miyazawa AGU 2011 Fall Meeting 2011/12/01
  3. Long-term channel changes in the Mekong River: Towards a sustainable river channel management Naoki Miyazawa 5th International Conference on Flood Management(ICFM5) - Floods: from Risk to Opportunity 2011/09/01
  4. 鉱物組成を用いた富士川流域における土砂生産減推定に関する基礎研究 大石 哲,砂田憲吾,Dian Sisinggih,宮沢直季 水工学論文集 54 2010/02/01
  5. The Influence of Climate Change on the Sediment Transport in the Mekong River Basin Kakizawa, K.,Sunada, K.,Oishi, S.,Miyazawa, N. Proceedings of the 7th International Symposium on Southeast Asian Water Environment 2009/10/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 年超過確率を考慮した土石流シミュレーョンとハザードマップへの活用 第45回土木学会関東支部技術研究発表会 2018/03/08
  2. 口頭発表(一般) 衛星リモートセンシングによる河川の水深抽出の可能性について 山梨河川研究会 2017/02/04
  3. 口頭発表(一般) 河道の洪水流下能力向上に関する解析的研究 2014年度研究発表会要旨集 2014/09/27
  4. 口頭発表(一般) Quantifying long-term channel change in large river using a channel-evolution model Proceedins of the 18th Congress of APD-IAHR 2012/08/20
  5. 口頭発表(一般) メコン河流域の土砂動態に対する気候変動の影響について 水文・水資源学会2009年度研究発表会 2009/08/20

所属学協会

  1. 日本自然災害学会
  2. アメリカ地球物理学連合 2011/04
  3. 水文・水資源学会 2008/06
  4. 日本砂防学会 2002/06
  5. 国際水工学会 1984/04