山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
物質科学系(応用化学)

准教授

阪根 英人

サカネ ヒデト
Sakane Hideto

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員 大阪大学理学部 PD 1991/04/01-1993/03/31
  2. 山梨大学工学部 化学生物工学科 助手 1993/07/01-1999/03/31
  3. 山梨大学機器分析センター 助教授 1999/04/01-2009/12/31
  4. 山梨大学大学院医学工学総合研究部 准教授 2010/01/01-2014/09/30
  5. 山梨大学大学院総合研究部 工学域 准教授 2014/10/01

学歴

  1. 大阪大学 理学部 化学科 博士前期 1986/03/01 卒業 日本
  2. 大阪大学 理学研究科 無機および物理化学専攻 博士前期 1988/03/01 修了 日本
  3. 大阪大学 理学研究科 無機および物理化学専攻 博士後期 1991/03/01 修了 日本

学位

  1. 理学博士 大阪大学 1991/03

教育・研究活動状況

いろいろな種類の雲母を作り、どのようなイオンを狙い撃ちして取り除くことができるかについて研究を行っています。

研究キーワード

  1. イオン交換体
  2. 局所構造解析
  3. XAFS解析

研究テーマ

  1. ゼオライトをホストとする新規蛍光材料 汎用のゼオライトをホスト化合物とし、希土類を含まない、新規蛍光材料のイオン交換による調製とその特性評価
  2. 合成フッ素雲母のイオン交換特性 種々の組成のフッ素雲母を合成し、そのイオン交換反応特性を調べる
  3. 無機イオン交換体の交換イオンの局所構造 無機イオン交換体の交換イオンならびに交換基の周囲の局所構造を元素選択性のある解析方法により明らかにする
  4. X線吸収スペクトルの解析の研究 X線吸収スペクトルを用いるX線吸収微細構造の新しい解析法の開発

著書

  1. 第75回分析化学討論会(2015年, 甲府) 阪根 英人,川久保 進 -9 日本分析化学会 2015/09/01
  2. 理系の研究と英語教育 阪根 英人 25-3 日本イオン交換学会 2014/09/01
  3. 研究機器の共同利用 阪根英人 20-3 日本イオン交換学会 2009/09/01
  4. 神崎愷監修 日本イオン交換学会編 冨田功,小松優,阿部光雄,阪根英人,島津省吾,その他73名 - 工業調査会 2009/03/01
  5. 研究室訪問記 工学院大学工学部応用化学科無機物性化学研究室と学習支援センターを訪ねて 阪根英人 - 日本イオン交換学会 2009/01/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 ヨウ素処理カルボキシメチルセルロース由来の多孔質炭素の調製におけるヨウ素導入率と原料のNa含有率の影響 松村 泰悠, 髙木 秀晃, 柳沢 拓真, 阪根 英人, 棚池 修, 宮嶋 尚哉 炭素 炭素材料学会 279, 1-6 2017/10/01 1884-5495 10.7209/tanso.2017.133 CMC-Naをヨウ素処理し炭素化と水洗によって炭素化収率および全細孔表面積をともに増加させる多孔質炭素の調製における,原料中のNa含有率(CNa)とヨウ素導入率(I/Naモル比)の影響について検討した。I/Naモル比が増加すると,炭素体中のNaI生成量が増え,CNaの高いCMCほど多くのNaIが生成した。I/Na=1となるようにヨウ素導入処理を行った炭素体では,炭素化収率ならびに主にミクロ孔からなる全細孔表面積が最大となった。また,CNaの高いCMCほど全細孔表面積の増加が大きくなったことから,本手法ではNaIの除去痕も細孔形成を担ったと考えられる。一方,I/Na>1.5となる過剰のヨウ素導入処理では,かえって全細孔表面積が減少した。また,Naを含まないI-CMC-HにNaIを物理的混合により添加して炭素化したときには,炭素化収率と全細孔表面積が減少した。これらのことから,600 °C炭素化においてNaIの賦活効果が発現することが推測された。
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 Local Structure of rubidium ion in ion-exchange resins Mutsumi Saitoh, Yoshitaka Higashi, Hideto Sakane Photon Factory Activity Report 高エネルギー加速器研究機構 25, 3-3 2007/12/01
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Surface Density Measurement of the Bromide Ion by the Total-Reflection X-ray Absorption Fine Structure Technique at the Air/Aqueous Dodecyltrimethylammonium Bromide Solution Interface Takanori Takiue, Yasuhiro Kawagoe, Soichiro Muroi, Ryo Murakami, Hideto Sakane, その他5名 Langmuir American Chemical Society 19/ 26, 10803-10807 2003/11/01 0743-7463
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 XAFSシリーズ(12) スピン転移錯体のXAFS 阪根 英人 放射光 日本放射光学会 15/ 1, 37-40 2002/01/01
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 XAFS Analysis Applied to Solutions Hideto Sakane Analytical Sciences 日本分析化学会 17/ supplement, i131-i134 2001/12/01 0910-6340

研究発表

  1. ポスター発表 Cs+イオン交換反応時のNa形フッ素雲母の23133Cs固体NMR 第33回日本イオン交換研究発表会 2017/10/26
  2. 口頭発表(一般) 様々な雰囲気と温度で焼成したY型ゼオライトの蛍光評価 第33回日本イオン交換研究発表会 2017/10/26
  3. ポスター発表 キトサンを原料とした高比表面積活性炭のエチレン吸着特性 第42回炭素材料学会年会 2015/12/02
  4. ポスター発表 ヨウ素不融化処理を用いたイオン交換樹脂由来多孔質炭素の細孔制御 第42回炭素材料学会年会 2015/12/02
  5. 口頭発表(一般) ヨウ素処理を利用する鋳型多孔質炭素化に対するセルロース化合物のNa量と重合度の影響 第42回炭素材料学会年会 2015/12/02

上記以外の発表の総数

  1. 2015 1 1 0
  2. 2013 1 1
  3. 2012 2 0 2
  4. 2008 3 3

担当授業科目

  1. 基礎物理化学I
  2. 量子化学

所属学協会

  1. ヨウ素学会
  2. 日本XAFS研究会
  3. International XAFS society
  4. 日本海水学会
  5. 無機マテリアル学会

学外委員

  1. 日本イオン交換学会 理事 2008/10