山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
電気電子情報工学系(電気電子工学)

顔写真
教授

鍋谷 暢一

ナベタニ ヨウイチ
Nabetani Yoichi

経歴

  1. 山梨大学助手(工学部) 1996/04/01
  2. 山梨大学助教授(大学院医学工学総合研究部) 2003/08/01
  3. 山梨大学准教授(大学院医学工学総合研究部) 2007/04/01
  4. 山梨大学教授(大学院医学工学総合研究部) 2016/04/01

学歴

  1. 同志社大学 1991/03/31
  2. 京都大学 1993/03/01
  3. 京都大学 1996/03/01

学位

  1. 博士(工学) 京都大学

研究分野

  1. 応用物性・結晶工学 量子構造

研究キーワード

  1. エピタキシャル成長
  2. 結晶成長
  3. 格子歪
  4. 量子構造

研究テーマ

  1. 格子不整合へテロエピタキシー
  2. 透明半導体
  3. 半導体光デバイス
  4. 高効率太陽電池

論文

  1. 共著 NiOx Hole Transport Layer for Perovskite Solar Cells with Improved Stability and Reproducibility Md. Bodiul Islam, Masatoshi Yanagida, Yasuhiro Shirai, Yoichi Nabetani, and Kenjiro Miyano ACS OMEGA 2, 2291-2299 2017/05/31
  2. Effects of a semiconductor matrix on the band anticrossing in dilute group II-VI oxides M. Welna, ,R. Kudrawiec, ,Y, Nabetani, ,T. Tanaka, ,M. Jaquez, ,O.D. Dubon, ,K.M. Yu, and ,W. Walukiewicz SEMICONDUCTOR SCIENCE AND TECHNOLOGY 30/ 8, 08501-08501 2015/08/01
  3. Band anticrossing in ZnOSe highly mismatched alloy M. Welna, R. Kudrawiec, Y. Nabetani, and W. Walukiewicz Applied Physics Express 7/ 7 2014/07/01
  4. Room-temperature formation of a ZnO-based adhesion layer for nanoprecision Cu/Glass metallization A. Teraoka,M. Watanabe,Y. Nabetani,E. Kondoh Japanese Journal of Applied Physics 52, 05FB0 2013/05/01
  5. Optical and Structural Properties of Zn–Cd–Mn–Se Double Quantum Well Systems T. Matsumoto,K. Ohmori,K. Kodama,M. Hishikawa,S. Fukasawa,F. Iwasaki,T. Muranaka,Y. Nabetani Japanese Journal of Applied Physics 50 2011/06/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Strain Energy Calculations of ZnTe1-xOx Crystal Using VFF Model for Intermediate Band Solar Cell 20th International Conference on Ternary and Multinary Compounds 2016/09/06
  2. 口頭発表(一般) 大面積PC基板上に形成したGZO透明導電膜の構造および特性評価 応用物理学会 結晶工学分科会主催第4回結晶工学未来塾 2015/10/29
  3. 口頭発表(一般) アニール処理したZnO-TFTの電流DLTS評価 応用物理学会 結晶工学分科会主催第4回結晶工学未来塾 2015/10/29
  4. 口頭発表(一般) ZnTeのn型層および電極の作製と電気的特性の評価 応用物理学会 結晶工学分科会主催第4回結晶工学未来塾 2015/10/29
  5. 口頭発表(一般) ZnTeO太陽電池に向けたZnO/ZnTeヘテロ接合の作製 応用物理学会 結晶工学分科会主催第4回結晶工学未来塾 2015/10/29

上記以外の発表の総数

  1. 2006 2 2 0
  2. 2005 4 1 3
  3. 2004 3 1 2
  4. 2003 6 1 5
  5. 2002 4 2 2

知的財産権

  1. 光半導体素子 2002-252430 2002/08/30

受賞

  1. 研究特別奨励賞 2008/06/23 平成18年度に教育研究等で優れた業績
  2. 矢崎学術賞(奨励賞) 2007/03/08 ZnSeO混晶のバンドギャップ制御とその光デバイスへの応用
  3. 第3回応用物理学会講演奨励賞 1997/01/01

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2007/05/08-2007/05/08 北海道大学電子科学研究所 分担 単一光子発生素子 試料作製
  2. 2006/04 東北大学金属材料研究所、八百隆文 その他 酸化物半導体の作製と伝導制御 山梨大学で作製した試料の磁気光学特性評価を東北大学金研で行った。
  3. 2005/04-2006/03 東北大学金属材料研究所、八百隆文 その他 酸化物半導体の作製と伝導制御 山梨大学で作製した試料の磁気光学特性評価を東北大学金研で行った。
  4. 2004/04-2005/03 東北大学金属材料研究所、八百隆文 その他 酸化物半導体の作製と伝導制御 山梨大学で作製した試料の磁気光学特性評価を東北大学金研で行った。
  5. 2003/10 Roma University, Dr. Polimeni 代表 バンドギャップボーイングに与える原子状水素照射の影響 山梨大学で作製した試料の光学特性評価をRoma大学で行っている。成果を学術論文3編および口頭発表4件として公表している。

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2016 3

所属学協会

  1. 日本結晶成長学会
  2. 応用物理学会