山梨大学
大学院 総合研究部 生命環境学域
社会科学系(地域社会システム学)

顔写真
准教授

喜多川 進

キタガワ ススム
Susumu Kitagawa

経歴

  1. ウルム大学(ドイツ)数学・経済学部研究員 1995/10/01
  2. 日本学術振興会特別研究員 1998/04/01
  3. 山梨大学工学部循環システム工学科 1999/04/01
  4. 山梨大学 生命環境学部 地域社会システム学科 2012/04/01
  5. オーストラリア国立大学客員研究員(School of Regulation, Justice and Diplomacy, ANU College of Asia and the Pacific) 2012/08/08
  6. The Australian National University, Department of Pacific and Asian History, School of Culture, History and Language, College of Asia and the Pacific 客員研究員 2016/04/01-2017/03/31

学位

  1. 博士 京都大学 2012/03/26

研究分野

  1. 環境政策 環境政策,環境政策史

研究キーワード

  1. 環境政策史
  2. 環境史
  3. 容器包装廃棄物政策
  4. 環境政策

研究テーマ

  1. 環境政策史、ドイツと日本における容器包装廃棄物政策、気候変動政策の展開、日本の公害研究

競争的資金等の研究課題

  1. 温暖化防止政策に関する国際比較研究 科学研究費補助金 2010/04/01-2015/03/30
  2. 環境政策史の確立及び日独の容器包装廃棄物政策に関する環境政策史研究 科学研究費補助金 2010/04/01-2013/03/31
  3. ドイツにおける環境政策の決定要因に関する研究 奨学寄附金 2006/04/01-2008/03/31
  4. 容器包装廃棄物政策の日独比較 科学研究費補助金 2003/04/01-2005/03/31
  5. 他の外部資金 2001/04/01-2003/03/31

著書

  1. 『環境政策史―なぜいま歴史から問うのか』 西澤栄一郎・喜多川進 ミネルヴァ書房 2017/03/30 9784623078714 URL
  2. 「温暖化懐疑論はどのように語られてきたのか」長谷川公一・品田知美編『気候変動政策の社会学―日本は変われるのか』 藤原文哉・喜多川進 昭和堂 2016/07/30 9784812215531 URL
  3. 『環境政策史論ードイツ容器包装廃棄物政策の展開』 喜多川進 勁草書房 2015/02/25 9784326504046 URL
  4. 「ドイツ容器包装政令における拡大生産者責任―草案作成段階での政策手段の選択過程」植田和弘・山川肇編『拡大生産者責任の環境経済学―循環型社会形成にむけて』 喜多川進 - 昭和堂 2010/10/01
  5. 環境事典 - 旬報社 2008/10/01

論文

  1. 喜多川進「1980年代ドイツにおける大気汚染防止政策の推進背景―大規模焼却施設令をめぐる動向を中心に」 喜多川進 寺尾忠能編『資源環境政策に関わる法制度・行政組織の形成と運用』アジア経済研究所 1-12 2015/02/01
  2. 喜多川進「ドイツ容器包装令の成立過程―公聴会をめぐる動向を中心に」 喜多川進 寺尾忠能編『「後発性」のポリティクス―資源・環境政策の形成過程』アジア経済研究所研究双書No.614 153-188 2015/02/01
  3. 喜多川進「環境政策史―その挑戦と課題』(特集「環境政策史」所収) 喜多川進 大原社会問題研究所雑誌 674, 3-18 2014/12/01
  4. Susumu Kitagawa, “Decision Making for Market-based Environmental Cost Allocation: The Case of Packaging Waste Policy in Germany,” in Larry Kreiser et al. (eds.), Environmental Taxation and Green Fiscal Reform: Theory and Impact, Cheltenham: Edward Elgar, 2014 Susumu Kitagawa 161-181 2014/08/01
  5. Susumu Kitagawa, “Vision and Significance in Environmental Policy History,” in Ts’ui-jung Liu (ed.), Environmental History in East Asia: Interdisciplinary Perspectives, London: Routledge Susumu Kitagawa 64-90 2014/01/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Formulation and Development of German Packaging Waste Policy, 1970–1991: A Study in Environmental Policy History The Second Conference of East Asian Environmental History (EAEH2013), National Dong Hwa University, Taiwan, 24 October 2013 2013/10/24
  2. 口頭発表(一般) Decision Making for Market-based Environmental Cost Allocation: The Case of Packaging Waste Policy in Germany 14th Global Conference on Environmental Taxation, 17-19 October, 2013, Kyoto, Japan. 2013/10/19
  3. 口頭発表(招待・特別) 日本における温暖化懐疑書籍の特性―サブトピックとしての残存形態―(藤原文哉との共著) 行動計量学会第40回大会 2012/09/15
  4. 口頭発表(一般) 研究戦略としての環境政策史 環境経済・政策学会 2012/09/15
  5. 口頭発表(一般) Japan's climate change media coverage and politics The Second ISA (International Sociological Association) Forum of Sociology 2012/08/01

受賞

  1. 2016年度環境経済・政策学会学術賞 2016/09/11 学術賞は、優れた論文あるいは著書に対する賞である。毎年2件以内とする。
  2. 優秀教員奨励制度に係る表彰 2016/05/08
  3. 優秀教員奨励制度に係る表彰 2013/03/01
  4. Doctoral Research Fellowship, Japan Society for the Promotion of Science 1998/04/01

担当授業科目

  1. 生物環境資源実習

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2009 2 2 1 環境政策に関する指導をおこなった。
  2. 学部卒業論文指導 2008 3 3 1 環境政策に関する指導をおこなった。
  3. 学部卒業論文指導 2007 1 1 1 環境政策に関する研究指導
  4. 学部卒業論文指導 2006 2 2 1 環境政策に関する研究指導。

社会貢献活動

  1. 公害対策基本法制定50 周年からみる環境問題の変遷 2017/07/09
  2. 日本貿易振興機構アジア経済研究所「資源環境政策に関わる法制度・行政組織形成と運用」研究会 委員 2014/04/01-2016/03/31 (活動の内容) 資源環境政策に関わる法制度・行政組織形成と運用の最新動向に関する研究を行う。 (開催回数) 6
  3. 山梨県環境保全審議会地球温暖化対策部会 委員 2013/04/01-2014/03/31 (活動の内容) 山梨県の地球温暖化対策に関する検討を行う。 (開催回数) 5
  4. 山梨県環境保全審議会 委員 2012/11/01-2013/11/01 (活動の内容) 山梨県の環境政策全般の検討を行う。 (開催回数) 6
  5. 日本貿易振興機構アジア経済研究所「経済開発過程における資源環境管理政策・制度の形成」研究会 研究会委員 2012/04/01-2014/03/31 (活動の内容) 資源環境管理政策に関する調査研究 (開催回数) 6

所属学協会

  1. 廃棄物学会
  2. 日本公共政策学会
  3. 環境法政策学会
  4. 日本比較政治学会
  5. 日本環境会議

学外委員

  1. 日本貿易振興機構アジア経済研究所 研究会委員 2017/04/01
  2. 環境経済・政策学会 理事 2016/04/01-2017/03/31
  3. 日本貿易振興機構アジア経済研究所 研究会委員 2015/04-2016/03
  4. 山梨県環境審議会 委員 2014/11-2016/11
  5. 山梨県環境保全審議会地球温暖化対策部会 委員 2014/11-2016/11