山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
電気電子情報工学系(コンピュータ理工学)

顔写真
教授

大渕 竜太郎

オオブチ リユウタロウ
Ohbuchi Ryutarou

経歴

  1. 日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所研究員 1983/04/01
  2. 日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所研究員 1994/02/25
  3. 山梨大学助教授(工学部) 1999/04/01
  4. 山梨大学医学工学総合研究部 教授 2007/04/01

学歴

  1. 上智大学 1981/03/31
  2. 電気通信大学 1983/03/31
  3. 米国ノースカロライナ大学チャペル・ヒル,大学院修士課程, 理学修士 修士 1988/05/31
  4. 米国ノースカロライナ大学チャペル・ヒル,大学院博士課程,哲学博士 コンピュータサイエンス 1994/05/01

学位

  1. 学士 上智大学 1981/03
  2. 工学修士 電気通信大学 1983/03
  3. Master of Science in Computer Science UNC-Chapel Hill 1989
  4. Doctor of Philosophy in computer science UNC-Chapel Hill 1994

研究分野

  1. メディア情報学・データベース マルチメディア情報処理,マルチメディアデータ検索,3次元形状類似検索
  2. 知能情報学 コンピュータビジョン,機械学習

研究キーワード

  1. コンピュータビジョン,画像認識
  2. 3次元形状モデルの解析,比較,類似検索
  3. マルチメディア検索
  4. 機械学習

研究テーマ

  1. 機械学習を用いたスケッチに基づく3次元形状や画像の検索
  2. 機械学習による3次元医療画像解析,診断 MRIやX-ray CT等で獲得した3次元医療画像等をもとに,脳動脈瘤などの3次元構造を持つ疾患の解析や診断を行う機械学習に基づいた技術の開発.
  3. 機械学習を用いた病理組織画像の解析 染色され顕微鏡で撮影された乳癌等の病理組織画像に基づき,機械学習,例えば深層学習等を用いて病気のスクリーニングや診断を行う技術の開発.
  4. 意味や意図を考慮したマルチメディア情報検索
  5. 3次元モデルの形状類似検索

著書

  1. 第6章 3次元形状モデルに対する透かし 画像電子学会編 - 2004/05/01
  2. 第6章 3次元形状モデルに対する透かし (大渕 竜太郎) 画像電子学会編 - 東京電機大学出版局 2004/01/01
  3. 3次元形状モデルに対する透かし 大渕 竜太郎 - 画像電子学会 2002/09/01

論文

  1. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Deformable Shape Retrieval with Missing Parts E. Rodolà, L. Cosmo, O. Litany, M. M. Bronstein, A. M. Bronstein, N. Audebert, A. Ben Hamza, A. Boulch, U. Castellani, M. N. Do, A-D. Duong, T. Furuya, A. Gasparetto, Y. Hong, J. Kim, B. Le Saux, R. Litman, M. Masoumi, G. Minello, H-D. Nguyen, V-T. Nguyen, R. Ohbuchi, V-K. Pham, T. V. Phan, M. Rezaei, A. Torsello, M-T. Tran, Q-T. Tran, B. Truong, L. Wan, and C. Zou , L Eurographics Workshop on 3D Object Retrieval The Eurographics Association 2017/04/23 1997-0471 10.2312/3dor.20171057
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 軽量な局所2値特徴を用いた3次元形状の比較 松田 隆広, 古屋 貴彦, 大渕 竜太郎 情報処理学会論文誌 情報処理学会 57/ 11, 2456-2466 2016/11/15 1882-7764
  3. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Deep Aggregation of Local 3D Geometric Features for 3D Model Retrieval Takahiko Furuya and Ryutarou Ohbuchi Proceedings of British Machine Vision Conference (BMVC) 2016 2016/09/19
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 教師なし距離計量学習を用いたイラスト描画スタイルの比較 古屋貴彦, 栗山繁, 大渕竜太郎 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J99-D, No.8, 電子情報通信学会 J99-D/ 8, 709-717 2016/08/01 1881-0225
  5. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Accurate Aggregation of Local Features by using K-sparse Autoencoder for 3D Model Retrieval Takahiko Furuya, Ryutarou Ohbuchi ICMR '16 Proceedings of the 2016 ACM on International Conference on Multimedia Retrieval Association for Computing Machinery 239-297 2016/06/06 10.1145/2911996.2912054

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Deep Convolutional Neural Networkを用いた物体の3軸回転に頑強な3次元形状比較に向けて Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2016 2016/06/18
  2. 口頭発表(一般) リアルタイム作画支援を備えたスケッチによる3次元モデル検索システム Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2016 2016/06/18
  3. 口頭発表(招待・特別) 3D Shape Analysis and Retrieval - Recent Advances and Trends International Conference on Pattern Recognition (ICPR) 2012 Tutorial AM-04 2012/11/11
  4. 口頭発表(招待・特別) 3次元モデルの形状類似比較と検索 第7回計算解剖学セミナー 2011/11/23
  5. 口頭発表(招待・特別) 形状の類似性による3次元モデルの検索 3次元画像コンファレンス2010 2011/06/06

受賞

  1. 2012-1013年度 画像電子学会 最優秀論文賞 2014/06/29 2012-1013年度の2年間に画像電子学会誌に発表された論文中,最も優れた2編の論文の著者に与えられる賞.
  2. グラフィクスとCAD研究会優秀研究発表賞 2014/06/28 Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム2013において口頭発表した以下の論文に対して発表者が受賞. 古屋 貴彦,大渕 竜太郎 クロスドメイン多様体ランキングを用いたスケッチによる3Dモデルの検索
  3. NICOGRAPH 2013 優秀論文賞 2013/11/08 古屋 貴彦, 松田 隆広, 栗田 侑希紀, 大渕 竜太郎, 多視点画像特徴の多様体を用いたスケッチによる3Dモデルの検索,NICOGRAPH 2013, 2013年11月8~9日. (フルペーパー査読)
  4. 情報処理学会・グラフィクスとCAD研究会優秀研究発表賞 2013/06/22 古屋 貴彦, 大渕 竜太郎, クロスドメイン多様体ランキングを用いたスケッチによる3Dモデルの検索,Proc. Visual ComputingグラフィクスとCAD合同シンポジウム 2013, 2013年6月22日~23日. (アブストラクトによる査読付き)
  5. Theory and Practices of Computer Graphics (TP.CG) 2003 conference best presentation award. 2003/06/05 Ryutarou Ohbuchi, Takahiro Minamitani, Tsuyoshi Takei, Shape Similarity Search of 3D Models by using Enhanced Shape Functions, pp. 97-104, Theory and Practice of Computer Graphics 2003 (TP.CG. 03), June, 2003, Birmingham, U.K.

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2013/10/01-2014/09/30 株式会社東芝 生産技術センター 代表 三次元形状類似検索に関する研究
  2. 2006/04/01-2009/03/31 豊橋技術科学大学,産業技術総合研究所 分担 大規模なヒューマンデータの知的探索と再利用 人の形状データおよびアニメーションデータを対象に,その形や動きを発見的に探索したり,マイニングしたりするための技術開発.特に3次元形状データのマイニング,学習にもづいた分類など.
  3. 2004/04/01-2005/03/31 法政大学情報科学部 分担 CSRBFとVR技術を用いたインタラクティブな3次元形状モデリング アルゴリズムの一部の指導,および論文執筆と発表の指導.
  4. 2003/04/01-2005/03/31 北陸先端科学技術大学院大学 分担 BRDFを応用したデジタル絵画表現に関する研究 基本アイデア(50%)の提供,および反射特性の測定,混色モデルの組み立て,などにおけるガイダンス. 絵の具の反射特性の実測値に基づく混色モデルを提案し,それに基づく絵画ソフトウェアを製作した.
  5. 2001/04/01-2005/03/31 東京大学 代表 3次元形状モデルを対象とする,周波数領域での電子透かし技術 基礎となるアイデアと,アルゴリズムの一部.

担当授業科目

  1. 計算機アーキテクチャII

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2016 4 0 0 0 2
  2. 学部卒業論文指導 2016 5 0 5 0 2

その他の学部学生指導

  1. 2016 2014-2017

社会貢献活動

  1. 出前講義 (岡谷南高校) 2016/09/15

所属学協会

  1. 情報処理学会
  2. 画像電子学会 2002/04
  3. IEEE Computer Society 1986
  4. ACM 1986/11