山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
物質科学系(先端材料理工学)

准教授

加藤 初弘

カトウ ハツヒロ
Kato Hatsuhiro

経歴

  1. 株式会社東芝 総合研究所 1987/03/01
  2. 函館工業高等専門学校 一般理数系 助教授 1994/03/01
  3. 山梨大学助教授(工学部) 1999/03/01

学歴

  1. 北海道大学 工学部/工学研究科 応用物理学科/応用物理学専攻 博士 1987/03/31 修了

学位

  1. 工学博士 北海道大学

その他の経歴

  1. 文部省在外研究員(1994年10月-1995年9月 ベルギーアントワープ大学)

研究分野

  1. マイクロ・ナノデバイス 集積回路
  2. 数理物理・物性基礎 電子物性
  3. 電子デバイス・電子機器

研究キーワード

  1. 信号処理
  2. 固体物性
  3. 数値解析
  4. 固体電子回路

研究テーマ

  1. マイクロデバイスにおける数値解析技術
  2. 信号解析と集積回路設計

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Mechanics shape function of quadrilateral element composed of subdivision Triangles for recursive transfer method Hatsuhiro Kato, Hatsuyoshi Kato and Yoshimasa Naito JAPAN JOURNAL OF INDUSTRIAL AND APPLIED MATHEMATICS Springer Japan 35/ 1, 277-295 2018/06/24 0916-7005 10.1007/s13160-017-0281-9 We propose what we call mechanics shape function using subdivision triangles of a quadrilateral element, and we extend RTM to be valid for various shapes of scatterers. The effect of the mechanics shape function is evaluated using a uniform waveguide with a distorted mesh.
  2. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 共著 少量試料のマイクロ波吸収測定 切金太,加藤初弘,小川和也 電子情報通信学会技術研究報告 電子情報通信学会 117/ 244, 157-160 2017/10/12 0913-5685 同軸導波路により作られたキャビティを用いて,10mg以下の微少な粉末試料のμ波鳩首特性を測定する技術を検討した.試料室への電界集中と統計的な信号処理を併用して誘電率を測定する方法を開発した.
  3. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 The control of resonance curve using the shape modulation of the scattering region in elastic waveguide Hatsuhiro Kato, Yoshimasa Naito, Takaaki Ishii and Hatsuyoshi Kato Proceeding on Meeting of the Acoustical Society of America Springer Verlag 1-19 2017/04/06 10.1121/2.0000387 Fano resonance is a phenomenon that is caused by interactions between continuous and discontinuous states. It was initially investigated in optical and atomic systems. Although flexural waves have seldom been discussed in association with Fano resonance, they have attracted increased interest because a numerical method, RTM (Recursive Transfer Method), has recently been developed under the framework of weak form discretisation. A flexural wave on an elastic waveguide is a typical biharmonic system governed by a fourth-order differential equation and it is a suitable subject for verifying the feature of RTM that can extract the localised/quasi-localised wave. The continuous and discontinuous states can be realised by the incident and localised waves in an elastic-waveguide scattering problem. When an elastic plate is cut from both sides, the resulting thin region works as a scattering region and the localised wave is generated there.
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Improvement of artificial auscultation on hemodialysis stenosis by the estimate of stenosis site and the hierarchical categorization of learning data Hatsuhiro Kato, K. Kiryu, Y. Suzuki, O. Sakata and M. Fukasawa, IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS IEICE E100-D/ 1, 175-180 2017/01 1745-1361
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Accuracy of weak-form discretisation and extension of recursive transfer method for scattering problems governed by fourth-order differential equation Hatsuhiro Kato and Hatsuyoshi Kato JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN 日本物理学会 85/ 5 2016/04/01 0031-9015 10.7566/JPSJ.85.054001

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 弾性導波路におけるFano共鳴 電子情報通信学会 2018年総合大会 2018/03/21
  2. 口頭発表(一般) 少量試料のマイクロ波吸収測定 電子情報通信学会 マイクロ波研究会 2017/10/20
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 細分化四角形要素を用いたRTMによる散乱問題の数値計算法 常微分方程式の数値解析とその周辺 2016 2016/07/04
  4. 口頭発表(一般) 弱形式離散化スキーム逐次伝達法を用いた散乱問題の数値計算法の提案 数値解析シンポジウム 2015/06/08
  5. 口頭発表(一般) Weak-Form Discretization Scheme for Recursive Transfer Method Proceedings of Kyoto Conference on Numerical Analysis of differential equations 2014 2014/09/16

上記以外の発表の総数

  1. 2008 3 3

知的財産権

  1. 特許 クロック信号分配装置 2004-79343 2004/02/19
  2. 特許 基準電流発生回路 5-329482 1993/12/27
  3. 特許 半導体論理回路 5-322859 1993/12/21 6056101
  4. 特許 同期型メモリ  5-312105 1993/12/13
  5. 特許 基準電流発生回路 7-191770 1995/07/28

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2015/05/04-2018/05/11 苫小牧高等高等専門学校 代表 弱形式スキームによる弾性波散乱の周知計算法及びその実験的検証 科研費の課題の進捗調整
  2. 2011/06/01-2013/03/31 苫小牧工業高等専門学校 代表 逐次伝達法の弱形式理論を用いた定式化とそのマイクロ波への適用およびテンソル場への拡張の検討 科研費の研究代表
  3. 2008/05/15-2008/09/30 山梨県工業技術センター 分担 マイクロ波の吸収過程の定式化とその環境技術への応用 定式化と制御方法の検討.国際ワークショップで発表.
  4. 2008/04/01-2009/03/15 日本原子力研究開発機構 分担 ダイヤモンド合成を目指した,プラズマCVD装置の開発. プラズマ状態の解析に関する研究協力.応用物理学科に学生とともに2件発表.
  5. 2005/06 苫小牧工業高等専門学校 代表 How to deliver a high-frequency clock over 100GHz using common BEOL technology 役割:研究代表 成果:  1)ADVANCED Metallization Conference 発表  2)論文IEEE MT&Tへの論文発表

その他の教育実績

  1. 2017 公開説明会(8/5)研究室見学
  2. 2017 公開説明会(11.24)での研究室公開
  3. 2017 基礎工学演習2におけるPBLと学生間相互評価の導入

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2017 1 1 0 0 1 12 30
  2. 学部卒業論文指導 2017 2 0 0 0 1 12 30
  3. 修士学位論文指導 2016 1
  4. 学部卒業論文指導 2016 2

その他の学部学生指導

  1. 2017 2014-2017 ガイダンス,成績不振者の就学指導 3 研究授業への出席(山梨学院高校)

修士・博士論文審査

  1. 2017 副査 1

所属学協会

  1. (財)電子情報通信学会
  2. 日本物理学会
  3. 日本応用数理学会 2012/06