山梨大学
大学院 総合研究部 生命環境学域
環境科学系(環境科学・国際流域環境研究センター)

助教

馬籠 純

マゴメ ジュン
Magome Jun

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員 2003/10/01
  2. 山梨大学大学院医学工学総合研究部 21世紀COE研究員 2004/04/01
  3. 土木研究所 水災害リスクマネジメント国際センター 専門研究員 2008/02/01
  4. 政策研究大学院大学 連携准教授 2008/06/01

学歴

  1. 山梨大学 1999/03/31
  2. 山梨大学 2001/03/31
  3. 山梨大学 2004/03/31

学位

  1. 博士(工学) 山梨大学 2004/03/31

研究分野

  1. 水工水理学 水文学

研究キーワード

  1. 水文モデル
  2. 水資源
  3. リモートセンシング
  4. データベース
  5. 気候変動
  6. 水文学

研究テーマ

  1. 水文モデリング
  2. 衛星リモートセンシングによる地表水監視
  3. 水文データベース
  4. 気候変動による将来の水災害リスク変化の評価
  5. 水文学・水資源工学

著書

  1. BTOPマニュアル 2018/03/31
  2. Trends in reservoir, lake and wetland storage Takeuchi K.,Magome J - UNESCO Publishing 2009/05/01
  3. 分布式水文模型系統YHyM在黄河流域上的皮用 Takeuchi Kuniyoshi,Ishidaira Hiroshi,Ao Tianqi,Zhou Maichun,Magome, Jun,Hapuarachchi Hapuarachchige Prasantha,Kiem Anthony Stuart - 中国水利水電出版社 2005/01/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 valuation of Water Cycle Components with Standardized Indices Under Climate Change in the Pampanga, Solo and Chao Phraya Basins Maksym Gusyev*1,*2,†, Akira Hasegawa*1,*2, Jun Magome*3, Patricia Sanchez*1, Ai Sugiura*1,*4, Hitoshi Umino*1, Hisaya Sawano*1, and Yoshio Tokunaga*1 Journal of Disaster Research 11/ 6, 1091-1102 2016/12/01 10.20965/jdr.2016.p1091
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Connecting global- and local-scale flood risk assessment: a case study of the Rhine River basin flood hazard. Journal of Flood Risk Management. Gusyev, M.,Gadeke, A.,Cullmann J.,Magome J.,Sugiura A.,Sawano H.,Takeuchi K. Journal of Flood Risk Management The Chartered Institution of Water and Environmental Management (CIWEM) and John Wiley & Sons Ltd 9, 343-354 2016/05/01 1753-318X 10.1111/jfr3.12243
  3. Spatial-statistical Approach to Evaluate Land Use Change in Galle DSD, Sri Lanka T.N. Wickramaarachchi,H. Ishidaira,J. Magome Research Journal of Applied Sciences, Engineering and Technology 11/ 10, 1041-1047 2015/12/01
  4. ALOS/PALSAR によるInSAR 時系列解析で検出したカトマンズ盆地の地盤沈下について 出口知敬,馬籠純,佐藤実咲,石平博 日本リモートセンシング学会誌 35/ 5, 309-313 2015/12/01
  5. Drought assessment in the Pampanga River basin, the Philippines – Part 2: A comparative SPI approach for quantifying climate change hazards A. Hasegawa,M. Gusyev,T. Ushiyama,J. Magome,Y. Iwami 21st International Congress on Modelling and Simulation, Gold Coast, Australia, 29 Nov to 4 Dec 2015 2388-2394 2015/12/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Rapid Global River Flood Risk Assessment under Climate and Socioeconomic Scenarios: An Extreme Case of Eurasian region European Geosciences Union General Assembly 2017 2017/04/26
  2. 口頭発表(一般) ICT for ICRE research/network/educational activities International Symposium “Knowledge Sharing and Cooperation related to Water Problems in Asian River Basin- Deepening and developing research and education into river basin water at the Global Center 2012/11/22
  3. 口頭発表(一般) Application of a Distributed Hydrological Model in the Karun River Basin, Iran PUB SYMPOSIUM 2012,"Completion of the IAHS decade on Prediction in Ungauged Basins and the way ahead" 2012/10/24
  4. 口頭発表(一般) 衛星画像・GISを用いたアジア域の大河川実河道データの試作 水文・水資源学会2012年度研究発表会要旨集 2012/09/27

受賞

  1. the Best Technical Paper (1st Place-over 35 years of age ) First Place 2014/10/10 Projecting Turbidity Levels in Future River Flow: A Mathematical Modeling Approach
  2. 第10回東南アジア国際水環境シンポジウム:ベストポスター賞 2012/11/08 Study on sediment production distribution in the Red River Basin, Vietnam
  3. 国際セッション優秀論文賞 2012/03/06 Development of web-based, map-oriented workspace platform for storing and sharing hydrological data
  4. 平成21年度国土交通省国土技術研究会表 イノベーション部門 優秀賞 2009/09 人工衛星観測雨量を利用した洪水予測ステム(IFAS)の開発
  5. 水文・水資源学会 2003年研究発表会 最優秀ポスター賞 2003/07 グローバルなダム貯水池データベースの構築

その他の教育実績

  1. 2016 地域課題解決科目担当(COC事業)森林の継承と環境保全計画立案

所属学協会

  1. 水文・水資源学会 2000/06
  2. 土木学会 1999/04

学外委員

  1. 国土交通省関東地方整備局 河川部河川計画課 関東地方河川技術懇談会委員 2017/04