山梨大学
大学院 総合研究部 生命環境学域
生命農学系(生命工学)

顔写真
准教授

山村 英樹

ヤマムラ ヒデキ
Yamamura Hideki

経歴

  1. (独)製品評価技術基盤機構バイオテクノロジー本部資源開発課研究職員 2004/10

学歴

  1. 東海大学 1999/03
  2. 山梨大学 2001/03
  3. 山梨大学 2004/09

学位

  1. 博士(工学) 山梨大学 2004/09/28

研究分野

  1. 応用微生物学

研究キーワード

  1. 分類
  2. 放線菌
  3. 微生物多様性

研究テーマ

  1. 放線菌の分類学的研究
  2. 放線菌の新規選択分離法の開発

共同・受託研究希望テーマ

  1. 放線菌分離株の創薬資源としての利用 大学等の研究機関との共同研究を希望 放線菌の分離なら日本でも有数の技術を有しております。

競争的資金等の研究課題

  1. カナディアンフミン(製品名:粒状カナダフミン)施用における放線菌の菌密度の増減 共同研究 2016/04/01-2017/03/31

著書

  1. The Family Streptosporangiaceae - 2014/10/01
  2. 宮道慎二 奥田 徹 井上 勲 後藤俊幸 ほか 宮道慎二 奥田 徹 井上 勲 後藤俊幸 ほか - (株)筑波出版会 2007/12/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Virgisporangium myanmarense sp. nov., a novel motile actinomycete isolated from an anthill soil in Myanmar The Journal of Antibiotics 2017/07/12 10.1038/ja.2017.81
  2. Isolation of a novel plasmid from Couchioplanes caeruleus and construction of two plasmid vectors for gene expression in Actinoplanes missouriensis. MS. Jang,A. Fujita,S. Ikawa,K. Hanawa,H. Yamamura,T. Tamura,M. Hayakawa,T. Tezuka,Y. Ohnishi Plasmid 77, 32-38 2015/07/01
  3. Total Synthesis and Structure Determination of JBIR-108 A 2 -Hydroxy-2 -(1-hydroxyethyl) -2,3 -dihydro -3(2H) -furanone isolated from Streptomyces gramineus IR087Pi-4. Journal of Organic Chemistry 80, 114-132 2015/01/01
  4. Streptomyces hokutonensis sp. nov., a novel actinomycete isolated from the strawberry root rhizosphere Journal of Antibiotics(Tokyo) 67, 465-470 2014/06/01
  5. Agromyces iriomotensis sp. nov. and Agromyces subtropicus sp. nov., isolated from soil International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 64/ 3, 833-838 2014/03/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Isolation and taxonomic study of the genus Krasilnikovia and related taxa selectively isolated by using modified RC method from Japan and Myanmar 2016/12/03
  2. 口頭発表(一般) Construction of the Foundation of Screening Strategies for Extremely Rare Actinomycetes from Tropical Areas in Myanmar Third Japan - Myanmar International Symposium 2016/12/03
  3. ポスター発表 中性および酸性HV培地を用いた地衣類からの多様な放線菌の分離 2016/10/15
  4. ポスター発表 ソルビトール添加培地による高糖浸透圧耐性放線菌の分離 2016/09/08
  5. ポスター発表 ミャンマーと日本で分離されたKrasilnikovia属の分類 2016/09/08

受賞

  1. 日本放線菌学会 浜田賞 2013/09/05 希少放線菌のユニークな選択分離方法の構築と新期分類群の提案
  2. (独)製品評価技術基盤機構 理事長表彰 2006/12 海外微生物の大量収集・提供とアジア多国間協力の推進

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2009/05/14-2011/03/31 産総研 代表 新規放線菌からの新規化合物の探索 沖縄および北海道から分離した放線菌を提供し、二次代謝産物の探索を行い、新規化合物を得た。
  2. 2009/04/01-2011/03/31 製品評価技術基盤機構バイオ本部・資源保存課 分担 放線菌の分類学的研究 放線菌の分類学的な研究を行い、新種と考えられる株を得た。
  3. 2009/04/01-2011/03/31 味の素株式会社 分担 食品用酵素の探索 放線菌からトランスグルタミナーゼ酵素の探索とPCRによる酵素遺伝子の検出 高温活性を有すると推定される株を得た。
  4. 2009/04/01-2010/03/31 長瀬産業 分担 高温性放線菌・耐酸性放線菌の分離 日本各地から放線菌を様々な分離手法に基づいて分離保存および提供を行った。

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2016 5
  2. 学部卒業論文指導 2015 5
  3. 学部卒業論文指導 2011 5 5 3 卒業研究を行うに当たって、実験計画に関するアドバイスおよび研究総括を行った。
  4. 学部卒業論文指導 2010 6 6 3 卒業研究を行うに当たって、実験計画に関するアドバイスおよび研究総括を行った。

所属学協会

  1. 日本放線菌学会 2005/04
  2. 日本技術士会山梨県支部 2002/04
  3. 日本技術士会 2001/04
  4. 日本生物工学会 2000/04
  5. 日本農芸化学会 1997/04

学外委員

  1. 日本放線菌学会 理事 2016/04/01-2019/03/31
  2. 公益社団法人 日本技術士会生物部会 幹事 2014/10-2019/03/31
  3. 公益社団法人日本技術士会山梨県支部 幹事 2011/12-2019/03/31