山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
土木環境工学系(国際流域環境研究センター)

顔写真
准教授

遠山 忠

トオヤマ タダシ
Tohyama Tadashi

その他の所属・職名

  1. 大学院 総合研究部 工学域 土木環境工学系(土木環境工学)

経歴

  1. 国立大学法人室蘭工業大学工学部 助手 2006/04/01
  2. 国立大学法人室蘭工業大学工学部 助教 2007/04/01
  3. 国立大学法人室蘭工業大学大学院工学研究科 助教 2009/04/01
  4. 国立大学法人 山梨大学大学院医学工学総合研究部 特任助教 2009/12/01
  5. 国立大学法人 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 准教授 2014/04/01

学歴

  1. 山梨大学 2001/03
  2. 山梨大学 2003/03
  3. 大阪大学 2006/03

学位

  1. 博士(工学) 大阪大学 2006/05

研究分野

  1. 環境技術・環境材料 生物環境工学、持続循環型社会、排水・廃棄物処理、資源回収、環境微生物、植物、植物バイオマス

研究キーワード

  1. 排水処理
  2. ファイトレメディエーション
  3. 排水からのエネルギー・資源回収
  4. 内分泌撹乱化学物質
  5. バイオマス燃料・資源
  6. バイオレメディエーション

研究テーマ

  1. 植物と微生物を利用した環境保全・浄化と資源生産
  2. 難分解性化学物質の生分解メカニズムの解明
  3. 微生物のモニタリングと有用微生物の分離培養
  4. 植物と微生物間の相互作用(共生関係)の解析

競争的資金等の研究課題

  1. 共生微生物により機能強化した水生植物の水質浄化・資源生産能力予測モデルの開発 科学研究費補助金 基盤研究(C) 日本学術振興会 科学研究費助成事業 2017/04/01-2021/03/31
  2. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン) 他の外部資金 2017/04/01-2018/03/31
  3. ウキクサ科植物の葉状体の機能強化とコベネフィット型植生浄化プロセスの開発 科学研究費補助金 基盤研究(C) 日本学術振興会 科学研究費助成事業 2015/04/01-2018/03/31
  4. 基盤研究(B):成長促進細菌を利用した高生産性・高CO2削減性ウキクサバイオマスリファイナリーの開発 科学研究費補助金 2015/04/01-2018/03/31
  5. 挑戦的萌芽研究:微細藻類の光合成・バイオマス合成を支配する細菌の分子基盤解明とその応用 科学研究費補助金 2015/04/01-2017/03/31

著書

  1. 汚水を用いたウキクサバイオマス生産とバイオリファイナリーへの応用 遠山忠,森一博,池道彦,森川正章 74-3 バイオサイエンスインダストリー協会 2016/05/01
  2. Chapter 13B Using Microbial Biofilms to Enhance the Phytoremediation of Contaminants in Soil and Water. Part B: The Sustainable Biodegradation of Phenolic Endocrine-disrupting Chemicals by Bacteria in the Rhizosphere of Phragmites australis Toyama T,Kazuhiro M - Caister Academic Press 2015/12/01
  3. 海外レポート アジア諸国の環境事情(6)ネパールの水事情 -水安全性とその改善へのチャレンジ- 遠山忠,風間ふたば 43- 2014/11/01
  4. 総説:植物根圏での植物と微生物の相互作用による化学物質の分解 遠山忠,田中靖浩,森一博 13- 環境バイオテクノロジー学会 2013/11/01
  5. 植物が土や水をきれいにできるってほんと? 森一博,遠山忠 - 日本生物工学会編、化学同人 2012

論文

  1. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 単著 マイクロバイオームを活用した植物・微細藻類バイオマス生産 遠山忠 アグロバイオ 北隆館 2/ 3, 73-75 2018/03/20
  2. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 共著 植物マイクロバイオームとその利用 遠山忠、田中靖浩、森一博 化学工業 化学工業社 69/ 3, 14-18 2018/03/01
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Effect of dissolved organic nitrogen contamination on δ15N–NH4 determination in water samples by modification of the diffusion method with gas‐phase trapping Thi Thuy Hai Cao, Takashi Nakamura, Makoto Saiki, Thi Thao Ta, Tadashi Toyama, Kei Nishida Rapid Communications in Mass Spectrometry Wiley Online Library 32, 635-638 2018/02/27 0951-4198 10.1002/rcm.8091
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Comprehensive evaluation of nitrogen removal rate and biomass, ethanol, and methane production yields by combination of four major duckweeds and three types of wastewater effluent Tadashi Toyama,Tsubasa Hanaoka, Yasuhiro Tanaka, Masaaki Morikawa, Kazuhiro Mori Bioresource Technology 250, 464-473 2018/02/01 0960-8524 10.1016/j.biortech.2017.11.054
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Changes in Tetracycline Resistance Gene Populations and Microbial Community in Tetracycline-Contaminated and Uncontaminated Wastewater via Constructed Wetland Treatment Pham Thanh Hien,Toyama Tadashi and Mori Kazuhiro Journal Aquatic Pollution and Toxicology 2/ 1, 1-8 2018/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) ウキクサを釣り針とした難培養性細菌群の捕集と分離培養 第52回日本水環境学会年会 2018/03/17
  2. 口頭発表(一般) ネパール国カトマンズ盆地における嫌気性アンモニア酸化細菌(Anammox細菌)の分布とその特徴 第52回日本水環境学会年会 2018/03/17
  3. 口頭発表(一般) 硝酸汚染地下水を対象とした水素添加微生物浄化処理の能力評価 第52回日本水環境学会年会 2018/03/17
  4. 口頭発表(一般) コンパクト人工湿地の窒素除去に及ぼす植栽、ろ材と流入方式の影響 第52回日本水環境学会年会 2018/03/17
  5. 口頭発表(一般) Chlamydomoas reinhardtii、Chlorella vulgarisとEuglena gracilisの増殖を即shンする細菌の特徴と微細藻類増殖促進機構 第52回日本水環境学会年会 2018/03/16

受賞

  1. The prize for Best Poster 2016/06/30 Nitrogen removal ability and biomass productivity by various duckweeds in different wastewaters
  2. 第16回日本水処理生物学会論文賞 2015/11/12 Effects of various duckweed species on phenol degradation in environmental waters, Japanese Jornal of Water Treatment Biology, 50, 95-103
  3. 日本水環境学会 論文奨励賞(廣瀬賞) 2012/06/21 Accelerated biodegradation of pyrene and benzo[a]pyrene in the Phragmites australis rhizosphere by bacteria-root exudate interactions. Water Research, Vol. 45, Issue 4, 1629-1638 (2011)
  4. Best Poster Award of the 4th IWA=ASPIRE Conference and Exhibition 2011/10/05 Accelerated degradation of nonylphenol in sediment by interactions between phragmites australis and rhizosphere bacteria
  5. 第13回日本水処理生物学会論文賞 2010/11/18 Characterization of novel 4-n-butylphenol-degrading Pseudomonas veronii strains isolated from rhizosphere of giant duckweed, Spirodela polyrrhiza. Japanese Journal of Water Treatment Biology, Vol. 45, pp 83-92 (2009).

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2013/05/25-2019/03/31 山梨大学生命環境学部、国際流域環境研究センター 分担 国際科学技術共同研究推進事業 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)「微生物学と水文水質学を融合させたネパールカトマンズの水安全性を確保する技術の開発」、研究代表者 風間ふたば(山梨大学) 代表補佐、ワーキンググループ4の日本側リーダー
  2. 2011/10/01-2017/03/31 北海道大学、大阪大学、北里大学、産業技術総合研究所 分担 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発(ALCA)「根圏微生物共生系を活用した高次植生バイオプロセスの開発」、研究代表者 森川正章(北海道大学) 水生植物-根圏微生物機能を最大限に発揮させる植生ユニットの開発と実証評価

担当授業科目

  1. 環境工学実験
  2. 環境生物工学
  3. 環境工学概論
  4. 基礎化学III
  5. コミュニケーション

その他の教育実績

  1. 2017 準硬式野球部顧問

指導実績

  1. 博士学位論文指導 2017 4
  2. 修士学位論文指導 2017 5
  3. 学部卒業論文指導 2017 4
  4. 修士学位論文指導 2016 3 2 3 3
  5. 学部卒業論文指導 2016 5 0 5 5 5

その他の学部学生指導

  1. 2017 2015-2017
  2. 2016 2015-2017

修士・博士論文審査

  1. 2017 副査 2 1 1
  2. 2017 主査 4 1 1

社会貢献活動

  1. 富士吉田市立西小学校環境教育授業 2017/02/17-2017/02/17

国際交流・国際貢献

  1. 2017 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 マレーシア工科大学との大学間協定
  2. 2017 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 マレーシア・パハン大学との大学間協定
  3. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)・JST

所属学協会

  1. 日本水処理生物学会
  2. 日本生物工学会
  3. 日本水環境学会
  4. 土木学会

学外委員

  1. 土木学会 総務部門 全国大会委員会・関東支部委員 2017/12/01-2019/11/30
  2. 土木学会関東支部山梨会 幹事 2017/04/01-2019/03/31
  3. 土木学会関東支部 土木学会認定技術者資格試験実施委員会 2017/04/01-2019/03/31