山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
物質科学系(応用化学)

顔写真
准教授

宮嶋 尚哉

ミヤジマ ナオヤ
Miyajima Naoya

経歴

  1. 産業技術総合研究所 NEDO Fellow 2000/11/01
  2. 山梨大学工学部 物質・生命工学科 助手 2002/04/01
  3. 山梨大学大学院 医学工学総合研究部 助教 2007/04/01
  4. 山梨大学機器分析センター 准教授 2012/04/01

学歴

  1. 山梨大学 1995/03/01
  2. 山梨大学 1997/03/01
  3. 東京工業大学 2000/09/30

学位

  1. 工学博士 東京工業大学

研究分野

  1. 無機工業材料 炭素材料工学 ・吸着工学
  2. 複合材料・物性 無機有機複合化

研究キーワード

  1. 表面修飾
  2. 炭素化
  3. 吸着・イオン交換
  4. 無機有機複合化

研究テーマ

  1. 無機有機複合系空気分離剤の開発
  2. ハロゲン化した炭素前駆体の微細組織変化の検討
  3. 表面修飾活性炭の吸着特性評価
  4. 改質セルロース系高分子を用いた新規炭素材料の設計

競争的資金等の研究課題

  1. ハロゲン処理を組み合わせた革新的鋳型炭素化法によるポーラスカーボンの細孔構造制御 科学研究費補助金 2015/04/01-2018/03/31
  2. セルロースのナノ構造を生かした革新的エネルギーデバイス用カーボンペーパーの作製 科学研究費補助金 2011/07/01-2014/03/31
  3. セルロース-ヨウ素複合化による高次構造制御した炭素体の調製 科学研究費補助金 2007/04/01-2010/03/31
  4. 無機有機複合化による酸素燃焼用革新的酸素分離剤の開発 他の外部資金 2002/09/01-2005/03/31

論文

  1. 種々の糖類からヨウ素処理を経由して作製した炭素体の収率と多孔性 宮嶋尚哉,幸脇悠人,松村泰悠,阪根英人,棚池修 炭素 271, 10-14 2016/01/01
  2. A simple sysnthesis method to produce metal oxide loaded carbon paper using bacterial cellulose gel and characterization of its electrochemical behavior in an aqueous electrolyte Naoya Miyajima,Ken JInguji,Taiyu Matsumura,Toshihiro Matsubara,Hideto Sakane,Takashi Akatsu,Osamu Tanaike Journal of Physics and Chemistry of Solid 91, 122-127 2016/01/01
  3. デジタルカメラと色彩計測ソフトウェアを利用する検知管の変色位置識別システムの開発 鈴木保任,佐藤直広,中丸宜志,宮嶋尚哉,川久保進 分析化学 64/ 12, 881-887 2015/10/01
  4. Systematic changes in pore size distribution of template carbon obtained via chemical reaction between different cellulose precursors and halogens Naoya Miyajima,Taiyu Matsumura,Hideto Sakane,Noriko Yoshizawa,Osamu Tanaike Carbon 77, 1191-1194 2014/06/01
  5. カーボンナノファイバーの微細組織制御 安田榮一,赤津隆,田邊靖博,中村和正,干川康人,宮嶋尚哉 炭素 255, 254-265 2012/11/01

研究発表

  1. その他 Simple Synthesis of Metal Oxide Loaded Carbon Paper From Bacterial Cellulose Gel and Its Electrochemical Behavior in KOH Electrolyte The 8th International Conference on the Scinece and Technology for Advanced Ceramics (STAC8) 2014/06/25
  2. 口頭発表(招待・特別) ハロゲン処理を利用した炭素材料の形態・空間制御 第148回活性炭技術研究会講演会 2013/03/19
  3. 口頭発表(招待・特別) 炭素化 -ユニークな炭素材料の創出を目指して- 日本化学会関東支部山梨地区講演会 2012/12/03
  4. 口頭発表(招待・特別) 炭素化反応制御によるハロゲンの役割 高分子学会 第27回群馬・栃木地区講演会 2012/03/09
  5. 口頭発表(一般) ヨウ素不融化を鋳型作製プロセスに利用した多孔質炭素の調製 第38回炭素材料学会年会 2011/11/29

上記以外の発表の総数

  1. 2016 5 0 5
  2. 2015 6 0 6
  3. 2014 5 0 5
  4. 2013 4 0 4
  5. 2012 3 0 3

知的財産権

  1. 特許 金属酸化物担持炭素紙の製造方法及び金属酸化物担持炭素紙 2012-092519 2012/04/13
  2. 特許 エチレンガス吸着剤,それを用いた食品保存剤,および食品保存方法 2010-264232 2010/11/26
  3. 特許 エチレンガス吸着剤,それを用いた食品保存剤,および食品保存方法 2010-264214 2010/11/26
  4. 酸素分離剤及びその製造法 2003-159455 2003/06/04 2004-358346

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2014/04/01-2015/03/31 東京工業大学 応用セラミックス研究所 代表 金属イオン分散セルロース誘導体の炭素化特性 実験・総括
  2. 2013/04/01-2014/03/31 東京工業大学 応用セラミックス研究所 代表 多糖類の炭素過程における細孔構造変化
  3. 2012/04/01-2013/03/31 東京工業大学 応用セラミックス研究所 代表 多糖類の炭素過程における細孔構造変化 試料調製及び構造評価
  4. 2011/04/01-2012/03/31 東京工業大学 応用セラミックス研究所 代表 多糖類の炭素過程における細孔構造変化 試料調製及び構造評価
  5. 2010/04/01-2011/03/31 東京工業大学 応用セラミックス研究所 代表 ハロゲン前処理による多糖類の熱分解制御 試料調製及び構造評価

担当授業科目

  1. 応用化学実験II
  2. 化学工学演習
  3. 無機化学特論第一

所属学協会

  1. 無機マテリアル学会
  2. 炭素材料学会
  3. ヨウ素利用研究会
  4. 日本化学会

学外委員

  1. 山梨工業技術センター 外部評価(基盤分野)委員 2015/04/01-2020/03/31
  2. 日本学術振興会炭素材料117委員会 委員 2015/04/01-2018/03/31
  3. 炭素材料学会 編集委員会 2009/12/01-2018/03/31