山梨大学
大学院 総合研究部 生命環境学域
生命農学系(生命工学)

顔写真
准教授

新森 英之

シンモリ ヒデユキ
Shinmori Hideyuki

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員(九州大学) 1998/04/01
  2. 京都大学大学院理学研究科助手 1998/11/01
  3. 山梨大学工学部講師 2002/10/01
  4. 山梨大学大学院医学工学総合研究部講師 2003/04/01
  5. 神戸大学大学院自然科学研究科助教授 2005/04/01
  6. 神戸大学大学院工学研究科准教授 2007/04/01
  7. 山梨大学大学院医学工学総合研究部准教授 2007/05/01

学歴

  1. 久留米工業高等専門学校 1991/03/01
  2. 九州大学 1994/03/01
  3. 九州大学 1996/03/01
  4. 九州大学 1998/10/01

学位

  1. 博士(工学) 九州大学 1998/10

研究分野

  1. ナノ構造化学 総合理工
  2. 機能物質化学 生物有機化学, 超分子化学
  3. 生体関連化学 生物有機化学

研究キーワード

  1. 超分子化学、分子認識、金属ナノ粒子、ポルフィリン、色素、ナノバイオテクノロジー、合成生物学、糖

研究テーマ

  1. 人工的生体機能制御システムの開発
  2. 超分子ポルフィリン類の構築と応用に関する研究

著書

  1. II 応用編(機能性色素編)第6章「生理機能」 新森英之,松郷誠一 アイピーシー 2004/07/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 The effect of regioisomerism on the photophysical properties of alkylated-naphthalene liquids B. Narayan, K. Nagura, T. Takaya, K. Iwata, A. Shinohara, H. Shinmori, H. Wang, Q. Li, X. Sun, H. Li, S. Ishihara, T. Nakanishi Physical Chemistry Chemical Physics Royal Society of Chemistry 20/ 5, 2970-2975 2018/02/07 1463-9076 10.1039/C7CP05584F
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Strong chiroptical activity from achiral gold nanorods assembled with proteins H. Shinmori, C. Mochizuki Chemical Communications Royal Society of Chemistry 53/ 49, 6569-6572 2017/06/21 1359-7345 10.1039/C7CC03089D
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Light-triggered Assembly of Gold Nanorods based on Photoisomerization of Spiropyrans C. Mochizuki, H. Shinmori Chemistry Letters 46/ 4, 469-472 2017/04/05 0366-7022 10.1246/cl.161131
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Controlled Generation of Singlet Oxygen by Porphyrin-Appended Gold Nanoparticles A. Shinohara, H. Shinmori Bulletin of the Chemical Society of Japan 89/ 11, 1341-1343 2016/11/15 0009-2673 10.1246/bcsj.20160254
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Modification at boron unit: tuning electronic and optical properties of pi-conjugated acyclic anion receptors Maeda H.,Takayama M.,Kobayashi K.,Shinmori H. Org. Biomol. Chem. 8/ 19, 4308-4315 2010/10/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Responsive Properties of Chiral Assembled Gold Nanorods with Proteins to External Environments 日本化学会第98春季年会 2018/03/22
  2. ポスター発表 Shape-dependent self-assembly of gold nanoparticles via electrostatic interaction 日本化学会第98春季年会 2018/03/20
  3. 口頭発表(招待・特別) シリカコーティングによって安定化された高分散性金ナノ粒子の開発 新技術説明会 2017/12/19
  4. ポスター発表 静電的相互作用を利用した球状及びロッド状金属ナノ粒子の配列制御技術の開発 平成29年度やまなし産学官連携研究交流事業 2017/10/30
  5. 口頭発表(招待・特別) External stimuli responsive alignments in assemblies of gold nanorods 2nd Symposium on New Trends of Nano- and Bio-Materials Design in Supramolecular Chemistry 2017/10/23

受賞

  1. 優秀ポスター発表賞 巨大な光学的キラルシグナルを有する金ナノロッド組織体 2017/11/13
  2. 「貴金属に関わる研究助成金」奨励賞 シリカコーティングによる高分散性コアシェル型貴金属ナノ粒子の創製と光特性の安定化 2017/04/19
  3. 優秀ポスター発表賞 キラル金ナノロッド組織体を用いたアミノ酸の選択的検知 2014/11/10
  4. 平成25年度優秀教員奨励賞(特別報奨) 2014/03/01 全ての評価項目が高評価であり、中でも研究活 動で優れた成果をあげた。
  5. 若手優秀発表賞 天然アミノ酸の光学活性を利用したキラル金ナノロッド超構造 2013/11/22

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2009/04-2012/03 富山県立大学 代表 新規骨格を有するポルフィリン誘導体の構築と機能評価 新規骨格を有するポルフィリン誘導体の活性酸素発生能評価
  2. 2009/04-2010/03 立命館大学 分担 ピロール系色素誘導体の構築と機能 ピロール系色素誘導体の光化学的機能評価
  3. 2009/04/01 立命館大学 分担 有機ボロン系錯体の光増感活性に関する研究 光増感効果の評価
  4. 2008/09-2008/12 京都大学理学研究科 分担 新規縮環型ポルフィリン誘導体の合成と機能 新規縮環型ポルフィリン誘導体の光増感機能の評価

担当授業科目

  1. 生物有機化学特論
  2. 化学実験
  3. 基礎ゼミ
  4. 科学英語演習I
  5. 生命環境学演習A

所属学協会

  1. 日本生物工学会 2009/05
  2. 日本農芸化学会 2008/09
  3. 高分子学会 2006/07
  4. 光化学協会 1999/01
  5. 有機合成化学協会 1997/01-2015/03