山梨大学
大学院 総合研究部 生命環境学域
生命農学系(地域食物科学・ワイン科学研究センター)

顔写真
准教授

久本 雅嗣

ヒサモト マサシ
Hisamoto Masashi

学歴

  1. 大阪市立大学 2004/03

学位

  1. 博士(学術) 大阪市立大学 2004/03

研究分野

  1. 食品科学

研究キーワード

  1. 食品科学
  2. ワイン

研究テーマ

  1. ワイン醸造学
  2. 食品科学

競争的資金等の研究課題

  1. ワインに含まれる高分子色素重合体に関する基盤的研究 科学研究費補助金 基盤研究(C) 独立行政法人日本学術振興会 2016/04/01-2019/03/31
  2. ワインパミスを活用した機能性色素の開発 他の外部資金 2013/08/01-2014/03/31
  3. 赤ワイン由来成分ピラノアントシアニンに関する基盤的研究 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2013/04/01-2016/03/31
  4. メタボロミクスを基盤としたワインの品質評価技術の開発 科学研究費補助金 若手研究(B) 2009/04/01-2011/03/31
  5. 温和的酸素接触によるワインの熟成効果に関する基盤的研究 科学研究費補助金 若手研究(B) 2006/04/01-2008/03/31

論文

  1. 共著 Extraction of Proanthocyanidins during Fermentation of Muscat Bailey A and Cabernet Sauvignon Wines. 日本ブドウ・ワイン学会誌. 25, pp 90-96. 90-96 2014/12
  2. UPLC-DAD-TOFMSによる熟成中の赤ワインのアントシアニン誘導体の分析 藤原 陽,久本雅嗣,鈴木淳平,田村彰吾,斉藤史恵,奥田 徹 日本ブドウ・ワイン学会誌 23/ 1, 3-12 2012/09/01
  3. Dietary Resveratrol Prevents the Development of Food Allergy in Mice. Yui Okada,Kyoko Oh-oka,Yuki Nakamura,Kayoko Ishimaru,Shuji Matsuoka,Ko Okumura,Hideoki Ogawa,Masashi Hisamoto,Tohru Okuda,Atsuhito Nakao Plos One 7/ 9, 1-9 2012/09/01
  4. Effect of Cap Management Technique on the Concentration of Proanthocyanidins in Muscat Bailey A Wine. Marie ICHIKAWA,Keiko ONO,Masashi HISAMOTO,Toshihide MATSUDO,Tohru OKUDA Food Science and Technology Research 201-207 2012/03/01
  5. Antioxidant Activity of Various Part of Koshu Grape. Masashi HISAMOTO,Hirokazu MUNEDA,Tohru OKUDA Journal of ASEV Japan 22/ 3, 133-142 2011/12/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 白ワインの酸味に影響する因子について 日本農芸化学会2018年度名古屋大会 2018/03/17
  2. ポスター発表 赤ワインのタンニン濃度にブドウ由来不溶性多糖類が与える影響 (公社)日本食品科学工学会 平成30年度関東支部大会 2018/03/03
  3. ポスター発表 白ワインにおける中和反応時間と滴定酸度および pHの関係性について (公社)日本食品科学工学会 平成30年度関東支部大会 2018/03/03
  4. ポスター発表 白ブドウ圧搾残渣添加による赤ワインの色への影響 日本ブドウ・ワイン学会(ASEV JAPAN)2017年大会 2017/11/11
  5. ポスター発表 不活性酵母の葉面散布によるブドウ中のアントシアニンへの効果 日本ブドウ・ワイン学会(ASEV JAPAN)2017年大会 2017/11/11

受賞

  1. 日本ブドウ・ワイン学会 技術賞 2013/11/09 「ワインとブドウのフェノール化合物の分析」

担当授業科目

  1. 機能成分解析学特論
  2. ワインと宝石
  3. 応用生命環境学特論
  4. 食品成分分析学特論
  5. 食物・ワイン科学演習A

その他の学部学生指導

  1. 2017 0 10 50 0 6 4 6

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 「(仏)モンペリエ農業科学研究所学生研修」 (仏)モンペリエ農業科学研究所の院生、教員を招待し、交流会、情報交換会を開催し、二国間のワイン生産について意見交換を行った。

所属学協会

  1. アメリカ化学会
  2. 日本官能評価学会
  3. 日本食品科学工学会
  4. 日本ブドウ・ワイン学会
  5. American Society of Enology and Viticulture