山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
電気電子情報工学系(電気電子工学)

准教授

白木 一郎

シラキ イチロウ
Shiraki Ichiroh

経歴

  1. 日本学術振興会 特別研究員 (東京大学理学系研究科物理学教室における研究) 2000/04
  2. 産業技術総合研究所 ナノテクノロジー研究部門 特別研究員 2001/04
  3. 物質・材料研究機構 ナノマテリアル研究所 特別研究員 2004/04
  4. 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 助手 2006/04
  5. 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 助教 2007/04
  6. 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 准教授 2011/11

学歴

  1. 早稲田大学 1995/03
  2. 早稲田大学 1997/03
  3. 東京大学 2000/03

学位

  1. 博士(理学) 東京大学 2000/03/27

研究分野

  1. 薄膜・表面界面物性 極限環境で動作する走査型プローブ顕微鏡を用いた表面電気磁気特性評価

研究キーワード

  1. 表面・界面 超高真空 極低温 走査型プローブ顕微鏡 原子間力顕微鏡 走査型トンネル顕微鏡 原子分解能 走査電子顕微鏡 シリコン 半導体 表面電子線回折

研究テーマ

  1. 極限環境で動作する走査型プローブ顕微鏡を用いた表面電気磁気特性評価

著書

  1. 半導体表面での電子輸送 —点接触トランジスタから多探針STM 長谷川修司,白木一郎, 田邊輔仁,Francois Grey - 2001/10/01 学会誌の表紙を飾りました

論文

  1. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Development of cosmic-ray muon spin rotation radiography to investigate chemical and physical states of steels in large-scale architecture T. Fujimaki, K.Nagamine, E.Torikai, I.Shiraki, S.Saito, M.Mihara, A.D.Pant Proceedings of Science, 35th International Cosmic Ray Conference - ICRC2017 2017/08 1824-8039
  2. (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議) 共著 プルシアンブルー類似体の鉄酸化状態に依存した局所電気伝導度の多探針法計測Ⅱ 眞野紘輔,竹内嵩裕,源拓洋,白木一郎 日本物理学会 第72回年次大会 講演概要集 日本物理学会 2017/03
  3. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 単著 多探針プローブ顕微鏡によるプルシアンブルー類似体の局所電気伝導度計測 白木一郎 マイクロビームアナリシス第141委員会 第164回研究会資料 独立行政法人 日本学術振興会 45-50 2016/05/24
  4. Hydration Effect on Electron Transfer in Cytochrome c Monitored by μSR Amba D. PANT,Yoko SUGAWARA,Isao YANAGIHARA,Govinda P. KHANAL,Ichiro SHIRAKI,Wataru HIGEMOTO,Koichiro SHIMOMURA,Katsuhiko ISHIDA,Fransis L. Pratt,Eiko TORIKAI,Kanetada NAGAMINE JPS Conf. Proc. Proceedings of the 2nd International Symposium on Science at J-PARC — Unlocking the Mysteries of Life, Matter and the Universe — 8 2015/06/01
  5. Muonium response to oxygen content in biological aqueous solutions for cancer research A D Pant,K Nagamine,I Shiraki,E Torikai,K Shimomura,F L Pratt,H Ariga,K Ishida,J S Schultz Journal of Physics: Conference Series 551 2014/12/01

研究発表

  1. ポスター発表 Development of cosmic-ray muon spin rotation radiography to investigate chemical and physical states of steels in large-scale architecture The 35th International Cosmic Ray Conference 2017 2017/07/13
  2. ポスター発表 Determination of muon location in cytochrome c by paramagnetic shift and LCR The 14th International Conference on Muon Spin Rotation, Relaxation and Resonance 2017/06/29
  3. ポスター発表 Progress in Iron reinforced Concrete Building Examination by Cosmic-ray Muon Spin Rotation The 14th International Conference on Muon Spin Rotation, Relaxation and Resonance 2017/06/27
  4. ポスター発表 プルシアンブルー類似体の鉄酸化状態に依存した局所電気伝導度の多探針法計測Ⅱ 日本物理学会 第72回年次大会 2017/03/17
  5. 口頭発表(招待・特別) 多探針プローブ顕微鏡によるプルシアンブルー類似体の局所電気伝導度計測 マイクロビームアナリシス第141委員会 第164回研究会 2016/06/30

知的財産権

  1. 多探針走査型顕微鏡の探針相対位地校正テンプレート 特願2002-295374 2002/10/08

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2009/06/13-2014/03/31 物質・材料研究機構 代表 走査型プローブ顕微鏡を用いた材料の局所機能性測定に関する研究 ・局所電気伝導度測定装置の開発 ・金属酸化物表面に関する表面超構造観察実験 ・評価および総括

所属学協会

  1. 日本物理学会
  2. 応用物理学会