山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
土木環境工学系(土木環境工学)

顔写真
教授

鈴木 猛康

スズキ タケヤス
Suzuki Takeyasu

その他の所属・職名

  1. 大学院 総合研究部 工学域 地域防災・マネジメント研究センター長

経歴

  1. 株式会社熊谷組 技術研究所 副部長 1982/04-2000/12/31
  2. 中央復建コンサルタンツ株式会社 東京本社構造設計室 部長 2001/01/01-2004/05/31
  3. 独立行政法人防災科学技術研究所 川崎ラボラトリー 減災情報共有チームリーダー 2004/07-2007/03/31
  4. 東京大学生産技術技術研究所 特任教員 2007/06/01-2007/07/31
  5. 山梨大学 医学工学総合研究部物質工学系 教授 2007/08/01-2008/05/31
  6. 東京大学生産技術技術研究所 研究員 2007/08/01
  7. 山梨大学 医学工学総合研究部社会システム工学系 教授 2008/06/01-2014/10/31
  8. 山梨大学 (兼)地域防災・マネジメント研究センター センター長 2011/05/30-2014/03/31
  9. 山梨大学 総合研究部工学域 教授 2014/11/01
  10. 山梨大学 大学院附属地域防災・マネジメント研究センター センター長 2016/04/01
  11. 山梨大学 総合研究部工学域土木環境工学系 教授(学系長) 2016/11/01

学歴

  1. 東京大学 1982/03

学位

  1. 1991年2月 工学博士 東京大学 1991/02

研究分野

  1. メディア情報学・データベース 減災情報データベース
  2. メディア情報学・データベース ICTを用いた災害情報の共有
  3. 社会システム工学・安全システム 災害情報システム
  4. 自然災害科学
  5. 社会心理学 災害心理学
  6. 構造工学・地震工学・維持管理工学 地下構造物の耐震設計

研究キーワード

  1. 災害時孤立化対策
  2. 災害情報
  3. 防災対策
  4. 災害情報システム
  5. 地震工学
  6. 地震動
  7. 危機管理
  8. 地下構造物の耐震・免震
  9. リスクマネジメント

研究テーマ

  1. リアルタイム気象観測とその減災への応用 2016/04/01
  2. 災害時広域連携を可能とする県単位の災害対応管理システム(無尽システム)
  3. 住民避難のための災害情報の作成と提示に関する研究
  4. 危機管理
  5. 大規模河川の氾濫に対する広域避難システムの構築
  6. 地下構造物の免震構造
  7. 地震動のローカルサイト・エフェクト
  8. 住民・行政協働のによる地域防災力向上に関する実践的研究
  9. 地域コミュニティ単位の地域防災を実現するSNSの構築と運用
  10. 山間集落の災害時孤立化対策

競争的資金等の研究課題

  1. 産学官民協働の水害に強い街づくりのためのリスクコミュニケーション手法の構築・実証 受託研究 国土交通省 河川砂防研究開発公募流域計画・流域管理分野 2017/06/20-2018/03/31
  2. 降雨強度情報の観測と利活用に関する研究 共同研究 2017/02/01-2017/11/30
  3. 産学官民協働の水害に強い街づくりのためのリスクコミュニケーション手法の構築・実証 受託研究 国土交通省 河川砂防研究開発公募流域計画・流域管理分野 2016/06/20-2017/03/31
  4. 防災工学に関する研究 奨学寄附金 2016/05/01-2017/03/31
  5. JACIC研究助成 受託研究 2016/04/01-2017/03/31

著書

  1. 豪雨のメカニズムと水害対策 第3章第1節 大規模河川氾濫に対する情報収集・共有システムの開発 鈴木 猛康ほか 第3章第1節 大規模河川氾濫に対する情報収集・共有システムの開発 (株)エヌ・ティー・エス 2017/02/01
  2. 研究の窓「リスクコミュニケーションとICTを連携させた防災・減災学」 鈴木 猛康 山梨工業会 2016
  3. 特別寄稿 熊本地震の教訓 熊本地震 法制化された物資供給システム機能せず 鈴木 猛康 日本経済新聞 2016/05/16
  4. 山梨と災害  防災・減災のための基礎知識 鈴木猛康,他 - 山梨日日新聞社 2016/05/01
  5. 災害対応管理システム リスクコミュニケーションの新しい形をつくる 鈴木 猛康 ネクストパブリッシング 2016/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 大規模河川氾濫を対象とした広域避難体制の構築へのBECAUSEモデルの構築と評価 鈴木猛康 災害情報,No.14,pp.105-115, 2016 No.14, 105-115 2016/07/01
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 3次元非線形地盤震動解析を用いた堆積層における地盤ひずみの集中効果の検証 宮本 崇,鈴木 猛康,入原渉,藤田 航平,市村 強 土木学会論文集(A1構造・地震工学) Vol.72/ No.4, I_768-I_776 2016/06/01
  3. 住民・行政協働の災害対策のための現状分析マトリクスの提案 鈴木猛康,渋谷美咲 地区防災計画学会誌第2回大会梗概集,Vol.6(梗概集第2号・第2回大会記念) 6/ 2, 50-53 2016/03/01
  4. 大規模災害時の広域連携を目指した体制作りと情報共有環境:大規模河川氾濫に伴う広域避難実証実験を通して 都市計画 第316号, 64-67 2015/12/01
  5. 孤立対策のための効果的なリスクコミュニケーション 鈴木猛康 日本災害情報学会17回研究発表大会予稿集 110-111 2015/11/01

研究発表

  1. メディア報道等 九州北部豪雨災害 2017/07/27
  2. メディア報道等 防災インフォメーション(九州北部豪雨災害) 2017/07/25
  3. 口頭発表(一般) 産学官民協働による水害に強い街づくり ―甲府市大里地区における地区防災の会設立― 地区防災計画学会誌第3回大会梗概集,Vol.6(梗概集第9号・第3回大会記念) 2017/03
  4. 3スマホアプリの導入が災害対応業務の円滑化に与える効果の検証 第6回減災情報システム合同研究会 2017/03
  5. メディア報道等 防災インフォメーション 2017/03/11

上記以外の発表の総数

  1. 2009 2 0 2

知的財産権

  1. シールドトンネル到達立坑付近の免震施工法及び免震構造 特03345338
  2. 地中免震構造物及び地中構造物の免震方法 特03161252
  3. 地中線状構造物の免震装置 特02749718
  4. 地中変位測定方法およびその装置 特01603742
  5. 表層地盤の地震動増幅特性の評価方法 特03006704

受賞

  1. 感謝状 2014/03/26 2月の雪害における災害対応支援
  2. 廣井賞 社会的貢献分野 2012/10/28 通れた道路マップの実用化におかるイノベーション
  3. 2011年度現場イノベーション賞 銀賞 2012/06/10 東日本大震災における車輛通行実績通行実績確認サービスの早期実現
  4. アーバンインフラテクノロジー推進会議第13回技術研究発表会「耐震技術・防災計画」部門論文奨励賞 2002

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2016/06/15-2018/03/31 工学域、生命環境学域 代表 融合研究「地域の発達」 研究代表者
  2. 2015/04/01-2018/03/31 京都大学、東京大学他 代表 統合型地震シミュレーション 甲府地区担当
  3. 2014/04/01-2014/03/31 東京大学地震研究所 代表 スーパーコンピュータを利用した甲府盆地の地震応答解析
  4. 2009/05/01-2010/03/31 ファルコン株式会社 代表 道路被害推定システムの開発 土砂崩壊等による反対車線走行の判定システムの開発を終えた.

担当授業科目

  1. 自然災害と都市防災
  2. 防災工学II
  3. シビルマネジメント基礎
  4. 災害マネジメント工学
  5. 防災工学Ⅰ

その他の教育実績

  1. 2016 COCプラス授業
  2. 2016 反転授業教材
  3. 2016 土木環境工学科JABEE継続審査

教科書・教材

  1. 教員免許更新用教材作成 2016/09/01 鈴木猛康 宮本崇
  2. 山梨と災害 2016/05/01 鈴木猛康,他 鈴木猛康 山梨日日新聞社 甲府市
  3. 大災害から命を守る知恵、術、仕組み ~実話に基づいて綴る避難の現状と対策~ 2014/11/01 鈴木猛康 静岡学術出版 静岡市 172
  4. 安全・安心と地域マネジメント 2014/03/01 鈴木猛康,奈良久美子,堀井季之,片田敏孝,多々野祐一 放送大学教育振興会
  5. 大災害を乗り切る地域防災力 ~住民・行政協働の災害対策~ 2011/09/01 鈴木猛康 静岡学術出版 202

指導実績

  1. 博士学位論文指導 2016 1 1 0 0 1 ゼミの企画,運営・週1回の個人指導・卒業論文作成,発表までの指導
  2. 学部卒業論文指導 2016 4 0 3 0 1 ゼミの企画,運営・週1回の個人指導・卒業論文作成,発表までの指導
  3. 修士学位論文指導 2016 1 1 1 1 1 ゼミの企画・運営・週1回の個人指導・修士論文作成,発表までの指導 24
  4. 論文博士取得研究指導 2013 1 1

修士・博士論文審査

  1. 2016 主査 1 1
  2. 2016 副査 1
  3. 2013 副査 1 2 1

外部発表指導の実績

  1. 2016 2 30 3 40

社会貢献活動

  1. ニュースにおけるコメント 2017/09/01-2017/09/01
  2. 著書「山梨と防災」を紹介 2017/06/07-2017/06/07
  3. 防災に関するコメント 2017/05/17
  4. 山梨放送の防災番組への出演 2017/03/11-2017/03/11
  5. 防災特番でのコメント 2017/03/10-2017/03/10

国際交流・国際貢献

  1. 2014 2014年2月の豪雪災害に対して、山梨県および県内市町村の災害対応を支援。 地域防災・マネジメント研究センターが山梨県知事より感謝状を授与された。

所属学協会

  1. 自然災害学会 2010/04
  2. 地域安全学会 2004/06
  3. 日本災害情報学会 2004/04
  4. 地盤工学会 1986/04
  5. 土木学会 1984/04

学外委員

  1. 山梨県 防災基本条例検討会 2017/07/27