UNIVERSITY OF YAMANASHI
Graduate Faculty of Interdisciplinary Research Faculty of Engineering
Materials Science (Science for Advanced Materials)

顔写真
Associate Professor

ISHIKAWA Akira


Career

  1. 日本学術振興会 (東北大学 大学院理学研究科 物理学専攻) 特別研究員(DC2) 2003/04/01-2005/03/31
  2. 科学技術振興機構 (大阪府立大学 大学院工学研究科) CREST研究員 2005/09/01-2008/03/31
  3. 大阪府立大学 大学院工学研究科 非常勤研究員 2008/04/01-2009/12/15
  4. 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 先端領域若手研究リーダー育成拠点 特任助教(テニュアトラック教員) 2009/12/16-2013/03/31
  5. 山梨大学 工学部 先端材料理工学科 准教授 2014/04/01

Academic background

  1. 東北大学 理学研究科 物理学専攻 Doctor later 2005/03/31 Withdrawn after completion of required course credits

Academic degrees

  1. 博士(理学) 大阪大学 2006/03/31

Research Areas

  1. Nanophotonics, Quantum optics Theory of nanophotonics and quantum optics

Research keywords

  1. Spatiotemporal carrier dynamics, Superradiance/Superfluorescence, Nonequilibrium quantum dynamics

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. 量子ナノデバイスの高効率化へ向けた非熱浴的フォノン状態の量子制御 Science research expense 基盤研究(C) 2017/04/01-2020/03/31
  2. 時間分解多探針SNOMを用いた光励起キャリア伝搬の観察 Science research expense 基盤研究(C) 2015/04/29-2018/03/31
  3. コヒーレントに励起された複数の光近接場プローブを用いた結晶内分極構造の観察 Science research expense 基盤研究(C) 2015/01-2018/03/31
  4. 半導体量子ドット集合系における超短パルス超蛍光発生メカニズム Science research expense 基盤研究(C) 2014/04/01-2017/03/31
  5. 半導体電子正孔系での相分離過程に対する近接場光学応答理論 Science research expense 新学術領域研究 研究領域提案型(公募研究) 2011/04/01-2013/03/31

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint "Quantum coherent nanodynamics by the interplay of localized photons, electron-hole pairs, and phonons," K. Kobayashi and A. Ishikawa, PROGRESS IN QUANTUM ELECTRONICS 59, 19-30, 2018/06/25 0079-6727
  2. Research paper (scientific journal) Joint "Quantum Coherent Dynamics Enhanced by Synchronization with Nonequilibrium Environments," A. Ishikawa, R. Okada, K. Uchiyama, H. Hori, and K. Kobayashi, JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN 87, 054001/1-10, 2018/04/11 0031-9015
  3. Research paper (scientific journal) Joint "Ultrashort Radiation of Biexcitonic Superfluorescence from High-Density Assembly of Semiconductor Quantum Dots," K. Miyajima, Y. Kumagai, and A. Ishikawa, Journal of Physical Chemistry C 121, 27751-27757, 2017/11/21 1932-7447
  4. Research paper (scientific journal) Joint "Theory of superfluorescence‑laser crossover in a cavity QED system," R. Sezaki, A. Ishikawa, K. Miyajima, and K. Kobayashi, APPLIED PHYSICS A-MATERIALS SCIENCE & PROCESSING 123, 690/1-9, 2017/11/01 0947-8396
  5. Research paper (scientific journal) Joint "Synchronization Dynamics in a Designed Open System," N. Yokoshi, K. Odagiri, A. Ishikawa, and H. Ishihara, PHYSICAL REVIEW LETTERS 118, 203601/1-5, 2017/05/18 0031-9007

Research presentations

  1. Oral presentation(general) 早川祐輔, 石川 陽, 小林 潔, "空間的に不均一な系における時空間キャリアダイナミクス" 第65回応用物理学会春季学術講演会(早稲田大学 西早稲田キャンパス, 東京) 2018/03/19
  2. Poster presentation 栗原和也, 岩本亘平, 酒井 優, 石川 陽, 堀 裕和, 岸野克巳, 小林 潔, "近接場光局所励起・観察によるキャリア輸送現象の解明Ⅳ" 第65回応用物理学会春季学術講演会(早稲田大学 西早稲田キャンパス, 東京) 2018/03/18
  3. Poster presentation 瀬崎 陸, 石川 陽, 宮島顕祐, 小林 潔, "共振器QED系における超蛍光-レーザークロスオーバーの理論II" 第65回応用物理学会春季学術講演会(早稲田大学 西早稲田キャンパス, 東京) 2018/03/18
  4. Poster presentation 向後敬志, 石川 陽, 小林 潔, "トロイダルモーメントを含む光と物質の相互作用理論:遷移特性" 第65回応用物理学会春季学術講演会(早稲田大学 西早稲田キャンパス, 東京) 2018/03/18
  5. Oral presentation(general) 石川 陽, "光子-励起子-フォノンのインタープレイによる非平衡量子ナノダイナミクス" ドレスト光子の関連技術推進の為の基礎的数理研究(九州大学 伊都キャンパス IMI) 2018/03/07

Joint research with off-campus or faculty, etc. outside of the organization

  1. 2014/04/01-2018/03/31 東京理科大学 理学部 応用物理学科 宮島研究室 Sharing 半導体量子ドット集合体における超蛍光の研究 基盤研究(C)に採択された半導体量子ドット集合系における超短パルス超蛍光の発生メカニズムに関する研究の理論解析部分を担当した。研究成果は、Journal of the Physical Society of Japan、Applied Physics A、Journal of Physical Chemistry Cへ出版された。それ以降も現在に至るまで共同研究を継続しており、共同で科研費にも応募している。

Instruction results

  1. Master's dissertations guidance 2017 3 3 2
  2. Undergraduate graduation thesis guidance 2017 3 3 2
  3. Undergraduate graduation thesis guidance 2016 3 3 2
  4. Undergraduate graduation thesis guidance 2015 3 3 2
  5. Master's dissertations guidance 2013 1 1 2

Other undergraduate student guidance

  1. 2015 2015-2018

Memberships of academic societies

  1. 日本物理学会
  2. 応用物理学会
  3. 日本光学会
  4. レーザー学会