山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
物質科学系(先端材料理工学)

顔写真
准教授

石川 陽

イシカワ アキラ
Akira Ishikawa

経歴

  1. 日本学術振興会 (東北大学 大学院理学研究科 物理学専攻) 特別研究員(DC2) 2003/04/01-2005/03/31
  2. 科学技術振興機構 (大阪府立大学 大学院工学研究科) CREST研究員 2005/09/01-2008/03/31
  3. 大阪府立大学 大学院工学研究科 非常勤研究員 2008/04/01-2009/12/15
  4. 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 先端領域若手研究リーダー育成拠点 特任助教(テニュアトラック教員) 2009/12/16-2013/03/31
  5. 山梨大学 工学部 先端材料理工学科 准教授 2014/04/01

学歴

  1. 東北大学 理学研究科 物理学専攻 博士後期 2005/03/31 単位取得満期退学

学位

  1. 博士(理学) 大阪大学 2006/03/31

研究分野

  1. 物性I: 光物性理論、量子光学理論

研究キーワード

  1. 量子ダイナミクス、超放射・超蛍光、キャリアダイナミクス、近接場光学

競争的資金等の研究課題

  1. 量子ナノデバイスの高効率化へ向けた非熱浴的フォノン状態の量子制御 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2017/04/01-2020/03/31
  2. 時間分解多探針SNOMを用いた光励起キャリア伝搬の観察 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2015/04/29-2018/03/31
  3. コヒーレントに励起された複数の光近接場プローブを用いた結晶内分極構造の観察 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2015/01-2018/03/31
  4. 半導体量子ドット集合系における超短パルス超蛍光発生メカニズム 科学研究費補助金 基盤研究(C) 2014/04/01-2017/03/31
  5. 半導体電子正孔系での相分離過程に対する近接場光学応答理論 科学研究費補助金 新学術領域研究 研究領域提案型(公募研究) 2011/04/01-2013/03/31

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 "Synchronization Dynamics in a Designed Open System," N. Yokoshi, K. Odagiri, A. Ishikawa, and H. Ishihara, Physical Review Letters 118, 203601/1-5, 2017/05/18 0031-9007
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 "Higher-order harmonic generation caused by elliptically polarized electric fields in solid-state materials," T. Tamaya, A. Ishikawa, T. Ogawa, and K. Tanaka, Physical Review B 94, 241107(R)/1-6, 2016/12/13 2469-9950
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 "Theory of superfluorescence in highly inhomogeneous quantum systems," A. Ishikawa, K. Miyajima, M. Ashida, T. Itoh, and H. Ishihara, Journal of the Physical Society of Japan 85, 034703/1-9, 2016/02/04 0031-9015
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 "Diabatic Mechanisms of Higher-Order Harmonic Generation in Solid-State Materials under High-Intensity Electric Fields," T. Tamaya, A. Ishikawa, T. Ogawa, and K. Tanaka, Physical Review Letters 116, 016601/1-5, 2016/01/05 0031-9007
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 "Coherent-phonon-assisted excitation transfer via optical near fields in dilute magnetic semiconductor nanostructures," T. Suwa, A. Ishikawa, K. Uchiyama, T. Matsumoto, H. Hori, and K. Kobayashi, Applied Physics A 115, 39-43, 2014/04/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) R. Okada, T. Yazaki, K. Uchiyama, H. Hori, A. Ishikawa, and K. Kobayashi, "Non-resonant collective quantum dynamics" The 11th Asia-Pacific Conference on Near-Field Optics, APNFO11 (Tainan, Taiwan) 2017/07/13
  2. ポスター発表 T. Kougo, A. Ishikawa, and K. Kobayashi, "Multipolar expansion theory including toroidal moments and its application" The 11th Asia-Pacific Conference on Near-Field Optics, APNFO11 (Tainan, Taiwan) 2017/07/11
  3. ポスター発表 T. Yazaki, R. Okada, A. Ishikawa, and K. Kobayashi, "Foundation of optical near fields from a quantum dynamics viewpoint" The 11th Asia-Pacific Conference on Near-Field Optics, APNFO11 (Tainan, Taiwan) 2017/07/11
  4. ポスター発表 R. Sezaki, A. Ishikawa, K. Miyajima, and K. Kobayashi, "Theory of superfluorescence-laser crossover in a cavity QED system" The 11th Asia-Pacific Conference on Near-Field Optics, APNFO11 (Tainan, Taiwan) 2017/07/11
  5. ポスター発表 矢崎智昌, 岡田遼, 石川陽, 小林潔, "光近接場相互作用を介した量子ダイナミクスの理論的解明" 第64回応用物理学会春季学術講演会 (パシフィコ横浜, 横浜, 神奈川) 2017/03/16

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2014/04/01-2017/03/31 東京理科大学 理学部 応用物理学科 宮島研究室 分担 半導体量子ドット集合系における超短パルス超蛍光の発生メカニズム 基盤研究(C)に採択された半導体量子ドット集合系における超短パルス超蛍光の発生メカニズムに関する研究の理論解析部分を担当した。研究成果はJournal of the Physical Society of Japanへ出版された。

担当授業科目

  1. 熱力学演習
  2. プログラミング序論及び実習
  3. 光電子量子機能特論
  4. 物性物理学特論
  5. 先端材料理工学基礎ゼミ

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2016 3 3 2
  2. 学部卒業論文指導 2015 3 3 2
  3. 修士学位論文指導 2013 1 1 2
  4. 学部卒業論文指導 2011 2 2 2

その他の学部学生指導

  1. 2015 2015-2018

所属学協会

  1. 日本物理学会
  2. 応用物理学会
  3. 日本光学会