UNIVERSITY OF YAMANASHI
Graduate Faculty of Interdisciplinary Research Faculty of Engineering
Civil Engineering Environmental Engineering (Civil and Environmental Engineering)

顔写真
Professor

Suetsugi Tadashi


Career

  1. Researcher, Comprehensive Flood Disaster Prevention Division, River Department, PWRI, MOC 1982/04/01
  2. Assistant Chief of Planning Division, Planning Department, PWRI, MOC 1988/04/01
  3. Chief of Planning Division, Planning Department, PWRI, MOC 1990/06/11
  4. Senior Researcher, Comprehensive Flood Disaster Prevention Division, River Department, PWRI, MOC 1992/04/16
  5. Senior Researcher, Urban River Division, River Department, PWRI, MOC 1993/04/01
  6. Head of Urban River Division, River Department, PWRI, MOC 1996/10/01
  7. Head of River Division, River Department, PWRI, MOC 2000/06/02
  8. Head of River Division, River Department, PWRI, MLIT 2001/01/01
  9. Head of River Division, River Department, NILIM, MLIT 2001/04/01
  10. Head of First Research Department, Water Resources Environment Technology Center 2006/04/01
  11. Head of Water Environment Research Group, Public Works Research Institute 2009/04/01
  12. Professor, Interdisciplinary Grad. School of Med. and Eng., University of Yamanashi 2010/04/01
  13. 山梨大学大学院医学工学総合研究部附属国際流域環境研究センター教授 2012/04/01
  14. 山梨大学大学院総合研究部附属国際流域環境研究センター教授 2014/10/01
  15. 山梨大学大学院総合研究部工学域土木環境工学系教授 2016/04/01

Academic background

  1. Kyushu University Engineering Faculty, Kyushu University Hydraulic Engineering Course 1980/03/31 Graduated
  2. Kyushu University 工学研究科 水工土木学専攻 Master course 1982/03/31 Completed

Academic degrees

  1. Dr.Eng. 九州大学 1999/01/01

Current state of research and teaching activities

【教育】分かりやすく、学生が社会へ出て活用できる知識・技術について教えることをこころがけている、【研究】①河道・洪水・氾濫特性を踏まえて、洪水・氾濫被害を軽減できる減災対策について、ハード・ソフト両面から研究している、②河川管理施設の維持管理に着目して、施設の老朽化・侵食被害の実態と対策について研究している

Research Areas

  1. Hydraulic Engineering I'm studying on the relationship between geomorphology, ecosystem and flood as the basis of water cycle and sediment transport of watershed scale. I'm studying on the disaster mitigation measures using the flood simulation techniques against flooding.

Research keywords

  1. hydrological cycle, sediment transport, river geomorphology, ecosystem, flood disaster, non-structural measure, disaster mitigation

Subject of research

  1. I'm studying on the relationship between flood, geomorphology and ecosystem as the basis of hydrological cycle and sediment transport. Moreover, I'm studying on the flood disaster mitigation measures using structural and non-structural measures. ①河道・洪水・氾濫特性を踏まえて、洪水・氾濫被害を軽減する減災対策について、ハード・ソフト両面より研究している、②河川管理施設の維持管理に関して、施設の老朽化・侵食被害の実態を調査するとともに、その対策について研究している 2010/04/01

Bibliography

  1. Mitigation Method of Flood Disaster considering Past Cases and Lessons Tadashi Suetsugi 1-119 Kajima Publishing 2016/10/01 978-4-306-09445-1
  2. Flood defence technique by considering flood disaster - flood disaster mitigation policy derived from lessons of past flood disasters - Tadashi Suetsugi 1-154 Gihodo Shuppan 2016/08/01 978-4-7655-1838-3
  3. Basic Knowledge for Disaster Prevention and Disaster Mitigation in Yamanashi 山梨大学地域防災・マネジメント研究センター 89-97 山梨日日新聞社 2016/05/01 978-4-89710-535-2
  4. Dictionary of Information in Disaster 日本災害情報学会 - Asakura Shoten 2016/03/01
  5. Sensing-based Intelligent Civil Infrastructure 藤野陽三ほか 71-76,237-241 Maruzen 2015/03/01 978-4-8106-0876-2

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint 白子川流域-比丘尼橋下流調節池の調節効果に関する研究 Fuuga Aizawa, Tadashi Suetsugi   土木学会 2018/08/01 白子川流域にある比丘尼橋下流調節池による洪水流量の調節効果を降雨タイプに分けて、分析を行った
  2. Research paper (scientific journal) Joint 釜無川破堤に伴う氾濫流の流体力に関する研究 Naoki Uchida, Tadashi Suetsugi   土木学会 2018/08/01 釜無川の堤防が洪水により破堤した時の流体力を算定し、家屋が被災するかどうかの判定を行った
  3. Research paper (scientific journal) Joint Water and Flood Control Technique in Taisho and Showa Era Tadashi Suetsugi,Naoki Uchida Water Science  日本治山治水協会 62/ 2, 61-73 2018/06/01 0039-4858 大正・昭和戦前時代の治水技術、洪水対応技術などのすぐれた水管理技術について、整理・分析するとともに、水管理に関する経験や実績より、現代でも有効な考え方や技術について分析した
  4. Research paper (scientific journal) Only Water and Flood Control Technique in Meiji Era Tadashi Suetsugi Water Science  日本治山治水協会 61/ 6, 76-88 2018/02/01 0039-4858 明治時代の治水技術、洪水対応技術などのすぐれた水管理技術について、整理・分析するとともに、水管理に関する経験や実績より、現代でも有効な考え方や技術について分析した
  5. Research paper (scientific journal) Only Water and Flood Control Technique in Edo Era Tadashi Suetsugi Water Science  日本治山治水協会 61/ 5, 41-52 2017/12/01 0039-4858 江戸時代における治水技術、洪水対応技術、上下水道技術などのすぐれた技術について、整理・分析するとともに、現代でも参考となる考え方や技術について、分析した

Research presentations

  1. Oral presentation(invited, special) 水害に対して、今後どう防災・減災すべきか 2018年度 山梨県下高校生への公開授業 2018/08/02 豪雨・水害の発生原因、水害が発生した時の対応(ハード、ソフト)について、高校生(約30名)を対象に講演を行った
  2. Oral presentation(invited, special) 河川地形の視点から見る今後の河川管理 山梨河川技術講習会 2017/10/28
  3. Oral presentation(general) 甲府盆地における盛土が氾濫の流況に及ぼす影響 第36回日本自然災害学会学術講演会 2017/09/27 甲府盆地にある中央自動車道やJR身延線などの盛土が、釜無川の破堤氾濫流の挙動に与える影響を氾濫シミュレーションにより明らかにした
  4. Oral presentation(invited, special) Damage situation and countermeasures of river administrative facilities - in case of Kinu River disaster - JSCE 2016/07/14
  5. Oral presentation(invited, special) Toward the mitigation of flood disaster in Yamanashi Yamanashi Prefecture 2015/07/21

Prizes

  1. Award by Japan Sewage Works Association 都市低平地における氾濫の精神的影響の評価 1997/06 都市低平地における氾濫の精神的影響の評価(下水道協会誌、No.400、Vol.33、pp.52-58)
  2. Award of JSCE 土石流における粒子間応力と流動特性 1983/05 土石流における粒子間応力と流動特性(土木学会論文報告集、第317号、pp.79-92、1982.1)

Joint research with off-campus or faculty, etc. outside of the organization

  1. 2013/04/01-2016/03/31 神戸大学 Sharing 最先端遠隔探査手法を用いた富士山周辺の水循環過程解明と流域管理への応用

Alloted class

  1. Basic Seminar on Civil and Environment Engineering
  2. Hydraulics and Exercise I
  3. 災害マネジメント工学

Textbooks and teaching materials

  1. Integrated River Engineering 2015/01/01 「総合河川学」の講義で使えるように、編集・とりまとめを行った Tadashi Suetsugi Tadashi Suetsugi Kajima Publishing Company Tokyo 134 1 134

Instruction results

  1. Doctoral dissertations guidance 2017 3 3 4
  2. Master's dissertations guidance 2017 4 0 2 ゼミや勉強会等で指導している
  3. Undergraduate graduation thesis guidance 2017 5 1 1 ゼミや勉強会等で指導している
  4. Doctoral dissertations guidance 2016 2 2 4
  5. Master's dissertations guidance 2016 3 0 2 ゼミや勉強会等で指導している

Review of master's and doctoral thesis

  1. 2018 Second reader 1 0
  2. 2018 Chief examiner 3 0 0 0 0 0
  3. 2017 Second reader 1 1 1
  4. 2017 Chief examiner 2
  5. 2016 Second reader 2 2

Performance of external announcement guidance

  1. 2018 3 30 3 30
  2. 2017 1 15 1 15
  3. 2014 2 20 2 30 2 10 2 20
  4. 2013 2 20 2 30 3 20 3 30
  5. 2012 5 20 5 40 2 10 2 20

Social Contribution

  1. 新聞:災害に対して強靱化を示す日本 2018/09/09-2018/09/09 日本には災害の種類が多いこと、また災害への対応策を説明した
  2. テレビ:災害に対して強靱化を示す日本 2018/09/08-2018/09/08 日本で様々な災害があること、災害への対応策について説明した
  3. AFP通信社からの取材 2018/09/07-2018/09/07 西日本豪雨災害、北海道地震に鑑みて、日本の防災対策の課題、ソフト対策の必要性、災害危険区域での居住について解説した
  4. 山梨日日新聞 防災特集「水害対策」 2018/09/01-2018/09/01 水害発生前・時・後における避難等の住民対応について解説した
  5. 山梨日日新聞「逃げ遅れゼロ対策急務」 2018/08/19-2018/08/19 西日本豪雨に鑑み、同様の豪雨があれば、県内河川でも決壊する危険性があること、浸水区域を把握していない意識の低い住民が増えている可能性などを解説した

Memberships of academic societies

  1. Japan Society for Natural Disaster Science
  2. Japan Society of Civil Engineers 1980

Committee outside the campus

  1. 国土交通省中部地方整備局浜松河川国道事務所 菊川流域委員会委員長 2018
  2. 土木研究センター 「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル改訂委員会委員 2017/04/20-2018/03/31
  3. 土木研究センター 袋型根固め工用袋材審査証明事業審査委員会委員長 2016/08/17-2017/03/31
  4. 国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所 河川水辺の国勢調査アドバイザー 2014/04/01-2019/03/31
  5. 国土交通省中部地方整備局浜松河川国道事務所 菊川流域委員会委員長 2013/10/01-2016/12/05