社会貢献活動

公開件数: 55 件
No. タイトル 活動期間 概要
1 自然災害対応研修(基本コース)
2018/01/22-2018/01/22
「水害の基礎知識」と題して、国土交通省及び都道府県の防災担当者を対象に、水害の実態、被災原因、防災・減災手法などに関する研修講師を行った
2 地域防災リーダー研修講師
2017/11/12-2017/11/12
地域の防災リーダー、社会人を対象にした防災講義
3 地域防災リーダー研修講師
2017/11/08-2017/11/08
地域の防災リーダー、社会人を対象にした防災講義
4 山梨河川技術講習会「河川防災について」において、「河川地形の視点から見る今後の河川管理」について講演を行った
2017/10/28-2017/10/28
河川地形と氾濫との関係などについて、講演を行いながら、今後の河川管理のあり方を示した
5 ニッポン放送「辛坊治郎ズーム」に出演
2017/09/02-2017/09/02
都市型水害に対する防災・減災について解説した
6 「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル作成
2017/06/08-2017/06/08
マニュアル作成にあたって、技術指導を行った
7 「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル作成
2017/04/20-2017/04/20
マニュアル作成にあたって、技術指導を行った
8 地域防災リーダー研修講師
2016/10/16-2016/10/25
地域の防災リーダー、社会人を対象にした防災講義
9 台風10号により、8月末に岩手県岩泉町で発生した高齢者施設の被災に関して、被災原因及び今後の対応について、NHK盛岡放送局からの電話取材に対応した
2016/09/13-2016/09/13

10 京都大学防災研究所における集中講義
2016/08/22

11 袋型根固め工用袋材審査証明事業審査委員会 委員長
2016/08/17-2017/03/31

12 京都大学防災研究所における集中講義
2016/07/20

13 土木学会主催の講演会における講演「河川管理施設の被災と対応策-鬼怒川などの被災事例を通じて-」が撮影され、「鬼怒川氾濫からみる水害対策」として、UTYテレビ「UTYニュースの星」でテレビ放送された
2016/07/14

14 NHK Eテレの番組「学ぼうBOSAI」の関係で、鬼怒川水害の原因、避難の仕方、子供の注意点等に関して、受けた電話取材に対応した
2016/06/09-2016/06/09

15 地域防災リーダー研修講師
2015/11/04-2015/11/15
地域の防災リーダー、社会人を対象にした防災講義
16 鬼怒川水害に関連して、最近水害が増加している原因を説明し、その記事が10月6日の朝日新聞朝刊に掲載された
2015/10/02

17 水害に対するハード・ソフト対策に関して、河川改修に優先順位をつける、また避難訓練や水防活動が重要であるとした記事が、信濃毎日新聞10/19付け朝刊に掲載された
2015/09/29

18 YBSから電話取材を受け、鬼怒川水害に関連して、水害にあわないようにするには、何に気をつければよいか、どう対応すればよいかなどについて解説を行い、夕方のYBSニュースで放送された
2015/09/11

19 日本経済新聞社から電話取材を受け、鬼怒川堤防決壊に関連して、解説した「堤防が決壊した原因と、決壊のプロセス」が翌日の朝刊に掲載された
2015/09/11

20 京都大学防災研究所における集中講義
2015/08/25
(講義等の内容)
減災のための治水技術(続)
21 京都大学防災研究所における集中講義
2015/07/29
(講義等の内容)
減災のための治水技術
22 地域防災リーダー研修講師
2014/10/28-2014/11/30
地域の防災リーダー、社会人を対象にした防災講義
23 防災特集をくむ。このため、家庭における対策、外出時の対策、安全な避難の仕方、見知らぬ土地での対応などについて取材。8月25日の朝日新聞朝刊に掲載
2014/08/04

24 書籍「もっと知りたい川のはなし」に関する取材。取材内容は日刊建設通信新聞の▲月▲日記事に掲載
2014/08/01

25 京都大学防災研究所における集中講義
2014/07/17
(講義等の内容)
減災のための治水技術
26 6月に鹿島出版会より出版した「もっと知りたい川のはなし」に関する取材で、執筆の意図、苦労したこと、読者に訴えたいことなどについて話した。その内容は日経コンストラクションに掲載された
2014/07/01

27 袋材仮設構造物利用マニュアル検討委員会 委員
2014/06-2014/07
(活動の内容) マニュアル検討 (開催回数) 2
28 東京を対象にした氾濫シミュレーション結果が公表された。この氾濫に伴う浸水状況、地下施設(地下鉄、地下室)での被災状況、被害への対応策などについて取材された。取材内容は7月10日号の女性セブンの第52巻第26号(6月26日発行)に掲載された
2014/06/17

29 地域防災リーダー研修講師
2013/10/29-2013/11/17
地域の防災リーダー、社会人を対象にした防災講義
30 9月22日朝刊の時標「大洪水意識した対策 日頃から」に関して、水害の発生実態、水害発生時の対策などについて、山梨日日新聞社より取材を受けた
2013/09

31 9月10日朝刊の「大雨どう逃げる?」に関して、情報の収集、避難の目安、避難時の留意事項などについて、信濃毎日新聞社より取材を受けた
2013/08

32 洪水氾濫の危険性、氾濫水中の避難、対応などに関して、FRIDAY(講談社)より取材を受けた
2013/07

33 「東京水没」特集の関係で、どの地域の氾濫危険性が高いか、氾濫した時の対処方法などの取材。7月10日発売のSAPIO(小学館)8月号に記事が掲載された
2013/06

34 水辺の国勢調査アドバイザー 委員
2013/04/01-2017/03/31

35 菊川流域委員会 委員長
2013/04/01-2017/03/31
(活動の内容) 菊川流域の河川整備計画策定のための委員会 (開催回数) 6
36 熊本大学における講義
2012

37 相模川・小出川水面等利用者協議会 委員
2011/11/29-2017/03/31
(活動の内容)
プレジャーボートの不法係留など
(開催回数)
5
38 耐候性大型土のう基準検討委員会 委員
2011/09/02-2011/11
(活動の内容) 土のうの性能評価法、マニュアル策定 (開催回数) 2
39 関東地方河川技術懇談会 委員
2011/03-2017/03/31
(活動の内容) 関東地方の河川に対する提言及びアドバイス。リバーカウンセラー活動状況の報告 (開催回数) 7
40 山梨河川研究会 会長
2010/04/01-2021/03/31
山梨県庁、建設コンサルタントなどとともに、2か月に1度、1年で計6回研究会を行っている。うち4回は河川の現場に赴いて、現場での課題等について議論し、残り2回は大学で座学を行っている。研究会で私は会長を司っている
41 新技術活用評価会議 委員
2009/06-2010/03
(活動の内容) NETISに登録する新技術の審査 (開催回数) 3
42 7.13新潟豪雨洪水災害調査委員会 委員
2004/08-2005/03
(活動の内容) 刈谷田川及び五十嵐川の破堤原因の究明、水害対策の提案 (開催回数) 4
43 足羽川洪水災害調査対策検討会 委員
2004/08-2005/03
(活動の内容) 足羽川の破堤原因の究明、水害対策の提案 (開催回数) 4
44 筑波大学における集中講義
2003

45 筑波大学における集中講義
2002

46 土木学会水理委員会河川部会 会長
2002/07/01-2004/06/07

47 水災防止体制の整備に関する検討会 委員長
2002/06-2004/03
(活動の内容) 水防体制の実態調査、今後のあり方に関する提案 (開催回数) 6
48 筑波大学における集中講義
2001

49 京都大学における特別講義
2001

50 護岸ブロック水理特性評価委員会 委員長
2001/07-2005/10
(活動の内容) 河川に設置する護岸ブロックの水理実験による特性値(抗力係数、揚力係数)の評価 (開催回数) 14
51 早稲田大学における特別講義
2000

52 筑波大学における集中講義
2000
(講義等の内容)
河川防災
53 愛知県河川堤防緊急強化検討会 委員
2000/09-2001/03
(活動の内容) 新川の破堤原因の究明、水害対策の提案 (開催回数) 4
54 福岡市地下空間浸水対策検討委員会 委員
2000/08-2002/01
(活動の内容) 地下街・地下鉄の浸水対策の提案 (開催回数) 5
55 土木学会水工学委員会 河川部会 委員
2000/06/01-2006/03/31