山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
機械工学系(機械工学)

准教授

山本 義暢

ヤマモト ヨシノブ
Yamamoto Yoshinobu

学歴

  1. 京都大学 2002/03

学位

  1. 博士(工学) 京都大学 2002/03

研究分野

  1. 流体工学
  2. 熱工学
  3. 核融合学

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 A New RANS Model in Turbulent Channel Flow Imposed Wall-Normal Magnetic Field with Heat Transfer Y. Yamamoto, N. Osawa, and T. Kunugi FUSION SCIENCE AND TECHNOLOGY in press 2017/12/01 1536-1055 10.1080/15361055.2017.1350475
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Modeling of MHD turbulent heat transfer in channel flows imposed wall-normal magnetic fields under the various Prandtl number fluids Y. Yamamoto,T. Kunugi Fusion Engineering and Design 109-111, 1130-1136 2016/11/01 0920-3796 10.1016/j.fusengdes.2016.01.004
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 MHD effects on turbulent dissipation process in channel flows with an imposed wall-normal magnetic field Y. Yamamoto,T. Kunugi Fusion Engineering and Design 109-111, 1137-1142 2016/11/01 0920-3796 10.1016/j.fusengdes.2016.01.003
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Direct numerical simulation of MHD heat transfer in high Reynolds number turbulent channel flows for Prandtl number of 25 Y. Yamamoto,T. Kunugi Fusion Engineering and Design 90, 17-22 2015/01/01 0920-3796 10.1016/j.fusengdes.2014.10.005
  5. 研究論文(国際会議プロシーディングス) Investigation of MHD RANS modeling based on DNS database under the advanced blanket design conditions utilize molten salt N.Osawa,Y.Yamamoto,T.Kunugi 22nd International Conference on Nuclear Engineering (ICONE22) 2014/07/01 10.1115/ICONE22-30712 採択率:70%

上記以外の発表の総数

  1. 2015 9 5 4
  2. 2012 8 3 5

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2017/04/01-2018/03/31 海洋研究開発機構 分担 高レイノルズ数壁乱流における微粒子の加速度統計に関する研究
  2. 2017/04/01-2018/03/31 核融合科学研究所 分担 COE共同研究プラットフォームとしてのOroshhi-2利用検討会
  3. 2017/04/01-2018/03/31 核融合科学研究所 代表 高レイノルズ数せん断乱流場の大規模直接数値シミュレーション
  4. 2017/04/01-2018/03/31 核融合科学研究所 分担 強磁場下で局所表面加熱された液体金属液膜流の効率的除熱方法の提案とその実証
  5. 2017/04/01-2018/03/31 東北大学 名古屋大学  九州大学 代表 高レイノルズ数乱流現象解明のための計算・実験科学研究ネットワー ク形成

所属学協会

  1. 可視化情報学会
  2. 日本伝熱学会
  3. 混相流学会
  4. 日本流体力学会
  5. 日本機械学会