山梨大学
大学院 総合研究部 生命環境学域
生命農学系(生命工学)

准教授

大山 拓次

オオヤマ タクジ
Oyama Takuji

経歴

  1. 生物分子工学研究所 ポストドクラルフェロー 1999/04/01
  2. 生物分子工学研究所 研究員 2001/04/01
  3. 生物分子工学研究所 主任研究員 2005/04/01
  4. 大阪大学蛋白質研究所生体分子認識(タカラバイオ)寄附研究部門 助教 2005/10/01
  5. 大阪大学蛋白質研究所蛋白質有機化学研究室 特任研究員 2008/10/01
  6. 大阪大学蛋白質研究所蛋白質結晶学研究室 特任研究員 2011/04/01
  7. 山梨大学生命環境学部生命工学科 助教 2012/04/01
  8. 生命環境学域 生命環境学系(生命工学) 准教授 2015/04/01

学歴

  1. 大阪府立大学 1993/03/31
  2. 大阪府立大学 1995/03/31
  3. 大阪府立大学 1999/03/31

学位

  1. 博士(農学) 大阪府立大学 2012/05/07

研究分野

  1. 構造生物化学

研究キーワード

  1. 構造生物学
  2. DNA複製と修復
  3. 核内受容体

研究テーマ

  1. DNAの複製および修復に関わるタンパク質群の構造生物学
  2. 核内受容体-新規合成リガンド複合体のX線結晶構造解析

著書

  1. グルタミン酸受容体とシナプス構成因子 大山拓次 - 日本結晶学会誌 2014/07/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Atomic structure of an archaeal GAN suggests its dual roles as an exonuclease in DNA repair and a CMG component in DNA replication T. Oyama,S. Ishino,T. Shirai,T. Yamagami,M. Nagata,H. Ogino,M. Kusunoki,Y. Ishino Nucleic Acids Research 44/ 19, 9505-9517 2016/09/01 0305-1048 10.1093/nar/gkw789
  2. 細胞内の巨大な分子モーター「ダイニン」の構造解析 放射光 29/ 2 2016/04/01
  3. Integrated molecular mechanism directing nucleosome reorganization by human FACT Tsunaka T,Fujiwara Y,Oyama T,Hirose S,Morikawa K Genes Dev. 30/ 6, 673-686 2016/03/01
  4. Peroxisome proliferator-activated receptor gamma has multiple binding points that accommodate ligands in various conformations: Structurally similar PPARgamma partial agonists bind to PPARgamma LBD in different conformations Ohashi M,Gamo K,Oyama T,Miyachi H Bioorg. Med. Chem. Lett. 25/ 14, 2758-2762 2015/07/01
  5. Different structures of the two peroxisome proliferator-activated receptor gamma (PPARgamma) ligand-binding domains in homodimeric complex with partial agonist, but not full agonist. Miyachi H.,Ohashi M.,Oyama T. Bioorg. Med. Chem. Lett. 25/ 13, 2639-2644 2015/04/01

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 核内受容体PPARδリガンド結合ドメインとパーシャルアゴニストJK122の複合体結晶構造 2013/06/15
  2. 口頭発表(一般) 細胞質ダイニンモータードメインの結晶構造 平成23年度日本結晶学会年会 2011/11/25
  3. 口頭発表(招待・特別) 立体構造からみたDNA複製および修復の分子機構:クランプローディング複合体を中心に 第6回日本蛋白質科学会年会シンポジウム 2006/04/26

上記以外の発表の総数

  1. 2015 1 1
  2. 2013 2 1 1
  3. 2012 3 3

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2017/04/01-2018/03/31 大阪大学蛋白質研究所 代表 生体超分子の精密構造解析
  2. 2016/04/01-2017/03/31 国立遺伝学研究所 代表 DNA複製開始因子―DNA修復酵素複合体のX線結晶構造解析
  3. 2016/04/01-2017/03/31 大阪大学蛋白質研究所 代表 生体超分子の精密構造解析
  4. 2015/04/01-2016/03/31 大阪大学蛋白質研究所 代表 生体超分子の精密構造解析
  5. 2015/04/01-2016/03/31 国立遺伝学研究所 代表 DNA複製開始因子―DNA修復酵素複合体のX線結晶構造解析

スポーツにおける競技実績

  1. 第41回防府読売マラソン 防府市陸上競技場 2010/12/19 フルマラソン完走 3:41:32
  2. 関西学生ハンドボール春季リーグ戦 1992/04/01 3部得点王 大阪府立大学:リーグ3位

社会貢献活動

  1. FM FUJI 山梨大学Future seed ライブ出演 2016/08/04-2016/08/11

所属学協会

  1. 日本結晶学会 2011/10
  2. 日本蛋白質科学会 2008/04
  3. 日本分子生物学会 2007/07