山梨大学
大学院 総合研究部 生命環境学域
環境科学系(環境科学)

助教

片岡 良太

カタオカ リョウタ
Kataoka Ryohta

経歴

  1. 山梨大学生命環境学部環境科学科 助教 2012/04
  2. アンカラ大学 農学部土壌科学科 客員研究員 2016/04/01-2016/09/30
  3. サスカチュワン大学 土壌科学科 客員研究員 2016/10/01-2017/03/01

学歴

  1. 東京農業大学 応用生物科学部 生物応用化学科 2002/03/20 卒業
  2. 東京農業大学 農学研究科 農芸化学専攻 2004/03/20 修了
  3. 京都大学 農学研究科 博士後期 2008/03 単位取得満期退学

学位

  1. 博士(農学) 京都大学 2008/05

教育・研究活動状況

「農業と環境」をキーワードに研究を実施しています。
現在は、生ごみの肥料化・塩類集積土壌のファイトレメディエーション・バイオレメディエーション
を行っています。

研究分野

  1. 植物栄養学・土壌学 土壌微生物学
  2. 環境農学

研究キーワード

  1. 農耕地土壌環境、土壌微生物、塩類集積土壌の微生物-植物による修復、植物生育促進微生物、植物内生菌

研究テーマ

  1. 土壌微生物の生態・機能解明と有効利用に関する研究 2012/04/01
  2. 緑肥の有効活用と土壌微生物の動態に関する研究 2014/04/01
  3. PGPRを用いた塩類集積土壌のファイトレメディエーション 乾燥地および半乾燥地で問題となっている塩類集積土壌を植物の力で修復する研究を行っています。その際に植物の生育を促進する微生物の力を借りた能力強化に関する研究も実施しています。 2015/04/01
  4. 食品廃棄物(生ごみ)の肥料化と付加価値の付与 有用土壌微生物を生ごみ乾燥物で培養することで、機能性を有する生ごみ肥料の開発を行っています。 2015/04/01
  5. 植物内生糸状菌Piriformospora indicaの生態と機能評価 2018/01/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Hairy vetch (Vicia villosa), as a green manure, increases fungal biomass, fungal community composition, and phosphatase activity in soil Kataoka R., Nagasaka K., Tanaka T., Yamamura H., Shinohara S., Haramoto E., Hayakawa M., Sakamoto Y. Applied soil Ecology Elsevier 117-118, 16-20 2017/09/01 0929-1393
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Sodium-resistant plant growth-promoting rhizobacteria isolated from a halophyte, Salsola grandis, in saline-alkaline soils of Turkey Kataoka R., GÜNERI E., Turgay O.C., Yaprak A.E., Sevilir B. and BAŞKÖSE I. Eurasian Journal Soil Science 6, 216-225 2017/02/01 2147-4249

研究発表

  1. ポスター発表 病害抑制能とリン酸可溶化能を併せ持つ多機能性生ごみ資材の開発 日本土壌肥料学会関東支部大会 2017/11/25
  2. 口頭発表(一般) Endophytic root bacteria improve phytoremediation of petroleum hydrocarbons under growth chamber conditions IPC 2017 2017/09/25
  3. ポスター発表 内生糸状菌Piriformospora indicaによるサニーレタスの生育促進 日本土壌肥料学会東北大会 2017/09/05
  4. ポスター発表 Effect of different type of green manure, Hairy vech and Crotalaria, on soil fungi Eurosoil2016 2016/10/05

所属学協会

  1. 日本土壌肥料学会
  2. 日本土壌微生物学会
  3. 日本農薬学会