山梨大学
大学院 総合研究部 生命環境学域
生命農学系(地域食物科学)

顔写真
助教

山下 さやか

ヤマシタ サヤカ
Yamashita Sayaka

学歴

  1. 山梨大学 医学工学総合教育部 物質・生命工学専攻 修士 2007/03/31 修了 日本
  2. 山梨大学 医学工学総合教育部 人間環境医工学専攻 博士 2009/03/31 修了 日本

学位

  1. 博士(医科学) 山梨大学 2009/03/24

研究分野

  1. 分子生物学 1型糖尿病の分子生物学

研究キーワード

  1. 1型糖尿病、膵ベータ細胞、食育、子どもの貧困と食事

競争的資金等の研究課題

  1. 長期的及び短期ショック的高フルクトース食が糖・脂質代謝に与える影響の解析 科学研究費補助金 基盤研究(C) 近年、若者を中心としたペットボトル飲料の普及などにより、私たちは高濃度のフ ルクトースを日常的にかつ無意識に摂取する機会が多くなってきている。こういっ た社会背景の中で、「ペットボトル症候群」と言った言葉も作られるまでになった。 また、日本でも貧困の拡大、特に子どもの貧困により、年齢の若い子どもたちの食 生活の乱れ等によっても、フルクトースの添加された菓子類などの食品を日常的に 摂取してしまうという問題が増加している。このような高濃度のフルクトース摂取 を継続した場合に人体が受ける影響は、まだまだ未解明の部分が多い。本研究では、 主に急激な高濃度フルクトース食を摂取した場合(フルクトースショック)と、継 続的な高フルクトース食に暴露された場合に分け、それぞれにおいて生体が受ける 代謝応答のメカニズムについて、より詳細に解明することを目的とした。

論文

  1. Ligand-thyroid hormone receptor-alpha enhances proliferation of pancreatic beta-cells. Furuya F,Shimura H,Yamashita S,Endo T,Kobayashi T J Biol Chem 285/ 32, 24477-24486 2010/10/01
  2. Enterovirus Infection, CXC Chemokine Ligand 10 (CXCL10) and CXCR3 circuit: a Mechanism of Accelerate Beta Cell Failure in Fulminant Type 1 Diabetes. Tanaka S,Nishida Y,Aida K,Takizawa S,Takahashi M,Akiyama D,Arai-Yamashita S,Furuya F,Kawaguchi A,Kaneshige M,Endo T,Kobayashi T Diabetes 58/ 10, 2285-2291 2009/10/01

研究発表

  1. ポスター発表 大麦配合パンの日本人に対するセカンドミール効果の検証 食品科学工学会関東支部会 2017/03/04
  2. ポスター発表 Maharaのページ機能を利用した栽培実習記録の作成 Mahara Open Forum2016 2016/09/07
  3. ポスター発表 単鎖・中鎖脂肪酸によるインスリン分泌促進作用 第5回日本HOHaD研究会学術集会 2016/07/23
  4. 口頭発表(一般) 低濃度EGCgがマウス膵β細胞に及ぼす影響 2015/03/28
  5. 口頭発表(一般) Analysis of expression and role of Amylase in diabetic pancreatic beta-cell line 2012/12/12

担当授業科目

  1. 生命環境基礎ゼミ
  2. 理系女性のキャリア形成
  3. バイオサイエンス演習A
  4. バイオサイエンス研究A
  5. 生化学Ⅱ

その他の教育実績

  1. 2017 マインドマップを使った読書活動の推進
  2. 2017 「食物会」開催
  3. 2017 全学FD「発達障害とその可能性のある学生への対応について」
  4. 2017 人権侵害防止に関する研修会に参加
  5. 2017 マインドマップアドバンスプラクティショナー資格取得

社会貢献活動

  1. 食育推進シンポジウムへの参画 2017/06/13
  2. 講談社RikejoマガジンVol. 45への記事協力 2017/03/14
  3. 山梨県倫理法人会早朝セミナー 2017/03/09 山梨県倫理法人会の早朝セミナーにおいて、「時間栄養学」の講演を行った。

所属学協会

  1. 日本分子生物学会 2012/04