山梨大学
大学院 総合研究部 生命環境学域
社会科学系(地域社会システム学)

顔写真
教授

渡邊 幹彦

ワタナベ ミキヒコ
Watanabe Mikihiko

経歴

  1. 株式会社日本総合研究所 海外クラスター 主任研究員 1996/04/01
  2. 名古屋大学国際環境人材育成プログラム 特任教授 2008/11/01

学歴

  1. 横浜国立大学 1986/03/31
  2. グラスゴー大学 1994/12/02
  3. 横浜国立大学 2002/03/31

学位

  1. 経済学学士 横浜国立大学 1986/03/31
  2. 開発経済学修士 グラスゴー大学 1994/12/02
  3. 博士(学術) 横浜国立大学 2002/03/31

研究分野

  1. 環境影響評価・環境政策 環境政策(特に、生物多様性条約)
  2. 応用経済学 環境経済学
  3. 応用経済学 開発経済学

研究キーワード

  1. 生物多様性と生物多様性条約
  2. 環境の経済価値評価
  3. マクロ経済開発政策

研究テーマ

  1. 生物多様性条約・名古屋議定書の制度設計
  2. 生物資源に関する技術移転によるマクロ経済の影響手法の開発(特に、アクセスと利益配分における非金銭的便益の計測)
  3. 生物多様性の複合便益の経済価値評価

競争的資金等の研究課題

  1. 「名古屋議定書」における期待便益の計測手法の開発 科学研究費補助金 2012/04/01-2017/03/31

著書

  1. 「世界遺産化」の地域への影響の可視化:環境保全、ぶどう資源の差別化、居住の充足感を中心に 渡邊幹彦編 pp.1 -24 プリントネット 2017/03/08
  2. 緊迫した交渉が続く生物多様性条約―「愛知ターゲット」と「名古屋議定書」の進展を中心に― 第3回 生物多様性条約の今後の展望 渡邊幹彦 - 独立行政法人科学技術振興機構(JST) 2013/03/01 http://www.spc.jst.go.jp/hottopics/1304/r1304_watanabea.html
  3. 緊迫した交渉が続く生物多様性条約―「愛知ターゲット」と「名古屋議定書」の進展を中心に― 第2回 生物多様性条約第11回締約国会議の結果 渡邊幹彦 - 独立行政法人科学技術振興機構(JST) 2013/02/01 http://www.spc.jst.go.jp/hottopics/1303/r1303_watanabea.html
  4. 緊迫した交渉が続く生物多様性条約―「愛知ターゲット」と「名古屋議定書」の進展を中心に― 第1回 生物多様性条約の概観 渡邊幹彦 - 独立行政法人科学技術振興機構(JST) 2012/12/01 http://www.spc.jst.go.jp/hottopics/1301/r1301_watanabe.html
  5. 生物多様性入門 - 保全、利用、アクセスと公平な利益配分に関する学際アプローチ(英文) 渡邊幹彦 - ニッコアイエム 2012/03/01 ISBN 978-4-9905858-0-8

論文

  1. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 単著 「世界遺産化」の地域への影響の可視化:環境保全、ぶどう資源の差別化、居住の充足感を中心に 渡邊幹彦 平成28年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」山梨ブランドの食と美しい里づくりに向けた実践的人材の育成成果報告書 国立大学法人山梨大学地域未来創造センターCOC部門 54-54 2017/06/01 山梨県の峡東地区は、世界農業遺産の認証取得を目指している。これが実現されたら、この地域産出のブドウにどの程度プレミアム価値が付くか計測した。
  2. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 共著 地域の自然資本としてのぶどう資源の価値 - 気候変動の適応対策への住民の支援意志 渡邊幹彦・益田成也 環境経済・政策学会 2016年大会 発表要旨集 環境経済・政策学会 172-173 2016/09/10
  3. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 単著 大都市から地方への移住の要因  ―要因の重要度と自然環境の価値評価の統合による分析― 渡邊幹彦 国際開発学会第17回春季大会発表論文集(電子フォーマット) 国際開発学会 2016/06/01 本研究の目的は、大都市から地方へ実際に移住した住民にとっての、移住に関する要因 の重要度の整理と、これら住民による自然環境の価値評価である。研究対象の移住先は山 梨県である。
  4. 研究論文(研究会,シンポジウム資料等) 単著 人口流入の誘因としての地域の自然資源の経済的価値評価-都市部と山梨県の所得差を補填する要素の特定と計測- 渡邊幹彦 平成27年度「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」山梨ブランドの食と美しい里づくりに向けた実践的人材の育成成果報告書 国立大学法人山梨大学地域未来創造センターCOC部門 62-62 2016/05/31 山梨県に移住してきた人について、その要因を特定した。また、富士山の環境価値、及び、ブドウの温暖化対策への住民の支援意志について計測した。
  5. Framework on Estimating Expected Benefits through Facilitating the Nagoya Protocol on Access and Benefit-Sharing: Interim Report – An Attempt of Estimation of Non-Monetary Benefits WATANABE, M. and FUJIKAWA K. CEPA Fair in the Twelfth Meeting of the Conference of the Parties to the Convention on Biological Diversity Pyeongchang, Republic of Korea, 6-17 October 2014 2014/10/01

研究発表

  1. ポスター発表 「世界遺産化」の地域への影響の可視化:環境保全、ぶどう資源の差別化、居住の充足感を中心に 平成28年度山梨大学COC事業成果報告会 2017/03/17 山梨県の峡東地区は、世界農業遺産の認証取得を目指している。これが実現されたら、この地域産出のブドウにどの程度プレミアム価値が付くか計測した。
  2. ポスター発表 「世界遺産化」の地域への影響の可視化:環境保全、ぶどう資源の差別化、居住の充足感を中心に 平成28年度山梨大学COC事業中間報告会 2016/09/29 山梨県の峡東地区は、世界農業遺産の認証取得を目指している。これが実現されたら、この地域産出のブドウにどの程度プレミアム価値が付くか計測した。
  3. 口頭発表(一般) 地域の自然資本としてのぶどう資源の価値 - 気候変動の適応対策への住民の支援意志 - 環境経済・政策学会2016年大会 2016/09/11
  4. 口頭発表(一般) 大都市から地方への移住の要因 ―要因の重要度と自然環境の価値評価の統合による分析― 大都市から地方への移住の要因 ―要因の重要度と自然環境の価値評価の統合による分析― 2016/06/11
  5. 口頭発表(一般) Framework on Estimating Expected Benefits through Facilitating the Nagoya Protocol on Access and Benefit-Sharing: Interim Report – An Attempt of Estimation of Non-Monetary Benefits 2014/10/08

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2016/05/23-2017/03/31 山梨県農政部農政総務課 代表 「世界遺産化」の地域への影響の可視化 研究代表者 世界農業遺産を取得した場合は、遺産地域産出のブドウにはプレミアム価格がつくことが、実証された。

その他の教育実績

  1. 2016 選択必修科目である「マクロ経済学」の英語による補講を実施した。
  2. 2016 選択必修科目「マクロ経済学」における学生の高評価
  3. 2016 必修科目「経済学概論」における学生の高評価
  4. 2016 大学院「山岳科学特別プログラム」コース用の他大学との乗り入れ科目「環境資源経済学特論」のインターネットによる講義動画配信
  5. 2016 必修科目「経済学議論」の動画のインターネット配信

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2016 2 2 1 計量評価手法に基づく卒業論文指導を実施した 12 100

社会貢献活動

  1. イギリスのEU離脱の意味 2016/09/22-2016/09/22 イギリスのEU離脱が国際社会に与える影響、及び、地域社会への影響を解説した
  2. FM-FUJI Future Seed出演 2016/08/18-2016/08/25 FM-FUIJIの番組Future Seedに出演し、生命環境学部の宣伝を実施した。
  3. 生物多様性を経済学で守る! 2016/07/21-2016/07/21 高校生向け進路情報イベント「夢ナビライブ2016」に出演し、講義を実施した。
  4. スーパーグローバルハイスクール運営委員 2016/05/01-2017/03/31 甲府第一高等学校は、スーパーグローバルハイスクールとして認定されている。これの運営指導を実施した。
  5. FM-FUJI Future Seed 出演 2016/04/21-2016/04/28 FM-FUJI Future Seedに出演して、生命環境学部地域社会システム学科と経済学の宣伝を行った

国際交流・国際貢献

  1. 2016 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 シドニー工科大学交換留学生チュリ・トン・カオの受け入れ
  2. 2012 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 2012年12月21日に、University of Science, Vietnam National University(ベトナム・ホーチミン市)にて、50名ほどの大学院生を対象に「The Convention on Biological Diversity - Negotiations Still Go on in COP11 and After」と題されるワークショップを実施した。

所属学協会

  1. 国際開発学会 1997/06
  2. 環境経済・政策学会 1996/09