山梨大学
大学院 総合研究部 生命環境学域
生命農学系(発生工学研究センター)

教授

若山 照彦

ワカヤマ テルヒコ
Wakayama Teruhiko

経歴

  1. ハワイ大学助教授 1998/08/02
  2. ロックフェラー大学助教授 1999/12/02
  3. アドバンスドセルテクノロジー社 主任研究員 2001/03/02
  4. 理化学研究所 発生再生科学総合研究センター チームリーダー 2002/06/02

学歴

  1. 茨城大学 1990/03/31
  2. 茨城大学 1992/03/31
  3. 東京大学 1996/03/31

学位

  1. 博士(農学) 東京大学 1996/03/31

研究分野

  1. 応用動物科学 体細胞クローン技術に関する研究

研究キーワード

  1. クローン、初期化、核移植、受精、フリーズドライ

研究テーマ

  1. 体細胞核移植に関する研究
  2. 哺乳類の宇宙繁殖に関する研究

競争的資金等の研究課題

  1. 絶滅動物の復活および核移植技術の実用化を目指した革新的技術開発 科学研究費補助金 基盤A 2017/04/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Agarose capsules as new tools for protecting denuded mouse oocytes/embryos during handling and freezing-thawing and supporting embryonic development in vivo. Nagatomo H, Yao T, Araki Y, Mizutani E, Wakayama T. Scientific Reports 7, 17960 2017/12/20 2045-2322
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Production of cloned mice using oocytes derived from ICR outbred strain Tanabe Y, Kuwayama H, Wakayama S, Nagatomo H, Ooga M, Kamimura S, Kishigami S, Wakayama T. Reproduction pii: REP-17-0372. 2017/10/02 1470-1626
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Derivation of ground-state female ES cells maintaining gamete-derived DNA methylation Yagi M, Kishigami S, Tanaka A, Semi K, Mizutani E, Wakayama S, Wakayama T, Yamamoto T, Yamada Y. Nature 548, 224-227 2017/08/10 0028-0836
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Reconstitution of the oocyte nucleolus in mice through a single nucleolar protein, NPM2. Ogushi S, Yamagata K, Obuse C, Furuta K, Wakayama T, Matzuk MM, Saitou M. Journal of Cell Science. 130, 2415-2429 2017/07/15 0021-9533
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 FRAP analysis of chromatin looseness in mouse zygotes that allows full-term development Ooga M, Wakayama T PLOS ONE e0178255 2017/05/22 1932-6203

研究発表

  1. ポスター発表 Reduction epigenetic error in mouse somatic cell nuclear transfer embryos could be rescued by HDACi cocktail treatment. 4th World Congress of Reproductive Biology 2017/09/27
  2. ポスター発表 Disrupted parental asymmetry of chromatin structure in ROSI-derived zygotes. 4th World Congress of Reproductive Biology 2017/09/27
  3. ポスター発表 The success of the pronuclear formation in mouse somatic cell nuclear transfer using fecal cells 4th World Congress of Reproductive Biology 2017/09/27
  4. ポスター発表 Detailed strain specific difference on fertilization process by mouse ICSI. 4th World Congress of Reproductive Biology 2017/09/27
  5. ポスター発表 Developmental competence of mouse oocytes activated by injection of PLCζ from different species 4th World Congress of Reproductive Biology 2017/09/27

受賞

  1. 山梨科学アカデミー 2014/05/19 体細胞クローン技術の価値と問題点
  2. 山崎貞一賞 2010/11/02 生殖工学を用いた新たな動物繁殖技術の開発
  3. 文部科学大臣表彰 科学技術賞研究部門 2010/04/13 動物クローン技術の実用化に向けた研究
  4. 日本学士院奨励賞 2009/03/09 バイオテクノロジーによる新たな動物繁殖技術の開発
  5. 日本学術振興会賞受賞 2009/03/09 バイオテクノロジーによる新たな動物繁殖技術の開発

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2014/04/01-2019/03/31 東京医科歯科大 代表 宇宙保存精子由来産仔の正常性について 継続中
  2. 2014/04/01-2019/03/31 明治大学 代表 凍結胚の宇宙での培養方法の開発
  3. 2013/04/01-2019/03/31 JAXA 代表 哺乳類の宇宙繁殖について

担当授業科目

  1. 動物解剖学
  2. 生物工学実験II
  3. 生命情報 特別演習I
  4. 生命情報 特別演習II
  5. 発生工学

指導実績

  1. 学部卒業論文指導 2017 4 0 4 0 3
  2. 修士学位論文指導 2017 6 0 6 0 3
  3. 博士学位論文指導 2016 1 1 1

修士・博士論文審査

  1. 2017 主査 6
  2. 2016 副査 2
  3. 2016 主査 1

社会貢献活動

  1. 栃木高校 2018/03/15
  2. 駿台甲府中学校 2017/11/17
  3. 韮崎高校 2017/11/10
  4. 山梨大学付属小学校 2017/10/28
  5. 甲府昭和高校 2017/10/27

所属学協会

  1. 日本卵子学会 1995/04
  2. 日本繁殖生物学会 1993/05