山梨大学
大学院 総合研究部 生命環境学域
生命農学系(生命工学)

教授

若山 照彦

ワカヤマ テルヒコ
Wakayama Teruhiko

経歴

  1. ハワイ大学助教授 1998/08/02
  2. ロックフェラー大学助教授 1999/12/02
  3. アドバンスドセルテクノロジー社 主任研究員 2001/03/02
  4. 理化学研究所 発生再生科学総合研究センター チームリーダー 2002/06/02

学歴

  1. 茨城大学 1990/03/31
  2. 茨城大学 1992/03/31
  3. 東京大学 1996/03/31

学位

  1. 博士(農学) 東京大学 1996/03/31

研究分野

  1. 応用動物科学 体細胞クローン技術に関する研究

研究キーワード

  1. クローン、初期化、核移植、受精、フリーズドライ

研究テーマ

  1. 体細胞核移植に関する研究
  2. 哺乳類の宇宙繁殖に関する研究

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 The Number of Point Mutations In iPS Cells and ntES Cells Depends on the Method and Somatic Cell Type Employed for Their Generation Araki R, Mizutani E, Hoki Y, Sunayama M, Wakayama S, Nagatomo H, Kasama Y, Nakamura M, Wakayama T, Abe M. STEM CELLS 35, 1189-1196 2017/05/01 1066-5099
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Aberrant Expression of TIMP-2 and PBEF Genes in the Placentae of Cloned Mice Due to Epigenetic Reprogramming Error Kim HR, Lee JE, Oqani RK, Kim SY, Wakayama T, Li C, Sa SJ, Woo JS, Jin DI PLoS One 11 2016/11/01 1932-6203 10.1371/journal.pone.0166241
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Effect of Long-Term Exposure of Donor Nuclei to the Oocyte Cytoplasm on Production of Cloned Mice Using Serial Nuclear Transfer Wakayama S, Tanabe Y, Nagatomo H, Mizutani E, Kishigami S, Wakayama T. Cellular Reprogramming 18, 382-389 2016/11/01 2152-4971
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Phenotypes of Aging Postovulatory Oocytes After Somatic Cell Nuclear Transfer in Mice 159. Lee AR, Shimoike T, Wakayama T, Kishigami S. Cellular Reprogramming 18, 147-153 2016/06/01 2152-4971 10.1089/cell.2016.0014
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Generation of cloned mice and nuclear transfer embryonic stem cell lines from urine-derived cells. Mizutani E,Torikai K,Wakayama S,Nagatomo H,Ohinata Y,Kishigami S,Wakayama T Scientific Reports 6/ 23808 2016/04/01 2045-2322 10.1038/srep23808 アクセス数が高く、Nature Japan のWebで紹介された

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) 絶滅動物の復活を目指して 第34回日本受精着床学会 2016/09/16
  2. 口頭発表(一般) 膣垢細胞を用いたクローンマウス産仔の作出と検討 日本繫殖生物学会 2016/09/14
  3. 口頭発表(一般) ICR卵子を用いたクローンマウスの作出について 日本繫殖生物学会 2016/09/13
  4. 口頭発表(一般) マウス2細胞期胚において分配異常を起こした染色体の回収と同定の試み 日本繁殖生物学会 2016/09/13
  5. 口頭発表(一般) フリーズドライ精子の常温長期保存の試み 日本繁殖生物学会 2016/09/13

受賞

  1. 山梨科学アカデミー 2014/05/19 体細胞クローン技術の価値と問題点
  2. 山崎貞一賞 2010/11/02 生殖工学を用いた新たな動物繁殖技術の開発
  3. 文部科学大臣表彰 科学技術賞研究部門 2010/04/13 動物クローン技術の実用化に向けた研究
  4. 日本学士院奨励賞 2009/03/09 バイオテクノロジーによる新たな動物繁殖技術の開発
  5. 日本学術振興会賞受賞 2009/03/09 バイオテクノロジーによる新たな動物繁殖技術の開発

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2014/04/01-2019/03/31 東京医科歯科大 代表 宇宙保存精子由来産仔の正常性について 継続中
  2. 2014/04/01-2019/03/31 明治大学 代表 凍結胚の宇宙での培養方法の開発
  3. 2013/04/01-2019/03/31 JAXA 代表 哺乳類の宇宙繁殖について

指導実績

  1. 博士学位論文指導 2016 1 1 1

修士・博士論文審査

  1. 2016 副査 2
  2. 2016 主査 1

所属学協会

  1. 日本卵子学会 1995/04
  2. 日本繁殖生物学会 1993/05