山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
機械工学系(機械工学)

顔写真
教授

伊藤 安海

イトウ ヤスミ
Itoh Yasumi

経歴

  1. 警察庁科学警察研究所 法科学第二部 研究員 1996/04/01-2006/07/31
  2. 厚生労働省国立長寿医療センター 生活支援機器開発研究室 室長 2006/08/01-2011/07/31
  3. 栄商金属株式会社 法科学事業部 事業部長 2011/08/01-2012/03/31
  4. 名古屋大学 大学院工学研究科 特任講師 2012/04/01-2012/11/30
  5. 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 准教授 2012/12/01-2014/09/30
  6. 山梨大学 大学院総合研究部 准教授 2014/10/01-2018/09/30
  7. 山梨大学 大学院総合研究部 教授 2018/10/01

学歴

  1. 東京理科大学 1996/03/31

学位

  1. 博士(工学) 2005/03/17

研究分野

  1. 社会システム工学・安全システム
  2. 医用生体工学・生体材料学
  3. リハビリテーション科学・福祉工学
  4. 機械材料・材料力学

研究キーワード

  1. 人体損傷評価
  2. 運転リハビリ
  3. 二軸疲労
  4. 法科学・法工学
  5. 医療・福祉工学
  6. 安全医工学
  7. 生活支援機器

研究テーマ

  1. 生体軟組織の力学特性評価および模擬材料の開発
  2. 人体損傷に基づく打撃力測定・評価システムの開発
  3. 高齢ドライバー運転診断・リハビリシステムの開発
  4. 床材の転倒骨折リスク評価に関する研究
  5. 生活支援機器の安全性評価手法の確立
  6. 在宅療養者のための自動車用バッテリーを用いた災害時電源システムの開発
  7. コンピュータシミュレーションを用いた骨折リスク評価に関する研究

競争的資金等の研究課題

  1. 高齢者事故の抜本解決に向けた自動運転コミュニティバスを活用した健康で安全な健康長寿社会システムの提案 奨学寄附金 日本損害保険協会研究助成 一般社団法人日本損害保険協会 自賠責運用益拠出事業 2018/04/01-2021/03/31
  2. 高齢運転者の事故予防に向けた運転能力の適正評価と早期介入に関する研究 他の外部資金 日本交通科学学会助成研究 一般社団法人日本損害保険協会 自賠責運用益拠出事業 2017/04/01-2020/03/31
  3. 骨折リスクに基づく床材の安全性評価法の開発及び床材の評価 受託研究 凸版印刷株式会社 2017/04/01-2019/03/31
  4. ロボット装着部における創傷発生機序の解明および装着部安全性試験装置の開発 科学研究費補助金 基盤研究(B) 日本学術振興会 2016/04/01-2019/03/31
  5. 健康起因事故における予兆行動から読み解く高齢者の生活行動 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 日本学術振興会 2016/04/01-2019/03/31

著書

  1. 高齢ドライバー 所正文・小長谷陽子・伊藤安海 第2部 認知機能と身体能力から見る高齢ドライバー 第2章 身体的問題と自動運転技術 株式会社 文藝春秋 2018/02/20 978-4-16-661157-7
  2. Biophilia22号 伊藤安海・一杉正仁・市川政雄・飯塚徹也・上岡裕・井上秀雄・根本哲也・林正実 株式会社アドスリー 2017/07/10
  3. イラスト医工学 伊藤安海・鍵山善之 第1章:バイオメカニクスと医工学 第2章:医工学の基礎となるバイオメカニクス 第3章:医工学の歴史と基本的医療機器 第4章:事故事例にみる医用電気・電子機器の変遷と事故対策 第5章:生体物性とその測定法 第6章:生体計測機器 第11章:医療機器の安全対策 第12章:法医工学と人体損傷評価 株式会社アドスリー 2017/05/20 978-4-904419-69-4
  4. 動的粘弾性チャートの解釈事例集 田中敬二,伊藤安海,井上正志,塩谷正俊,横山直樹,その他52名 第9章 生体組織の動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例 第2節 生体軟組織の動的粘弾性評価 株式会社技術情報協会 2016/01/29 978-4-86104-608-7

論文

  1. 研究論文(国際会議プロシーディングス) Influence that personal attributes of elderly driver gives to driving ability and its secular change - Analysis of physical and mental functions,living conditions,effects of diseases・medication - Yasumi Ito, Sakuragawa Tomoya, Kei Sato, Shota Sakaida, Yoshitomo Orino, Ryuichi Yamada, Ryota Okuwaki, Tsukasa Kouno, Natsumi Suzuki   25, 464-464 2019/02
  2. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Improvement of the Human Body Damage Evaluation Method by Computer Simulation:Verification of lnfant Bone Properties Compared With Actual Experiments Tomotaka Matsubara, Yasumi Ito, Tatsuya Fukuoka, Ryuichi Yamada, Yoshiyuki Kagiyama, Tetsuya Nemoto   25, 463 2019/02
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 FEM解析用いた骨折解析の法科学的評価-幼児頭蓋における損傷評価- 松原知貴,伊藤安海,福岡達也,山田隆一,鍵山善之,根本哲也 実験力学 第18巻第4号 日本実験力学会 18/ 4, 278-282 2019/01/24 1346-4930
  4. (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議) 共著 高齢者の自動車の運転,運転免許証の自主返納および返納後の移動手段に対する意識調査-愛知県大府市における調査- 佐藤桂,木村 咲楽,伊藤安海 日本機械学会第27回交通・物流部門大会(TRANSLOG2018)講演論文集 2018/12
  5. (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議) 共著 高齢者の自動車の運転,運転免許証の自主返納および返納後の移動手段に対する意識調査-東京都小金井市における調査- 佐藤桂,林田珠里亜,伊藤安海 日本機械学会第27回交通・物流部門大会(TRANSLOG2018)講演論文集 日本機械学会(交通・物流部門) 2018/12

研究発表

  1. ポスター発表 Improvement of Human Body Damage Evaluation Method by Computer Simulation - Verification of Infant Bone Properties Compared with Actual Experiment - American Academy of Forensic Sciences 71st Annual Scientific Meeting 2019/02
  2. ポスター発表 Influence that personal attributes of elderly driver gives to driving ability and its secular change - Analysis of physical and mental functions,living conditions,effects of diseases・medication - American Academy of Forensic Sciences71st Annual Scientific Meeting 2019/02
  3. 口頭発表(基調) 豊かな人生を演出するモビリティと自動運転社会 シンポジウム「自動運転社会を考える」,日本損害保険協会・自賠責運用益拠出事業「高齢者事故の抜本的解決に向けた自動運転コミュニティバスを活用した健康で安全な健康長寿社会の提案」 2019/02/20
  4. 口頭発表(一般) 手術中の頭低位における創傷や障害予防のための体位固定法評価 第50回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム 2019/01/11
  5. ポスター発表 0.9 mass%NaCl水溶液流動内におけるマグネシウム円管の腐食挙動 軽金属学会 第135回秋季大会ポスター発表 2018/11/10

上記以外の発表の総数

  1. 2015 2 2 0
  2. 2014 6 1 5
  3. 2013 1 1 2
  4. 2012 3 3 0
  5. 2011 3 2 1

知的財産権

  1. 特許 床材衝撃荷重測定装置及び床材安全性評価装置 特願2018-202234 2018/10/26
  2. 特許 床材衝撃荷重測定方法及び床材安全性評価方法 特願2018-202233 2018/10/26

受賞

  1. 第135回秋季大会ポスター発表 優秀ポスター発表 0.9 mass%NaCl水溶液流動内におけるマグネシウム円管の腐食挙動 2018/11/10
  2. 技術部門貢献賞 2018/08/23
  3. ベスト・ポスター賞 簡易ドライビングシミュレータを用いた運転リハビリシステムの効果と脳機能および個人属性との関係 2017/03/08
  4. 日本機械学会フェロー 機械及び機械システムとその関連分野における顕著な功績 2017/02/14 機械及び機械システムとその関連分野における顕著な功績
  5. ベスト・ペーパー賞 簡易ドライビングシミュレータを用いた運転リハビリシステムの効果と課題 2014/03/07 簡易ドライビングシミュレータを用いた運転リハビリシステムの効果と課題

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2018/04/01-2021/03/31 日本損害保険協会自賠責運用益拠出事業 代表 高齢者事故の抜本解決に向けた自動運転コミュニティバスを活用した健康で安全な健康長寿社会システムの提案
  2. 2017/04/01-2020/03/31 日本損害保険協会自賠責運用益拠出事業 代表 高齢運転者の事故予防に向けた運転能力の適正評価と早期介入に関する研究
  3. 2016/04/01-2019/03/31 科学警察研究所 代表 健康起因事故における予兆行動から読み解く高齢者の生活行動 研究の総括とシステムの開発と検証
  4. 2016/04/01-2019/03/31 名古屋大学 分担 ロボット装着部における創傷発生機序の解明および装着部安全性試験装置の開発 豚皮膚試験方法考案・装置製作

担当授業科目

  1. 材料力学特論
  2. 先端材料学特論
  3. 機械工学デザインII
  4. 材料力学I
  5. バイオメカニクス

その他の教育実績

  1. 2017 学部生のインターンシップ担当教員としてインターンシップに参加する学生の指導・支援を行った。
  2. 2016 学部生のインターンシップ担当教員としてインターンシップに参加する学生の指導・支援を行った。

教科書・教材

  1. イラスト医工学 2017/05/20 伊藤安海・鍵山善之 株式会社アドスリー

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2018 4 4
  2. 学部卒業論文指導 2018 4 4
  3. 学部卒業論文指導 2017 5 5 1
  4. 修士学位論文指導 2017 2 2 1
  5. 修士学位論文指導 2016 3 1

その他の学部学生指導

  1. 2017 2015-2017 クラス担任として履修指導、成績不振者指導、留学生指導などを実施。 2 6
  2. 2016 2015-2017 クラス担任として履修指導、成績不振者指導、留学生指導などを実施。 3 5

修士・博士論文審査

  1. 2018 副査 2
  2. 2018 主査 4
  3. 2017 副査 5
  4. 2017 主査 2

社会貢献活動

  1. 「ドライブレコーダー捉えた「高齢者」国道逆走」 2018/10/30-2018/10/30
  2. 高齢ドライバー暴走!免許返納10のポイント 2018/06/15-2018/06/15
  3. 何歳まで運転できますか? 高齢者と自動運転の未来!! 2018/05/23-2018/05/23
  4. 伊藤安海氏『イラスト医工学―バイオメカニクスから医療機器・科学捜査まで』,医療従事者、原理学ぶ参考に 2018/05/14-2018/05/14
  5. 「わかった!首都圏の交通リスク ドラレコビッグデータ分析」 2018/04/20-2018/04/20

所属学協会

  1. 日本交通科学学会 2016/04
  2. 日本褥瘡学会 2014/01
  3. 日本臨床バイオメカニクス学会 2013/04
  4. 人工知能学会 2012/04-2018/03/31
  5. 米国法科学会 2012/04/01

学外委員

  1. 日本実験力学会2018年度年次講演会事務局  実行委員会委員長 2018/04/01-2018/11/30
  2. 一般社団法人 日本食品機械工業会 安全衛生企画委員会フィンガーテスター開発サブグループ主査 2017
  3. 日本実験力学会 特任理事 2017/08/29
  4. 富士河口湖町 富士河口湖町シニアドライバー支援事業推進委員会委員 2017/05/30
  5. 自動車技術会 自動運転委員会委員 2016/07/01-2018/08/31