山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
電気電子情報工学系(コンピュータ理工学)

准教授

森勢 将雅

モリセ マサノリ
Morise Masanori

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員(DC1) (和歌山大学) 2006/04
  2. 関西学院大学大学院理工学研究科博士研究員 (兼CREST研究員) 2008/04
  3. 立命館大学情報理工学部助教 2009/04/01
  4. 山梨大学大学院総合研究部特任助教 2013/02/01
  5. 山梨大学大学院総合研究部准教授 2017/04/03

学歴

  1. 和歌山大学 2004/03
  2. 和歌山大学 2006/03
  3. 和歌山大学 2008/03

学位

  1. 博士(工学) 和歌山大学 2013/04/04

研究分野

  1. 知覚情報処理・知能ロボティクス 聴覚・音声情報処理
  2. 感性情報学・ソフトコンピューティング
  3. 教育工学
  4. 計測工学

研究キーワード

  1. 音声分析
  2. 音声合成
  3. 音声知覚
  4. 音声表情
  5. 音響信号処理

研究テーマ

  1. 高品質音声分析合成技術
  2. 障害音声・シャウト・だみ声の分析合成
  3. 会話時における「音声表情」の抽出・認識・制御

競争的資金等の研究課題

  1. 聴覚特性に基づく明瞭音声の客観指標と音声聴覚支援手法の開発 科学研究費補助金 2016/04/01-2020/03/31
  2. 音声処理技術を活用した好感度を改善する発話訓練支援システムの研究 科学研究費補助金 2016/04/01-2020/03/31
  3. 音響信号処理と人工知能技術との融合による音響空間全周収録法の確立 科学研究費補助金 2016/04/01-2019/03/31
  4. 対話的可視化可聴化に基づく音声コミュニケーション研究支援環境 科学研究費補助金 2016/04/01-2018/03/31
  5. 「自然な非人間性」に着目した新たな歌唱デザイン論の研究 科学研究費補助金 2016/04/01-2018/03/31

論文

  1. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Time-series evaluation of men's preferences perceived from female speech T. Shono, A. Otani, M. Morise, and K. Ozawa Proc. NCSP’18 2018/03/06
  2. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Accurate estimation of fo and aperiodicity based on periodicity detector residuals and deviations of phase derivatives H. Kawahara, K. Sakakibara, M. Morise, H. Banno, and T. Toda Proc. APSIPA ASC 2017 2017/12/15
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 歌唱音声の類似度評価を目的とした基本周波数の変動量を反映するビブラート特徴量の提案 鈴木千文,坂野秀樹,旭健作,森勢将雅 電気学会論文誌C 137/ 12, 1607-1614 2017/12/01
  4. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Broadbanding of a NN-based microphone-array system by decomposing into frequency component K. Ozawa, Y. Akishika, M. Morise, A. Iseki, and Y. Kinoshita Proc. IEEE GCCE 2017 2017/10/24
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Expanded estimation model for instantaneous presence in audio-visual content incorporating binaural information M. Ito, K. Ozawa, M. Morise, and Y. Kinoshita Journal of Information Hiding and Multimedia Signal Processing 8/ 5, 1092-1102 2017/09/01

研究発表

  1. ポスター発表 高品質音声符号化のためのスペクトル包絡・非周期性指標量子化の知覚的影響 電子情報通信学会音声研究会 2018/03/20
  2. 口頭発表(一般) velvet noiseとその変種の聴覚心理・生理研究への応用可能性について 日本音響学会聴覚研究会 2018/03/04
  3. ポスター発表 演技発話による疲労の表現によって生じる音色変化の分析 電子情報通信学会技術研究報告 2018/01/20
  4. ポスター発表 高品質音声分析合成による各パラメータのフレームシフト幅が音質に与える影響 電子情報通信学会技術研究報告 2018/01/20
  5. ポスター発表 音声の「かわいさ」における主観的傾向の一分析 日本音響学会2017年秋季研究発表会 2017/09/27

知的財産権

  1. 特許 音源分離装置,及び音源分離方法 特願2016-167815 2016/08/30

受賞

  1. 3rd Prize, IEEE GCCE 2017 Excellent Paper Award 2017/10
  2. 山下記念研究賞 2017/03/16
  3. 1st Prize, IEEE GCCE 2016 Excellent Paper Award 2016/10
  4. 情報処理学会音楽情報科学研究会「音学シンポジウム2016」学生奨励賞 2016/05
  5. FIT奨励賞 2013/09/06

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2017 1
  2. 学部卒業論文指導 2017 4
  3. 学部卒業論文指導 2016 3
  4. 修士学位論文指導 2016 1

社会貢献活動

  1. 良い声とは?良い印象を与える音声の生成を目指して! 2018/03
  2. 情報処理学会 IPSJ-ONE委員長 2018/03/15
  3. FM FUJI Good dayに生出演 2017/11/23
  4. 高品質音声分析合成技術を利用した音声の実時間操作が可能なインタフェースの研究開発 2017/10/31
  5. 山梨大学平成29年度公開授業 2017/08/01

所属学協会

  1. 情報処理学会 2008/05
  2. 電子情報通信学会 2006/01
  3. 日本音響学会 2003/08

学外委員

  1. 電子情報通信学会英文誌D 編集委員 2016/04-2020/03
  2. 日本音響学会 音響学入門ペディア作成委員 メンバー 2014/04-2017/02
  3. 電子情報通信学会・日本音響学会音声研究専門委員会 専門委員 2013/04-2017/05
  4. 情報処理学会音楽情報科学研究会 運営委員 2013/04-2017/03/31
  5. 電子情報通信学会 常任査読委員 2012/05