山梨大学
大学院 総合研究部 生命環境学域
生命農学系(生命工学)

教授

岸上 哲士

キシガミ サトシ
Kishigami Satoshi

経歴

  1. 近畿大学生物理工学部 2007/04/01
  2. 山梨大学生命環境学部 2015/04/01

学歴

  1. 1996

学位

  1. 博士(理学) 京都大学 2016/06/14

研究分野

  1. 応用動物科学 発生工学分野

研究キーワード

  1. 哺乳類胚発生

研究テーマ

  1. 初期発生の仕組みと新規胚操作技術の開発

競争的資金等の研究課題

  1. 細胞小器官の機能最適化による機能性胚培養液の開発 科学研究費補助金 2017/04/01-2020/03/31
  2. 絶滅動物の復活を目指した革新的技術開発 科学研究費補助金 2016/04/01-2019/03/31
  3. ニコチンアミドによるマウス卵子老化抑制機構の解明 科学研究費補助金 2014/04/01-2017/03/31

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Production of cloned mice using oocytes derived from ICR-outbred strain. Tanabe Y, Kuwayama H, Wakayama S, Nagatomo H, Ooga M, Kamimura S, Kishigami S, Wakayama T. REPRODUCTION 154, 859-866 2017/12/01 1470-1626
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 Derivation of ground-state female ES cells maintaining gamete-derived DNA methylation. Yagi M, Kishigami S, Tanaka A, Semi K, Mizutani E, Wakayama S, Wakayama T, Yamamoto T, Yamada Y. NATURE 2017/07 0028-0836 10.1038/nature23286
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Birth of cloned mice from vaginal smear cells after somatic cell nuclear transfer. Kuwayama H, Tanabe Y, Wakayama T, Kishigami S. Theriogenology 94, 79-85 2017/05/01 0093-691X
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Specific and spatial labeling of P0-Cre versus Wnt1-Cre in cranial neural crest in early mouse embryos. Chen G, Ishan M, Yang J, Kishigami S, Fukuda T, Scott G, Ray MK, Sun C, Chen SY, Komatsu Y, Mishina Y, Liu HX. GENESIS 2017/03 1526-954X
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Effect of Long-Term Exposure of Donor Nuclei to the Oocyte Cytoplasm on Production of Cloned Mice Using Serial Nuclear Transfer. Wakayama S, Tanabe Y, Nagatomo H, Mizutani E, Kishigami S, Wakayama T. Cellular Reprogramming 18/ 6, 382-389 2016/11 2152-4971

研究発表

  1. ポスター発表 Enhanced rates of full-term development of cloned mouse embryos by TSA and 2i treatment Fourth World Congress of Reproductive Biology (WCRB2017) 2017/09/29
  2. ポスター発表 Effect of tauroursodeoxycholic acid addition on embryo development using cumulus-free oocyte in vitro maturation Fourth World Congress of Reproductive Biology (WCRB2017) 2017/09/29
  3. ポスター発表 Requirement of mTOR signaling for normal blastocyst formation in the mouse Fourth World Congress of Reproductive Biology (WCRB2017) 2017/09/28
  4. 尿中の体細胞からのクローンマウス作出および核移植胚由来ES細胞株の樹立 日本繫殖生物学会 2016/09/14
  5. ICR卵子を用いたクローンマウスの作出について 日本繫殖生物学会 2016/09/14

受賞

  1. 学術賞 2014/09/14

学外あるいは所属学部等外の組織との共同研究

  1. 2015/07/01-2017/06/19 京都大学iPS細胞研究所 CiRA(サイラ) 分担 2i処理によるES細胞のエピジェネティック解析 役割:核移植による解析 成果:Yagi Nature. 2017 548:224-227.

担当授業科目

  1. バイオサイエンス研究A
  2. 生命環境学研究A
  3. 生命環境学研究B

指導実績

  1. 修士学位論文指導 2017 3
  2. 学部卒業論文指導 2017 3
  3. 学部卒業論文指導 2016 4
  4. 学部卒業論文指導 2015 4 4 1 卒業研究ならびに卒業論文の指導。

修士・博士論文審査

  1. 2017 副査 11
  2. 2017 主査 3
  3. 2016 副査 2

国際交流・国際貢献

  1. 2017 国際交流、地域交流、留学生と日本人学生の交流 サウジアラビアから助教の留学生を受け入れて2週間にわたり研究・実験指導を行った。

所属学協会

  1. 一般社団法人日本IVF学会 2017/10/01
  2. 日本繁殖生物学会 2002/06
  3. 分子生物学会 1993/06

学外委員

  1. 一般社団法人日本IVF学会 評議員 2017/10/01-2018/09/30
  2. 日本繁殖生物学会 評議員 2015/04/01
  3. 日本繁殖生物学会学会誌Jornal of Reproduction and Development 編集員会 編集委員 2011/04/01