山梨大学
大学院 総合研究部 工学域
物質科学系(応用化学)

助教

矢崎 晃平

ヤザキ コウヘイ
Yazaki Kohei

経歴

  1. 東京工業大学大学院 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 特別研究員PD 2016/04/01-2017/02/28
  2. インド工科大学マドラス校 化学科 訪問研究員 2015/06/15-2015/09/15

学歴

  1. 東京理科大学 理工学部 工業化学科 2011/03/31 卒業 日本
  2. 東京工業大学 総合理工学研究科 化学環境学専攻 博士前期 2013/03/31 修了 日本
  3. 東京工業大学 総合理工学研究科 化学環境学専攻 博士後期 2016/03/31 修了 日本

学位

  1. 博士(工学) 東京工業大学 2016/03/31

研究分野

  1. 有機化学
  2. 高分子化学

研究キーワード

  1. 有機化学
  2. 超分子科学
  3. ナノ空間

研究テーマ

  1. 有機化学

競争的資金等の研究課題

  1. 2つの空間を有するホスト分子の構築とその構造の歪みを利用したヘテロ分子内包 科学研究費補助金 2017/08/25-2019/03/31
  2. カチオン性ナノ空間による高選択的な分子認識と光触媒反応 研究課題 科学研究費補助金 2015/04/24-2017/03/31

著書

  1. 開閉機構を有する分子チューブの構築と長鎖分子の内包と放出 栗原晃平, 矢崎晃平, 吉沢道人 新学術領域研究「柔らかな分子系」 2017/10
  2. 15 成分の自己集合による分子スターの構築 矢崎晃平, 吉沢道人, Dillip K. Chand 新学術領域研究「柔らかな分子系」 2017/09
  3. ピーナッツ型分子の合成に成功! Chem-station 2017/09/06
  4. 多環芳香族骨格からなる分子ピーナッツの構築 学術領域研究「柔らかな分子系」 2016/11/01
  5. 在外研究 MAP Indian Institute of Technology Madras 矢崎晃平 石油化学会 2016/11/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 A Switchable Open/closed Polyaromatic Macrocycle and its Reversible Binding of Long Hydrophilic Molecules ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION 56, 11360-11364 2017/08/09 1433-7851
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 A Truncated Molecular Star S. Prusty, K. Yazaki, M. Yoshizawa, D. K. Chand CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL 23, 12456-12461 2017/07/17 0947-6539
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Polyaromatic Molecular Peanuts K. Yazaki, M. Akita, S. Prusty, D. K. Chand, T. Kikuchi, H. Sato, M. Yoshizawa Nature Communications 8, 15914 2017/06/28 2041-1723
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 An M2L4 Molecular Capsule with a Redox Switchable Polyradical Shell ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION Angew. Chem. Int. Ed. 55, 15031-15034 2016/10/28 1433-7851 10.1002/anie.201608350
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Polycationic-Shelled Capsular and Tubular Nanostructures and Their Anionic-Guest Binding Properties CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL Chemistry - A European Journal 22, 17557-17561 2016/10/20 0947-6539 10.1002/chem.201604384

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Unusual host capabilities of a coordination double capsule 12th International Symposium on Macrocyclic and Supramolecular Chemistry in conjunction with ISACS: Challenges in Organic Materials & Supramolecular Chemistry 2017/07/02